木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

アレクサンダーテクニーク②

                "How about a tea or coffee?"
e0326699_23242636.jpg


       "自分の好きなものを作ることに本気で取り組もう
        そうすれば、必要なものが手元に引き寄せられて来るから
         確実にキャッチしょう"

       "愛の為に創造する人は、ことばでは言い表せない
        人を引きつける何かを放っている。それが彼らにとって
         よいものを引き寄せる"

                      by Julia Cameron

       
       
       「ずっとやりたかった好きなこと」を継続的にやり始めた頃から
       面白い出会いが連続するようになり
       本来の自分の人生が回り出した気さえする

       まるで魚釣りでもするかのように
       ただ、自分を自分らしくその場に垂らしておくだけ
       あとは、流れやうねりに任せて
       そこにいるだけでいい

       「何かいいことないかな?」
       「素敵な出会いはないだろうか・・」と
        自分の外に気持ちを向けるのではなくて
        ひたすら、自分の関心のある本を読んだり
        本能的な興味に従い、あちらこちらに出掛けると
        次から次へと自分に必要な教えや、人に出会う

        先日、京都自由学校を通して出会った
        アレクサンダーテクニークは、まさに自分が必要としているもので
        自身の素性や潜在能力を引き出す上で、とても示唆的な考え
        それも、探し求めて辿り着いたのではなく
        自然に行き着いたような
        手繰り寄せられたような

        AT講師の納谷さんは、もの静かで囁くように
        ゆっくりと言葉を選びつつ語る方で
        心と息がぴったりと合ったような
        なんの焦りも、戸惑いもなく
        上手く間をとり
        自身はファシリテーターとして情報を提示するだけ
        何の押しつけも、主張することもなく
        体験の場を提供するだけ
        その中立的立場が、見事なファシリテーター

        京都自由学校の講座をボランティアで主催されている知人の
        場の仕切り方も感心するものがあり
        まさに、講座のテーマである、灯をともす"場"と"材料"を提供するだけで
        あとは、参加者同志の灯の広がりを見守るだけ

        自身を主張したり、アピールすることなく
        ただ伝えたい何かを「与える」だけ
        何も「奪う」ことなく、「与えること」に徹する
        
        納谷さんが語られているとき
        何故か尼さんのイメージと重なり
        存在に透明性を感じるものがあった

        主張せず、押し付けず、奪わず
        与えるだけ

        そこから、人は何かを自ら感じ、考え、行動することで
        成長するのではないだろうか・・
        

        
        
        

       

        
        
        
        
[PR]
by miyukita-ka | 2015-05-27 17:00 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31