木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

雪のお正月⁂

e0326699_2159960.jpg


       お正月休みもあっと言う間に過ぎ
       今日は仕事初めのMonday♡
       お勤めの人たちは、新年のご挨拶に忙しいだろう

       年末は、大晦日の夜に神奈川から草津に舞い戻り
       お正月の3ヶ日は、ずっとお家で
       朝昼晩とお正月らしく食べ、テレビを観たり、ゲームをしたり
       外は雪が15cmほど積もり、寒く、外出は無理で
       まったりと、あっと言う間のお正月休みでした*

       子どもの頃に比べれば
       お正月という空気は随分と薄れ
       年の暮れから新年がほぼ切れ目なく移り変わると感じるのは
       デジタル社会と関係ないとは言えないだろう

       行く年を惜しみ、来る年に胸高鳴る
       そんな感覚を今はもうあまり感じなくなった
       ひと昔前は、元旦を境に、ぴたりと町は静かになり
       新しい年が始まる厳かな気持ちになったものだ
       おせち、鯛、ぜんざい、赤飯、お神酒・・
       母は普段とは違う白いエプロンをつけ
       朝早くから、お正月らしいご馳走をいそいそと
       用意してくれた
       労苦を惜しまず、お正月らしくしつらえてもらえたことが
       今となっては、この上なく有難いことと思える

       時を待たずしてデジタルメールが届く時代
       手書きで文を書き、封筒に入れ、切手を貼り、ポストに投函する
       そんな手間暇さえ今や懐かしい
       手間を省き、楽に便利になればなるほど
       時間が早く過ぎ
       振り返れば、何をしたのか記憶がない
       
       コツコツと何かに熱中する時間は早く過ぎるけれど
       後で振り返ると、充実感が残る
       一方、何もせずに楽にスイスイと時間を使うと
       脳裏には何も残らない

       時代はデジタルに進化続けるけれど
       時にはアナログに戻さないことには
       脳がのっぺらぼうになりそうだ

       25年間、クリスマスカードを送り続けてくれる
       アメリカの友人からエアメールが届いた
       今どき手書きの手紙をよこしてくれる友人は
       彼女ひとり
       一年間の生活のアレコレ、家族の報告を読み
       手書きの温かみを感じる

       アメリカにも、そんなアナログを続ける人がいることに
       ほっとしつつ
       お返しにお手紙をしたためたいとと思う

       そんな今だアナログ人間ですが
       どうぞ、本年も宜しくお願い致します(*^^)v



       

       

       


       

       

       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-01-05 14:24 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31