木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

愛について

                    琵琶湖と夏の空
e0326699_11716.jpg


        Time I've been passing time
        watching trains go by

        All of my life
        Lying on the sand watching seabirds fly
        Wishing there would be
        someone waiting home for me

        Something telling me
        it might be you
        It's telling me
        it might be
        all of my life...

        by Stephen Bishop "It might be you."「トッツイー」のテーマ曲??

        坦々と列車が目の前を通り過ぎるのを眺めたり
        砂浜に横になり、カモメをぼーっと眺めるとき
        いつか僕のために、お家で待っていてくれる人は・・と
        ふと考える

        何かが囁く
        それはあの人
        あの人かもしれないと

        1982年に発表された映画「トッツィー」のテーマ曲
        甘く切ないメロディー
        人はどう出会い
        どう愛を育み
        どうつなげてゆくのか・・
        
        男女の仲だけでなく
        友情、親子、全ての人との永遠のテーマ


                雨上がりの なぎさ公園
e0326699_123087.jpg


        画家バルデュス氏と20才の時に出会い
        4年後、結婚を決意した節子夫人
        当時、バルデュス氏は59才
        渡欧し、公私に渡りバルデュス氏を支え続け
        バルデュス氏亡き後も、様々な文化遺産の仕事に携わり
        その凛とした美しき在り方が、著書から伝わります

        "愛される人と愛されない人というのは、どんな人でも
        自分の愛する人をあるがままに愛することが出来るかどうか
        によって決まります。
        何かものを贈る場合、お返しを求めてしまう可能性は
        本能的にあるかもしれません。
        ・・・ですが、それ以上に愛せるかどうか、そこが分かれ目なのです。
        相手を人として愛せる清濁合わせて呑み込んで愛することが出来れば
        愛されるはずです。相手に求めず、ただ愛することです。”

        「見る美 聞く美 思う美」 節子・クリソフスカ・ド・ローラ著 

        「清濁合わせて愛すること」
        「相手に求めず、ただ愛すること」
        決して容易くはないですが、その通りだと思うばかりです
        自分自身でさえ、足りないこと、嫌なところが多々あり
        それを受け入れるのも至難の業
        増して、人の清濁を受け入れるのは、相当の忍耐と包容力が要ること

        愛することは学ぶこと、その力を自分で育てることだろうか?
        バルデュス氏が巨匠として認知されるようになったのも
        節子夫人の全面的愛があってのことだろうか?
        表で活躍する人の陰には、それ以上の力を持った人の支えがあるという
        感じがする

        清濁合わせて、愛すること
        少しでも近づけるよう、心に留めておこう(;'∀')
        

        

        
        

        


        

         
        
        
[PR]
by miyukita-ka | 2014-08-06 13:55 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31