木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

フランス菓子vsお家スイーツ

貴婦人のようなフランス菓子
e0326699_1419934.jpg


ほっこりお家スイーツ バナナケーキ
e0326699_15243569.jpg

先日、どーしてもザッハトルテが食べたくなり
近所のフランス菓子店で、お店の看板ケーキを購入
残念ながら、ザッハトルテのようなチョコ菓子ではなく
ムースがベースとなっており、少しガックリ

しかし、フランス菓子は本当に複雑で精巧
分析好きの私は、お菓子を色んな角度から眺め回し
素材から、作り方のプロセスを想像しながら
食べる癖がある
作り方とプロセス
どれだけの手間暇がかかっているのか
とても気になる

フランス菓子は、建築のようで
まず設計(デザイン)が必要
スポンジ、クリーム、ムース、パイ生地、
フルーツ、カラメルetc..
何種もの生地、クリーム、ムースなどのパーツが
幾重にも重なり
それぞれのパーツがまたとても凝っていたりする

パティシエさんとは、かなり神経質で凝り性に違いない
大雑把な人には耐えがたい繊細で複雑な作業

フランス菓子のことが知りたくて、本屋を物色
巨匠たちの自慢の生地比べという内容の記事を読み
そのスポンジひとつでも
それぞれのこだわりがあることを知り
読んでいるだけで肩が凝るほど複雑

そして、ひとつ気づいたのは
その雑誌に紹介されていた
パティシエ全員が男性

ふと横の本棚に目をやり、パンケーキ、クッキー、
マフィン、ドーナツ、ワッフルなど
お手軽にお家でも作れる焼き菓子の本の著者は
女性ばかり
お菓子の世界でも、男性と女性は棲み分けがある

料理でもそうだ
素材にこだわり
手間暇かけるフランス料理シェフや和食の板前
寿司職人もやはり男性が圧倒的に多い
かたや、おばんざいなど、家庭料理は女性

社会学的にその理由を考えるに
女性の場合、家庭と仕事を両立せねばならず
男性のように全エネルギーと時間を仕事に
費やすのは無理がある
男性が仕事に没頭できるのも
家事育児を任せられる女性がいるからだろう
            
しかし、自分で選んだ道とはいえ
パティシエのあの複雑で精巧な仕事を
日々続けるのは余程の体力とエネルギーが必要だろう

男性の寿命が女性より、短いのもわかる気がする

ザッハトルテが食べたいから
はたまた話は男女の仕事、寿命のことまでまで発展

「男性に生まれてたら・・」と
想像することも時にある
しかし、男の世界は女にはわからない重圧があり
遠慮しておく

気ままに焼き菓子を焼いては
子どもの笑顔を想像したり
おばんざいを食べながら
幸せな食卓の風景を楽しんだり
ほっとする方がいいー(*^-^*)

たまに食べるザッハトルテはいいけれど
毎日ちょっと食べたいスイーツは
ほっこり自家製バナナケーキかな?

           

                        
   
            
[PR]
by miyukita-ka | 2013-09-06 15:21 | Sweets | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30