「ほっ」と。キャンペーン

木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

フランソア喫茶室



                レトロ喫茶室 フランソア

e0326699_15553392.jpg


             人の行動を突き動かすものは何だろう?
             ふとした切っ掛けで、憑かれたように
             求め、彷徨うことがある

             京都レトロな喫茶店放浪の旅、第2弾
             昭和の頃、お茶するところと言えば、喫茶店
             インテリア、茶器、カトラリーは、ヨーロッパ調
             お店のネーミングも、横文字が多かったように思う
             懐かしの喫茶店、京都には、そのまま残されており
             四条通り、鴨川近く、"喫茶室フランソア" 訪ねましたー

             「京都の喫茶店」 木村衣有子著によると
             1934年(昭和9年)開店
             開業当時、コーヒー一杯、15銭!
             イタリアバロック様式の内装
             当時としては、ハイカラで優雅な空間であったに違いない
             


             
              深紅の布張りの椅子、壁、テーブルはダークブラウン
e0326699_16300898.jpg
        
             メニューのオーソドックスな内容と
             ふたつ折りの厚紙に、メニューと値段のみというシンプルさに
             ひと昔前の、喫茶店の懐かしさが込み上げる
             
             洋菓子の種類は豊富
             2代目経営者、立野隼夫氏は、神戸北野で洋菓子の修行を積み
             オリジナルケーキを出されている
             ザッハトルテ、タルトタタン、アップルパイ、チーズケーキetc・・
             洋菓子の王道と言えるものがズラリ~
             トースト類も豊富で、迷いつつ
             たまごサンドとコーヒーをオーダー




              京都のたまごサンドは、やはり厚めのオムレツ風
e0326699_16502324.jpg


           サンドイッチは
           素材を選び、丁寧にこしらえた感じが伝わる
           京都は、カフェはどこも一見、割高であるけれど
           内容に見合った対価であると、頷ける

           コーヒーの茶器は、オリジナルロゴ入り
           注文時に、「クリームはお入れしますか?」と聞かれ
           フレッシュではなく、ゆるいホイップクリームがふんわりと
           コーヒーにのっかり、角砂糖が2コ、きっちり添えてある

           茶道のお点前を頂く時のように
           お茶の時間というものは、「一期一会」
           そんな思いを彷彿とさせ
           先代から受け継ぐ、丁寧な作法が今に伝わる感じがする




              くり抜いた壁に置かれた、花瓶とお花 セザンヌの絵画のよう
e0326699_16543561.jpg

        
             入口入ってすぐ、レジスペースが、こじんまりと素敵で
             今やアンティークとも言える、黒電話も現役
             ひとつだけ、超現代的であったのは、全席禁煙であること
             喫茶店と言えば ⇒一服
             なので、喫煙者にとっては「!?」だろうか
             残すべき伝統は守り、見極めるべきことは
             時代に即して、変える 

             レトロ喫茶、次は、いづこへ・・・


                 
           
           
           

             

             

             



[PR]
# by miyukita-ka | 2017-02-23 17:21 | Essay | Comments(0)

Honolulu coffee




               
                Whipped butter & maple pancake
e0326699_15354709.jpg


             
             身体と心は常に動かしていないと
             錆びつくので
             なるたけ、マメに身体を動かし
             心にも栄養と刺激を与えるべく
             久しぶりに、Let's go to the movie!
             「君の名は」見て来ましたー
             子どもたちが、絶賛していたし
             『大人から、子どもまで、幅広く楽しめるわよー』と聞き
             ずっと気になっていました

             映画は一時、別世界へ連れて行ってくれます
             長くジェットコースターに乗っているようで
             何の邪魔も入らず
             五感の全てが、一点に集中し
             ひたすらその世界に入り込む
             Ending roll が終わるまで
             放心状態で、そこに居るのは
             あの世とこの世の、中間的時間

             作品も素晴らしいです
             現実と夢、過去と現在が交差する
             不思議なストーリー
             まだの方は、是非!

             映画の前に腹ごしらえ
             "Honolulu coffee"でパンケーキを
             ハワイアンパンケーキは初めてで
             アメリカのパンケーキより塩けがなく
             しっとりと、ほんのり甘く
             しゅわっとした食感
             Maple syrup & coconuts milkをたっぷりかけて
             真ん中に、whipped creamがのっかり
             パンケーキの熱で、じゅわーっと軽く溶け
             シンプルながら、美味!





                クリームがハートのカタチに見えます*
e0326699_14260605.jpg


             Hawaian coffeeと言えば、"KONA"
             ハワイ島南西部コナ地区で栽培され
             柔らかな酸味と、ほどよい香ばしさ
             スッキリ爽やかな味わい
             これも美味!
             ⇒アメリカ本土のレストランやファーストフード店にある
             一般的なコーヒーとは全く別物!

             アメリカ映画や、絵本にもパンケーキはよく登場します
             お手軽で、ささっと準備出来るところが
             いかにもアメリカらしい
             日本のホットケーキミックスは、お手軽に美味しく焼けますが
             よく膨らみ、ボリュームたっぷり
             アメリカのパンケーキのように薄く焼くには
             かなり水分を多めに足す必要があります

             シンプルで美味しいpancake
             研究に火がつきそうー☺

                                     
             

                         
             
             
             





[PR]
# by miyukita-ka | 2017-02-22 15:00 | Sweets | Comments(0)

Winter kids party ♪




                  Pot luck party @ my friend's house
e0326699_17455147.jpg


                
            お誕生日は、いくつになっても気になるもの
            子どもの頃は、家族やお友だちに祝ってもらえ
            純粋に嬉しく、楽しみなもの
            しかし、大人になり、ある年齢に差し掛かると
            なんとなく複雑になる
            10代から20代
            20代から30代
            30代から40代
            40代から50代
            (その後はまだなので、その時のお楽しみ)

            それぞれ、10年周期に、崖っぷちな感じがあり
            そこを抜けてしまうと、意外となんともない
              
            年に一度、冬生まれのお友だちを自宅に招いて下さり
            一緒に、誕生を祝う、持ち寄りParty
            ホストのお友だちとは、親子ほどの年齢差があり
            集まるメンバーも、年齢、職業さまざま
            

            
                ささっと、持ち寄りながら、見事な住み分け
e0326699_20483143.jpg
            
             
             お家パーティー好きです♡
             ホストのお友だちは長年、米国にいらした方で
             今でも国内外から、お客さんを頻繁に迎え
             とてもお忙しい方なのですが
             心広く、年に一度、招いて下さるのが、有難い
             昭和ひと桁生まれの彼女にとっては
             1年1年が、大切で
             年齢を重ねるごとに、その重みが増すことは
             自分自身も実感するところなので
             そんな巡り合わせを大切にしたい




               ヘルシーで、栄養満点な取り合わせ 
e0326699_16145438.jpg
                        
             
          
            この会に集まるメンバーは
            控えめながら、自分の芯があり
            自分らしい生き方を、地道に模索し続けているような人
            感性豊かで、地味ながら刺激的

           「織物を織るときには、まず縦糸をしっかりと張り
            そこに横糸を通してゆく
            織物の表面に表れる模様は、横糸で作られ
            横糸が華やかならば、きれいな模様が出来るけれど
            縦糸がしっかりしていなければ、見た目はきれいでも
            ヨレヨレの布地になる」

            そんなことが、川村妙慶さんの本に書いてあったのを思い出し
            人の生き方も、織物そのものではないかと

            縦糸にあたるのが、基本的な道理やものの見方、信仰など
            横糸が、職業や社会的地位、容貌、暮らしぶりなど

            縦糸は表面には現われないけれど
            それが地盤として、しっかり張っていないと
            いくら横糸で飾り立てても
            中身の空洞化した人生となる

            縦糸と横糸のバランス
            Mental & Material 
            光と影
            とりわけ、目に見えないパートの支えなしに
            何事も上手く浮き上がらない
            人のお話を聞いていて
            縦糸をしっかり見据えた人は
            なんとなく落ち着きがあり
            それは年齢は関係ないように思える
            





               My dessert 水切りヨーグルトのレアチーズ風 again!
e0326699_14195866.jpg


             SNSが発達し
             人と直に話す機会が減り
             場の空気をシェアしながら
             何が飛び出し、どの方向に会話が流れるか予測のつかない
             あの臨場感
             会話って、面白いと
             改めて思うばかり

             年代の違う、それぞれの人生が交差するのも
             お互い、発見がある



             
               チョコレートケーキ、焼いて来て下さいましたー     
e0326699_14373585.jpg

        
             話題は、トランプ政権のことで盛り上がり
             これだけ、世界中で、共通の話題を提供するというのは
             「ある意味、平和なんだよね」と
             ターゲットが明確化すると
             人は結びつきを強くするというのを、実感!

             時間をワープするように
             あっと言う間に、日が沈み
             素敵なお土産色々頂いて
             それぞれの家路に着きました

             また来年、"Winter kids party" 楽しみ♪ 
             
             
             
            

           
            
                      
            
            
            
            
            
            







[PR]
# by miyukita-ka | 2017-02-21 15:30 | Essay | Comments(0)

❆冬景色❆



                    澄んだ空気と冬景色
e0326699_17210750.jpg

            
             1週間過ぎるのが、本当に早く
             今日は、もうFriday!

             先週末の朝、建国記念日の祝日は
             雪のちらつく寒い日でした
             雪の様子を見て、お散歩に出かけ
             雪化粧した木々や、いつもの散歩道が
             別世界のようで
             ありふれた日常に、自然は色んな変化を届けてくれます




                  板チョコにシュガーをコーティングしたみたい・・
e0326699_17323307.jpg

            
            タイル状に敷かれたコンクリートのブロックに
            面白いかたちに、雪が積もっています
            誰かが、意図的にしたわけでもなく
            単に、ブロックの凹凸に雪が降り積もり
            自然に出来たもの

            寒いとお家に引きこもりがち
            しかし、一歩外へ出て、目を転じれば
            いつもと違う別世界に
            はっとする、自然の悪戯に出会いますよー☺







            
            






[PR]
# by miyukita-ka | 2017-02-17 17:42 | Nature | Comments(0)

Banana coconuts cake




                  ほんわか幸せ♡ケーキ
e0326699_18042264.jpg


            昨日は、春の兆しを感じる、いいお天気でした*
            お花の蕾が膨らみ
            鳥たちを、よく見かけるようになり
            動物も、そわそわと活動を始める春
            デジタルな時間から解放され
            大きな時のうねりを感じる春
            ぐるぐる回り続ける時の狭間で
            命の始まりを感じる春
            It's around the corner!

                  ******
            
            "Coconuts cream"が手元にあるとき
            バナナと合わせて焼くケーキ
            ホシノ天然酵母で半日ほど、じっくり発酵させると
            もっちりした、不思議な食感に焼き上がります*

            見た目がシンプルなので
            ラム酒とメープルシロップを合わせたものを
            焼き上がりにハケでたっぷり塗ってみると
            光沢のある、美しい仕上がりになりましたー
            艶がプラスされると、なんだかグレードUPします

            人間も見た目が大事
            艶のある綺麗な人に出会うと
            なんだか、じーっと見惚れてしまう
            艶、人間の場合、そう簡単にはプラスされませんよね・・(・_・;)            
            
            

            
                     




[PR]
# by miyukita-ka | 2017-02-16 18:20 | Sweets | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28