木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

ランチ色々

                  有喜屋のミニ天丼セットランチ
e0326699_15245271.jpg


    創業1929年 老舗の手打ち蕎麦料理のお店 「有喜屋」
    京都には、老舗の暖簾を守り抜く数々のお店がある
    京都に住むお友だちのお蔭で、色んな京都を知ることになる
    どんなに情報入手手段が広がろうと
    その土地に実際に住む人の教えほど確かなものはない
    人を介して知ることの大切さを思う

    「有喜屋」四条烏丸店
     老舗のお店で、いつも感じること
     ☆サービスの質がいい
      お店で働く人たちの教育が行き届いている
      はきはきとした口調、きびきびとした動き
      タイミングを見計らった動き
      働くことに対する真摯な姿勢
     
     ただ、食べるものを提供するだけでなく
     お客さんへのおもてなしの質のよさを感じる
     暖簾を守り抜いて来れた訳が、その辺にあるように思う

     ☆シンプルでストレートな美味しさ
      「有喜屋」のお蕎麦をひと口食べたとき
      「あっ!」というものが走った
       その「あっ!」が全てを語っているようで
       それ以上の説明は不要だと思う

       老舗の歴史と鍛錬が一瞬の「あっ!」に集約され
       どれだけの時間が積み重ねられて来たのだろう・・

   
              

                  

                  進々堂のタルティーヌ ランチ
 
e0326699_16385330.jpg


       京都のベーカリー老舗 ”進々堂”

       創業1913年、大正時代から100年以上の歴史を持つ老舗
       創業者 続木斉氏は1924年大正13年、フランスに渡り
       日本人初のパン留学をし
       帰国後、日本初のフランスパン製造販売を始めたという

       大正時代ですよ!
       そんな時代にパン留学し、フランスパンに魅せられ
       日本で製造販売の仕掛け役となった人が、京都人だなんてー
       京都は一人あたりのパンの消費量が日本一
       それだけ、古くからパンが身近にあり
       時代とともに、職人も育ち
       切磋琢磨しつつ
       美味しく、魅力的なパン屋さんが本当に多い

       進々堂は、その中でも、京都人に古くから愛され
       今も支持され続けるお店
       近年、次々と話題のパン屋さんが興隆し
       パンの激戦地である京都
       その中で、生き残り、進化し続けるのは
       老舗といえども、大変であるに違いない

       今回頂いたタルティーヌランチ??
       厚切りモッツァレラチーズ&完熟トマト
       ジェノベーゼソースがたらーりと
       薄切りカリッとトーストしたバゲットにON!
       スープ、サラダ、ドリンク付きという満足な内容
       特に、厚切りモッッアレラチーズに感激~!(^^)!
       単純なことで幸せになれる自分でよかった(^^♪

       

            お友だちのは、ゆるめのエッグ&ローストビーフだったかな?
e0326699_15434312.jpg



       タンパク系たっぷりで、こちらもひとつ頂きましたが
       ゆるめのエッグがいい感じでしたよ

       大好きなパンとお友だちとの延々と続く楽しいお喋り??
       最高ですよね!
       こんな贅沢な時間、感謝しなけりゃバチ当たりもの!!

       ●美味しいもの
       ●素敵な空間
       ●そんな時間と場をシェア出来るお友だちの存在
       どれひとつ欠けてもピタッと幸せのエンジェルはやって来ない

       有難き、本当に有り得ない、幸せな時間??


                   

                    RAJUの豆カレー
e0326699_1557317.jpg



       インド人オーナー&シェフによるインド料理店"RAJU"
       お運びの方も、インド人
          お店に一歩入ると、インドの香りがするエスニック感がいい
          豆カレーにハマり、最近はずっとこれ
          シンプルでスパイシー
          なんとも言えないスパイスのハーモニーがいい
          カレーはたっぷりと器に入っていて
          50cmはある巨大ナンとスープが付いて
          690yenとは申し訳ないくらい


              ランチセットB  お魚とシシカバブ
e0326699_16104113.jpg


       この日は期末テストの最中
       次女と久しぶりのランチへ
       テスト中の息抜きとばかり、本当は母の気晴らし!(^^)!
       タンドリーチキンならぬ
       タンドリーフィッシュが気に入っていた彼女
       シシカバブのおこげが少し気になるけれど
       そこがまた大らかなインド式?       
       あの巨大なナンもペロリと平らげ
       その胃袋の成長には驚き~
       ちなみに、私はとても食べきれずに、いつも半分はお持ち帰り
       冷凍しておいて、食べたい時にチーズ散らして
       オーブンで焼いて、2度楽しみまーす!
       RAJUのナン、しっとりソフトで美味ですよ~

       それから、インド人の大らかさにいつも感謝するのは
       私のオーダーした豆カレーは単品なので
       本来ドリンクは付かないのだけれど
       「これは、サービス!」と言っていつも付けて下さるんです
       それで、シシカバブのおこげも帳消しになって
       なんだか嬉しい??
       そんなほっとするサービスって滅多とないので
       「損をして徳をとる」という大らかさが温かい

       ナンの大きさ、カレーのボリューム、そしてサービス
       インド的な大きさを感じさせるお店です??

       I shall return, whenerver I feel like missing bean's curry 
       and Indian way of hospitality..

       
       
       
                 
       
       
 

       

 
      
     
    
     

    
[PR]
by miyukita-ka | 2014-07-01 17:12 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31