木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

小さなものへの愛

             日本人でよかったぁー 甘さ控えめおぜんざい♡
e0326699_15221687.jpg


       "人間が極限状態を生き延びる為に大切だったものは
       大きなものに対する信頼や愛だけでなく
       音楽綺麗な景色など、『小さなものへの愛』
       こだわりだったと言えるのではないでしょうか?"
                 
                 「愛に関する12章」 五木寛之

       第二次大戦中、ナチスによるユダヤ人迫害を受け
       アウシュビッツ収容所生活から奇跡的に生還した
       オーストリア人精神科医、V.フランクル
       彼の遺した「夜と霧」という著作の一節には
       極限状態における収容所生活においても
       美しい夕焼けに感動し、眺め入るタイプの人たちが
       生き残り、夕日が美しかろうが関係ないという人たちは
       先に倒れて行ったと報告している、と五木氏は述べています。

       フランクルは後に
       「人生の幸福はどれだけの感動を得たかによって決まる」とも

       ”小さなものへの愛とは、一言で言うと趣味と言って片づけられて
       しまうかもしれません。それは仕事や勉強、身体を鍛えることに
       比べて、実際役に立たないことと考えられているかもしれません。
       実は、その中に人生にとって大切な何かを身につけるチャンスが
       隠されているのではないでしょようか?
       そして、その何かが、極限状態に置かれたときに、その人間を
       支える力になるのではないかと・・” 五木氏は言います。

       人間的で、平和に暮らせる生活の中でも
       ふと、目的や方向性がわからず
       不安になることは、老若男女年齢を問わず、誰しもあり
       その中で、小さな楽しみ、感動を見つけることにより
       幸せに満たされることがあります

       大きな目標を持ち
       ノルマをこなし、日々邁進することも大事ですが
       日々の小さな感動、楽しみを見つけ
       心に潤いを与え続けること
       それが、エネルギーを枯渇させず
       歩き続ける源泉かも

       「ぜんざい美味しかったー」
       「また、作ろうー」

       そんなことで、元気になる私
       日々のささやかな感動こそ
       生きるパワー
       そんな感性を与えられたことに感謝~☺
       

       

       

       
       
        

       
[PR]
by miyukita-ka | 2016-01-17 16:45 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31