木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

旅立ち②

                        *sunset*
e0326699_17134090.jpg
         
         美しい夕焼け
         吸い込まれそうな色、グラデーション、そして光と影
         ふとした瞬間の自然からの贈りもの
         それまでの止めどない心の動きがピタッと止まり
         空っぽになる
         見ようとして待ち構えていたわけでもなく
         偶発的に、心奪われるものが現われるとき
         何か人知を超えた、大きな流れの中にいるような気がする

         息子が、ひとりキャンプに旅立ち
         誰一人、知る人のいないところで
         「友だち出来たかな?」と思い巡らせながら
         自分が、誰ひとり知らないところに旅立ったときのことを思い出す

         22才の旅立ちではあったけれど、「心細かった」
         19の時に、お世話になったホームステイ先のお母さんに見送られ
         カリフォルニアから中西部へ向かう、小型飛行機の小さな窓辺に
         私の姿を見つけては
         空港の片隅で、最後まで手を振ってくれた
         彼女の心配げな表情が今も脳裏に焼き付いている
         自分で決めたこととはいえ
         その場に至って初めて、知らない土地にひとり旅立つ現実に
         胸が締め付けられるような思いがした

         まるで、自分の子の旅立ちのように
         心配してくれた彼女の思い
         全くの垢の他人から
         そんな想いを受け取れたことは
         私の人生の中でも、大きな財産
         何年経っても、幾度となく思い出す
         忘れられない場面

         日常は、何気に過ぎて
         思い起こそうとしても、思い出せない
         けれど、自分で考え、自分で決断した非日常は
         何年経ても、記憶に残る

         息子がひとり飛び込んだ非日常も
         きっと、何年経ても思い出すことになるに違いなく
         10年、20年の年を経て
         その体験をどう咀嚼し
         成長してゆくのか
         その種の育ちを
         見つめてみたいと思う





         


         
         
         
      
         
         
         
         
         




[PR]
by miyukita-ka | 2016-08-11 20:13 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30