木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

直観力

              朝7時前、そろそろ夜明けという風景
e0326699_15491845.jpg


           少~しづつ、夜が明ける時間が早くなり、早起きの私としては
           待ち遠しい春の訪れ
           朝起きて、暗いとどーも、温かいベッドの中から脱出出来ずに
           幸せな時間ではあるけれど、うつらうつらと温かく柔らかい
           ぬくぬくお布団の中で、夢心地の至福の時間が長くなりがち
         
           「温かくて幸せ~」
           「でも、今朝もアレもしたい、コレもしたい・・」
           「もう少し寝坊しょう」
           「やりたいこと出来なくなるよー、早く起きなきゃ!」と

           自分の中で2人の自分が分裂状態?
           そして、ある時「よっしゃ!起きよう!もったいないし!」と
           早起きの自分が勝利する
           早朝の時間ほどワクワクするものはないから
           今朝はどんな星、月、空、雲、風に出会えるのか
           歩きながらどんなことが心に浮かぶのか
           ほんの20分間の出会いと冒険
           なぜか他の時間とは違う爽快感がある
           そして、直観力、不思議なインスピレーションがどこからともなく
           降って湧いてくる


           「朝起きよう!」から始まり
           「もう寝よう・・」で1日が終わる
            つまるところ、人生とは、毎日のその繰り返し

           その間、何をするかで、自分の人生が形成されてゆく
                「何をしたらよいかわからない」
                「どーすればよいかわからない」という状況が
           何よりも辛い

           方向性がわからないと一歩も進めないように思うときがある
           進んでいるけれど、これでよいのかわからないときもある

           そんなときは「直観力」 それにたよるしかないように思う

           先日81才で逝かれた船井幸雄さん
           企業コンサルティングを幅広く展開し、多くの悩めるビジネスマンを
           サポートして来たミラクルマン的な存在の方だったらしい

           船井氏の著書 『素晴らしき真言』によると、直観力を磨くには
           「経験を積むこと」とのこと

     人間の知覚には次の3つがあるそう
       ➀インテリジェンス(知識)能力  ものごとを知り、記憶し、それを引き出す能力
       ➁インテレクト(知恵)能力     思考、想像、応用力
                            訓練し、達人の域に達するとほぼ瞬間的に答えを
                            見つけ出すことが出来る
       ③インテュイション(直観)能力  いっさいの思考を通さず、心が自らの超意識を通して
                            何かを正しく認識する能力

       インテリジェンスはインテレクトのベースであり、インテリジェンスは全ての基本
       またインテレクトとインテュイションの間には大きなレベルの差があり、このレベルに
       達するには「人間性の向上」という違ったレベルの条件が必要となるのだそう
       また、この能力は一度身に付けて、その後その人のエゴが強くなると、能力は失われ
       正しい判断が出来なくなるという

       映画、「魔女の宅急便」のKIKIが魔法の箒で跳べなくなるシーンを思い起こします
       魔女というのも人知を超えた神秘的な力の持ち主ではありますが、エゴが入ると
       その力を失うということでしょうか?

       「一歩、一歩着実に」がこの世の生成発展の原理のようです。本当に優れた能力とは
       「ひと足跳び」には存在せず、人間が素晴らしい直観力を発揮するためには
       まず努力によって知識をつけ経験を積み人間性を向上させる努力を続けていく
       こと船井氏は言います。
       才能とはひらめきのように一瞬で浮かび上がるものではないようです。と記されています。

       人間性を向上させ、良心に従って生きることにより、超意識(宇宙やサムシンググレート)に
       繋がり、直観力を得られるのだとすると良心に従って生きることは宇宙が望んでいること
       なのだと思います。
       良心に従って生きるとは、素直な心で生きるということです。素直な心で生きれば
       人はどんどん成長できます。そして、自分を生かし、自分だけでなく、まわりの人にも
       喜んでもらえる生き方をしていると、直観力も生まれ、よい方へ道が開けて行くのでは
       ないかと思います。と言います。

       朝の散歩の時間が、空、風、太陽など自然とのふれあいであるとしたら、
       宇宙的超意識に近づく瞬間とも言えるわけで、それがもしかしたら直観力やひらめき
       インスピレーションが不意に浮かぶことにつながるとも言えないだろうか?

       また、子どもたちはとても素直な心をしているがゆえ、どんどん成長するという
       DNAに仕組まれたものであるとしたら、DNAのプロク゛ラムは本当によく出来たもの
       であると言える。

       素直な心で学ぶこと繰り返し訓練を続けること、そしてエゴに走らず良心に添い       
       人間力を育てること、それが企業コンサルティングの超プロが残した直観力
       という人生の羅針盤を育てる知恵として未来に伝えたいことであると思う。        


   

          



 
[PR]
by miyukita-ka | 2014-01-27 15:08 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31