木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

人生のターニングポイント



今西軒のおはぎ
e0326699_12161625.jpg

ひとつの仕事を
ずっと続ける

与えられた仕事を丹精こめて
毎日続ける

繰り返しの中で
少しづつ
変化を加える

失敗しながら
実験をする

仕事は
人生そのもの




ふとした出会いが
人生のターニングポイントになり
長く心の中で
温めていながら
最初の一歩をためらうとき
偶然の出会いが
閃きとなり
後押ししてくれることがあります

哲学者、森信三氏 曰く、 
人間は出会うべき人には必ず逢える。
 一瞬遅からず、一瞬早からず』


まさに、とても力強い言葉です!

ヨーロッパを中心に活躍する
バイオリニスト、諏訪内晶子さん
横浜&仙台で、去る2月
国際音楽祭NIPPON2013を創設し
自ら芸術監督を務められました
20代後半頃
このまま演奏家であることに自問を投げかけ
これまで音楽を通して
学んだこと
経験して来たことを
自分の中にとどめることなく
より多くの人と共有したいと
10年以上温めて来た思いを
実現されたのです

そして
その思いを形にする切っ掛けは
横浜美術館のある学芸員さんとの
何気ない会話だったそうで
『音楽と芸術が重なりあうような何かをやってみたい』
という諏訪内さんの思いに
『じゃあやりましよう!』と
美術館とのコラボで動き出したのだそう

まさに、森信三さんのお言葉のように
"right person"との"right timimg"での
出会い

諏訪内さんのような
スペシャルな人でなくとも
人は誰しも「何かしたい」という欲求があり
自分を投入できる何かを求めます

今、夢中になり、読んでいる本があり
目からウロコとは
こーゆーことかと


「私たちは少しでもいいかたちで働き
 いい仕事がしたいというエネルギー
 をもつ生き物ではないだろうか。
 働くことそのものに手ごたえと自身の存在価値を
 見出したい生き物」


『自分の仕事を作る』
働き方研究家、西村佳哲著 



最初に
今西軒のおはぎの写真をUPしたのには
訳があり

今西軒は京都五条にある
明治30年創業おはぎの老舗
あるひょんな切っ掛けで
今西軒のことを知り、早速訪ねることに

そして
ひと口頂くと
思いがけない衝撃が身体を巡り

『おいしい水をふんだんに使い
 良い素材の風味を損なわない様に手間暇かけて』

 というお店のPRのまま

体にしみわたる
混じりけのない
より選られたいい素材を
丹精こめて作り続けた
結晶みたいなものを感じたのです

その時間かけて
じっくりコツコツ作り続けたモノの凄さ
店構えは昔のまま
地味なただ住まいながら
その伝統の味

「よし!私も私らしい何かをしょう!」
 火がつきました!

書こう!とにかく書こう!
ずっと私は書きたいと思っていた!
Let's begin!

そして、今、私はここにいます

書くことは自分の中心で
そこから、私というものを表現し
この世を探索し
自分の人生をコツコツと積み上げて
行きたい

我を忘れる時
何か違う時空を彷徨っているような
感じがある

お腹もすかず
もちろん眠くなることもない
それが書いているとき

そしてやり終えた時
どこからともなく、心の充実感が湧き上るのが
書くこと

あるアメリカ人教授に
その昔、言われ
大切に胸にしまっている言葉があります

"You are a good writer. Keep on writing."

そのお言葉を信じて、Keep on working!

今西軒のおばぎとの出会いに感謝!
本物との出会いというのは
時に人の人生を変えてしまうものですね!

出会えた幸運に本当に感謝!!!
人生のターニングポイント大切にします!!!

Thanks million♡





[PR]
by miyukita-ka | 2013-04-23 14:06 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31