木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

河久


                        *満月弁当*
e0326699_17294406.jpg


             
             自彊術教室に通われている生徒さんの紹介で
             今年の新年会は、和洋折衷の割烹 「河久」@京都三条木屋町で
             看板メニュー「満月弁当」を頂いて来ましたー

             京都らしい路地裏に、間口の狭い入口があり
             玄関へと続く、京都らしいアプローチに
             すでにテンションUP!
             京都の小路の奥には、外からは想像出来ない
             素敵な空間があります

             河久大将、浅見亘男氏は、京料理 河繁を生家とし
             ホテルで洋食の修業を積み、和洋折衷の料理を出す
             割烹のはしりの店を、この地にひらかれ
             現在は、二代目さんが継承されています

             京都近郊の食材を厳選し、素材の味を引き立てる料理とあり
             当然ながら、すべて作りたてもの
             
             新鮮なお造り
             絶妙な焼き具合のお魚
             パリッとした揚げもの
             上品でカタチよく調理された煮もの

             経験から培った確かな目で
             ひとつひとつ
             素材を選りすぐり
             丁寧に切り
             素材を引き立てる火加減、焼き加減
             そして、きちっとした盛り付け

             決して煌びやかではなく
             地味で控えめな感じなから
             コアな職人の心が伝わる

             日本料理の職人技は
             世界にも通ずることが
             このお弁当という小さな空間からも
             見て取れる

             個人的に感激したもの
             ●ミンチカツを春巻き風に巻いた揚げもの
              「キチっ」とした皮の巻き加減と
              「カラっ」とした揚げ具合
             ●鶏肉の塩焼き
              絶妙な塩加減と
              「パリっ」とした焼き加減
             ●焼き魚のかま
              ホロホロふんわりとした身
              美しい皮の焼き加減

             「火」の通し方加減というのは
              料理の質を決める決定的なものかなと


                      
          

                      *Dessert*
e0326699_17343881.jpg


            楽しくお喋りしながら、ゆっくりお料理を頂いていると
            心が満たされるのか、中盤でほぼ満腹となり
            ご飯が食べきれず、申し訳ないことに、残すことに・・

            デザートは、和食器に盛られた「ほうじ茶ジェラートとマカロン」
            ジェラートの控えめな甘さ、ほうじ茶の渋味が絶妙!
            和と洋の見事なマリアージュ♡
            シンプルなデザートだけに
            これもやはり、素材のよさが光る感じがある





                    お座敷から見渡す鴨川
e0326699_17481919.jpg
            
             
 
            夏場は、この川床で食事することも出来て
            まったり、ほっこり、京都らしい時間が楽しめます
            しかし、トンビが飛来しており
            美味しいものを狙いに来るかも?

            帰りには、二代目大将らしき人が見送って下さり
            きちっとした職人さんらしい空気感が漂っている感じの方でした
            「ほんもの」に出会うこと
            一流の人に触れること
            
生涯、そんな機会はそうそう多くはないけれど
            たまには、背伸びして触れてみると
            「何か違う」何かが記憶に刻まれ
            真摯に仕事に向き合うことの素晴らしさに
            心動かされます

            いいところを紹介頂いた生徒さんにも
            感謝(*^_^*)

             
             
             

             
             







[PR]
by miyukita-ka | 2017-01-13 17:38 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30