木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

♡Happy Birthday♡

e0326699_1724429.jpg


       今日はMy Birthday♡
       何を隠そう、50歳になりましたー☺
       50ですよ!50!
       今、10代、20代、30代、40代の方
       ご安心ください
       50歳悪くないです(#^.^#)
       若き頃は、50歳なんて、完全オバサンと信じてましたが
       実際自分がなると、そんなことないです
       世間の人は、見た目からオバサン扱いする可能性はありですが・・
       確かに、最近、若く綺麗な人が増えたなーと、思うのは
       自分が年取ったってこと・・

       しかしながら、50まで健康で、今こうして存在するという事実
       それだけで有難きこと

       10年おきに、それまでの自分の道のりを振り返るのですが
       あるわ!あるわ!素晴らしきこと一杯!
       何気に日々は、過ぎていくものの
       改めて、自分の道のりをリストUPしてみると
       予期せぬ素晴らしい出会いに溢れていて
       まるでジェットコースターか魔法の絨毯にのり
       ぐあんぐあん進んでいるような

       平坦な道にイライラしたり
       単調な坂道が長く感じつつも、先のことにワクワクしたり
       ピークの見晴しに感激しては、落ちるのが怖かったり
       急降下に胸がはりさけそうで、ぎゅっと目をつぶったり
       怖いけど、進みたい
       ドキドキするけれど
       じっとはしておれず

       人生の乗りものの行先は決めず
       内なる声と好奇心に沿い
       出来る限り自分に正直に
       生きてきたように思う

       人生の折り返し地点が過ぎ
       今世の残り時間を意識する中
       ひたすら出会いを大切にしたいと思うようになった
       自分から光を発して進めば
       それに呼応する人やものが現れることも
       実感し始めている

       ♪人生の扉 by竹内まりあ

        50になりつつある人、達した人、聞いてみて下さい
        しみじみと、感動する曲です*

        年末に高校の同級生と会うことがあり
        初めてこの曲を聞いた友だちがしんみりと「えー曲やな~」と
        20ー30ー40ー50歳、年齢のステージに上がる度
        ふと、自分の人生と向き合い
        いたずらに時が過ぎて行くのを見過ごすわけにはいかない
        竹内まりあさんは、重みが増してゆく人生の扉を感じつつ
        怖れず、開けて行こうよと
        人生を肯定し、勇気づけられます*

        "It's worth living."
         老いてもなお、生きる価値はあると
        

        歌詞にあるように、満開の桜、紅葉の美しさに出会えるのも
        あと幾度あるのだろうかと、ふと感じるようになり
        その美しさがより深く目に映り、心に刻まれる
        年を重ね、生きている実感と重みが増してゆく中で
        ひとつひとつ丁寧に生きて行きたいと
        まりあさんの思いに同感するばかり
        

       ちなみに、冒頭のお花は、今朝、夫から贈られたもの
       今、私がこうしていられるのも彼のお蔭
       お互い大切にしなきゃね♡

       Lovely 50 素敵な人生の扉を開け続けよう☺
       50年間、生かされたことに感謝♡








       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-02-27 18:16 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31