木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

暮らしの楽しみ



                  えごまオイル&バルサミコ酢
e0326699_17370175.jpg
              
              
              「暮らしの楽しみ」を教わったのは
              米国留学中に出会ったファミリーや欧州の友だちからかな?
              お家に泊めてもらい
              家族と一緒に時間を過ごし
              大勢で食卓を囲み、ゆっくり、会話を楽しみながら
              ちゃんと、お互い目を見て話す

              アメリカでは、お母さんが仕事などで忙しく
              かなり手抜きな食事内容も多々見受けましたが
              家の空気、そのものが
              まさに「暮らしの文化」を物語るお家も多々あり
              その家の主婦の顏は、忘れられないなー
              何十年経ても、その家の匂いまで思い出します

              どこか、受容的で、分け隔てなく
              凛として、主婦としての誇りさえ感じられる
              若い頃に、素敵な家庭人に出会えることは
              後々の財産になるんですね

              「かわいい子には、旅させよ」
              旅をさせてくれた両親に今更ながら
              感謝♡感謝

              あっ! そうそう・・
              新玉葱をオニオンスライスして
              えごまオイル&バルサミコ酢をかけ
              じゃこ、かつお節、カイワレ大根など
              のっけて食べると、美味しい一品に!
              ほぼ毎朝、食べてますー(^.^)








              
              
                                         
             






[PR]
# by miyukita-ka | 2017-05-22 18:01 | Essay | Comments(0)

仕事と暮らし



                  我が家の定番、Banana Muffin
e0326699_15475418.jpg


              連日、いいお天気で
              空気が乾燥し、屋内では快適ですが
              青空の下、徒歩or自転車で下校する子どもたちは
              ヘトヘト~( ;∀;)
              日焼けが気になる年頃の娘たちは
              毎朝、UV塗り手繰り
              30分以上かけ、徒歩で下校する息子は
              すでに「こげパン」状態
              太陽は、まるでオーブンのようで
              万物を温めて、じりじりと焦がします・・


                    *******
              
              私の敬愛する、画家&エッセイスト 宮迫千鶴さん(故人)の著書の中で
              暮らしの文化について、心の箏線に触れることがあり
             
             『・・暮らしの文化というものは、努力だけで身に着くものではないんですね。
              やはり人から人への伝承というか、身近な女性から女性への生きた伝承がないと
              なんとも言えない部分、見てればすぐ覚えられることでも本で読んでいると
              順序とか理屈で理解するんですね。それって、簡単に頭に入らないんです。』
                                  「森のイスキアで話したこと」
              
              今時、オビタダシイ情報に溢れ
              カルチャーセンターでは、「こんなことまで教えるの?」という
              ○○教室満載で
              いつでも、どこでも勉強を始める機会は豊富ですが
              短期的、集中的に教室で教わることは
              やはり、宮迫さんのおっしゃる通り、理屈と順序で
              よほど、先生を師匠と仰ぎ
              長期的徒弟関係にでもならない限り
              その雰囲気から伝わるものを感じ取ることは
              出来ないなーと

              また、男性は外でバリバリ働き、社会的目標を達成することで
              満たされるようであるけれど
              女性の場合、仕事を優先させるがゆえ、暮らしが二の次になると
              どこか欠落感があり、満たされない
              同じ著書で述べてらして
              「はっ!」とするところあり
              男女の欲求と充実感を感じるところは
              そもそも違うんだと

              「仕事と暮らし」
              どちらが欠けても、物足りなく
              光と影のように
              表裏一体で、ひとつ
              完成、complete、するのだろう
              イケイケ交感神経が、仕事であれば
              まったり副交感神経が、暮らし

              その暮らしを楽しみ、心満たされると
              落ち着いて、仕事も出来るのでしょうか

              Banana Muffinを食べると
              じんわり満たされるんです
              買って来た美味しいものとは違う
              スポットがある感じ(^.^)


              
              
                            

              
                            

              

               
              
               
              
                            
              
              


[PR]
# by miyukita-ka | 2017-05-22 17:33 | Essay | Comments(0)

やっと、会えた!


 
               トマトソースのホットドック& Ice coffee @Tent 10
e0326699_17191494.jpg
  

              巡り合わせは、神秘的
              日々、色んな人と出会い
              言葉を交わし
              何かを思い
              何かを伝え
              何かを交換する

                             日々の多くの出会いは
                             その場限りで
                             何度も出会うことあっても
                             あいさつ程度

             稀に
             「あっ、この人は・・」と
             思う出会いが
             巡って来るときがある

                             するする、するする
                             会話が流れ
                             今、まさに読んでる本の著者の話題が出て
                             あまりにも、偶然すぎ
                             怖いくらい、small world
                             見えない糸が
                             引き寄せるのだろうか

             ふとした、ひょんな出会いから
             2年半が過ぎ
             今回は、私の方から
             surpriseで、会いに行ったのだけれど
             稀有な存在の人
             植田加代子さん

                               シャーマンのような
                               ヒーラーのような
                               透明感溢れる人

             ものを見る次元が違う
             優しいとか、面白いとか
             そんな俗世界の言葉では
             形容出来ない

                               "Word healer"と言おうか
                               心の奥の
                               聖なる言葉を集めて
                               日めくりカレンダーを創作し
                               整体師でもある彼女は
                               心身ともに、人に直に触れる活動を
                               精力的にしつつ
                               いつも静かで、凛として
                               自分のセンターを、しっかとお持ちで
                               

             相当な心の鍛錬を
             日々、課してらっしゃるに
             違いなく
             魂のレベルが相当高い感じ

                               伝えたいことあって
                               会いに行きましたが
                               彼女との何気な会話から
                               大切なこと、いっぱい
                               気づかせてもらい
                               自分の在り方を見つめ直す
                               極上の時間をもらいました

             また、surpriseで会いに行くかも?
             魂エネルギーのchargingに・・
             
             

             
             
             
                             

                                          
                                       

                                        

                            
              
              
                      
            
              
               




[PR]
# by miyukita-ka | 2017-05-19 18:01 | Essay | Comments(0)

ドーナツ





                💛珍しく、ドーナツを作ってみましたー💛
e0326699_16464674.jpg
             
              
              Beautiful day~
              うなりたくなるような
              雲ひとつない、朝から晩まで、晴天の日が続きます

              新緑が、ぐんぐん葉枝をのばし
              すっかり濃いグリーンとなり
              命のめくるめく展開を
              目の当たりにする感じ
              自然って、凄い!

              昨晩、寝る前に、窓から夜空を見上げると
              これまた、満天の星!
              Kira Kira~
              もっと山奥にでも住んでいたら
              もっと綺麗だろうにと
              贅沢なことを考えたり・・
              人間の欲には、きりがない!


                    *******

              世の中、色んなドーナツがありますが
              お家で作るドーナツは格別!
              型抜きして、リングドーナツになるはずが
              生地をソフトにする為に
              豆腐を加えたら
              水分が多すぎて・・
              ドロップドーナツ?になってしまいましたー
              GA!!! それがまた、もちもちして美味しいー
              あっと言う間に、売り切れ!
              
              失敗から、新たな展開が開けた感じ
              何事も流れに任せ
              創作に転換すると
              予想外の面白いのが出来る!

              お菓子作りは、冒険
              必ず何がしかの結果が出るから
              楽しいー(*^_^*)



              

              





[PR]
# by miyukita-ka | 2017-05-19 17:16 | Sweets | Comments(0)

朝食


                    ホットサンド breakfast
e0326699_15371792.jpg


              気持ちのいい日が続きますー♡
              少し前に、中学の同窓会があり
              私は出席出来ずでしたが、友だちが写真を送ってくれました

              ううーん、年月とは、すごいもんです!
              「誰だろう?」と、どうしても思い出せない人
              「へっ、もしかして、彼?」
              「全然、変わってないなぁー」
              「ひゃー、すごい大御所になっちゃってー」etc..
              
              年を重ねるのは、お互いさまですが
              中学卒業以来、すでに35年以上の月日を重ね
              姿かたちより、35年も生き延びて
              再会出来ることが、有難いことなんでしょうね(^.^) 


                     ********

              少し前に、直火ホットサンドメーカーを手に入れて以来
              サンドイッチを作っては
              さっと、焼きますー

              トーストすると、パンが少し反り返ったり
              具材がこぼれ、あたふたしますが
              ホットサンドメーカーだと、その心配なく
              具合よく、焼き色がつきます
              
              朝は忙しいけれど
              一日の始まりという
              とても大切な時間
              ほんの5分でも、ゆっくりと大好きなものを頂くと
              幸せー♡
              朝から、お天気よく、気候の穏やかな時期は
              尚、幸せー♡

              美味しく日々頂けることに
              感謝♡感謝




              

              
              


[PR]
# by miyukita-ka | 2017-05-16 16:04 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31