木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Essay( 218 )

わろてんか②


*Cinnamon Roll 発酵中ー(*^-^*)*
e0326699_16234257.jpg

NHK連続ドラマ 「わろてんか」
親子揃って、毎日の楽しみー☺
小さな愉しみは、大切♡

「どうなった?」
「えー、可哀想ー」
「あの人、なんか嫌なかんじ・・」

他愛ないことで
必死になれる幸せ

SNSの発達で
TVが影を潜め
一緒に何かを囲み
時間をシェアし
共感することが
急速に少なったと思う近頃

TVのよさが
今になり
浮かび上がるようで

「辛いときこそ笑うんや」という
病床にある主人公の兄の言葉の一幕が
印象的

ところで
「わろてんか」
思えば、すごい関西弁のタイトルで
正確にイントネーションと
意味がすんなり伝わるのは
生粋の関西人でないと
無理ではないだろうか?










[PR]
by miyukita-ka | 2017-10-13 16:21 | Essay | Comments(0)

わろてんか

Coconutsmilk banana cake*
久しぶりに焼いてみましたー☺

e0326699_17163658.jpg
秋が好きー♡
四季の中で、一番ワクワクする
果物、芋栗、秋に採れるものが大好き!
朝晩の心地いい空気が大好き!

「感じること」
言葉にしたり、カタチにしたり
そこには、いつも「笑み」がある

今日から始まった
NHK連続ドラマ「わろてんか」
ナレーションの中に
"笑いは、人間にのみ備わった行為"という
言葉をキャッチして
なるほど!と頷く

子どもたちは、よく笑う
白い歯キラキラ見せて
笑いながら
お喋りをする

「笑う門に福来たる」と言うし
よく笑う人が近く居るのは
「福」がすぐそばにあるということだろう

「好きなこと」
「面白いこと」
「楽しいこと」をして
子どものような
感性を持ち続けると
軽やかな、やわらかい空気を
醸し出し
「笑み」が溢れるかもしれない

「わろてんか」
人生どう転んでも
笑うこと
これから、どうお話が展開するのか
楽しみー☺







[PR]
by miyukita-ka | 2017-10-02 18:09 | Essay | Comments(0)

Cafe Bibliotic Hello!


*Sandwich lunch*
e0326699_17031047.jpg

ついこの間、京都丸太町近く二条通りにある
ハロー画廊へ、長女に案内され
行ったばかり

そして、先日、仕事の研修でたまたま
知り合った人たちと
Cafe Bibliotic Hello!でランチ🍴
http://cafe-hello.jp/

素敵な空間でしたー♪
光と影のコントラストが素晴らしく
まるで、お寺の広間と庭園を彷彿させる
内と外、あの感じ

芸大出身のオーナーが
自ら図面を引き、町家を改造したという
"ブックカフェ"
抜き抜けの広々とした空間
大きなテーブル、ゆったりとした椅子
壁一面の本棚

落ち着いた色調と
空間使いが
何とも心地よく
店内に居ながら
南国リゾート感覚

平日、それもランチには
かなり遅めの時間にも関わらず
ほぼ満席状態

外国人常連らしき人たちも多く
ひとりの時間を楽しむ人
お連れさんとまったりする人
Cafe in Europe のような
ゆったりと時間を過ごす場所

ランチメニューは
お洒落で、ボリューム感ある感じでしたが
時間の関係上
隣のパン屋さんで、サンドイッチを選び
カフェラテをオーダー

ご覧の通り
お見事な"ラテアート"に感激!
生まれて初めて
目の前に
不意に現れたものだから
嬉しさひときわー☺

人を楽しませる仕掛けは
"芸"そのもの
やはり人気ある場所には
人の心を鷲掴みにする
"Insptration"が
散りばめられている

Cafe Bibliotic Hello!
バナナの木が目印
オススメですー☺




















[PR]
by miyukita-ka | 2017-09-28 17:41 | Essay | Comments(0)

箱根山学校


広田湾を臨む、夜明け風景*
e0326699_15350099.jpg

夜明けの風景というのは
そうそう出会えるものではない
旅に出ると
日常から解放され
朝一番から、自由
この写真は、昨年、岩手県陸前高田市
箱根山テラスで撮ったもの

今年もここで
「第4回 箱根山学校」が開かれます
9/15-18 3泊4日

今朝一番の「Jアラート」
これから日本列島を縦断するとされる
大型台風が接近中!
4年目は、波乱の幕開け?

「人生山あり、谷あり」
何が起こるか分からず
何が幸いするかもしれず

あの開放的なテラスで
ごはんをゆっくり食べるのは
後半、むずかしいかもしれないけれど

沢山、いいお話が聞けて
沢山、いい出会いがあり
沢山、何かが生まれ

いい時間が、人の心に
明かりを灯しますように

Good luck!!


e0326699_15113930.jpg





[PR]
by miyukita-ka | 2017-09-12 15:51 | Essay | Comments(0)

平和であること


焼きたて*
e0326699_16200090.jpg
あの New York Trade Center 襲撃テロから
16年目の今日
今でも、あの震撼した思いが
ありありと甦る

突然の襲撃は
不意に思いつたものではなく
長年にわたり計画されたもの
「火のないところに煙は立たず」
抑圧的された感情がメラメラとくすぶり
ネガティブな方向へと動き続け
破壊的になる

「テロなんてあり得ない!」と言うと
「不満がたまれば、人はそうなるのよ」
平然として
テロの感情を受け入れるかのような
アメリカ人教授の言葉が
衝撃的だったことがある

「人殺しは、絶対に出来ない」と思うより
「するかも?」と思うほうがいいと
ある僧の話として、読んだこともある

たまたま自分は
そこまで追い込まれる状況がなく
そこまで粘着的に思い続ける素地がない
条件さえ揃えば、破壊へと向かうかも?
そう思えば、破壊者を赦すという
寛大な心を持ち得るのであろうか?

平和とは
清濁ひっくるめて
受け入れることだろうか?
常に中道を行くには
柔軟で広い心を持つ
鍛錬が必要だろう

どんなことからも
学びの大切さを思う













[PR]
by miyukita-ka | 2017-09-11 18:02 | Essay | Comments(0)

お裾分け


三つ子パン、ぷっくりと焼き上がりましたー
e0326699_17384448.jpg

ようやく、朝晩が涼しくなりましたー
今年の夏は地域の仕事で奔走するうち
過ぎてしまったので
暑さは、さほど気にならなかったような・・
人間の神経は
ひとつのことしか集中出来ないらしく
最優先のことを懸命にすれば
「暑さ忘れる」ということを実感!
「暑い、寒い」と愚痴るのは
暇だったのかも?

「小人閑居して不善を為す」
まさに、先人のおっしゃる通り!

   ***********

「やらなければならないこと」が一段落し
「やりたいこと」がムクムクと湧いて来て

早速、パン道、まっしぐら!
やはり、ここです!
無心になれる境地は

町内会でお世話になった方々へ
実家から頂いたカボチャで
「かぼちゃパン」をお裾分け

あー、やっぱり幸せ♡


「達者でなー」と我が子を送り出す気分☺
e0326699_17594098.jpg






[PR]
by miyukita-ka | 2017-08-31 17:57 | Essay | Comments(0)

里帰り


田舎ごはん☆彡
e0326699_17055915.jpg
残暑厳しいですー
朝晩涼しくなり、過ごし易い日もあれば
今日は、暑い💦
夏休みも宿題の仕上げの時期となり
もうすぐ新学期
今年は春から、町内会の役仕事に奔走し
突っ走っていたら、「あら、もう夏も終わり?」
という感じ
「地域社会に貢献するときもあっていいのよ」
という友人のお言葉を慰めに
もう、半年、GAMBA!

********

滋賀→京都→兵庫(日本海側)
初めての長距離ドライブに挑戦!
超方向音痴の私でも
気負いなく運転出来るのも
カーナビのお陰m(__)m
時代の流れは
あらゆる不可能を可能にし
有り難いこと、この上なく
同時に、本来出来ないことを
出来たように勘違いしてしまう
落とし穴も、気になるところ

「帰っておいでー」と声かけてもらえること
ごはん食べさせて貰えること
体のこと、生活のことを
気遣ってもらえること
親心というものは
いくつになっても
有り難い

夜明けとともに起き
田畑に出たり、家事をして
いつも子どもたちの好きなものを
朝からせっせと用意してくれる義母
てんこ盛りの新鮮野菜たっぷりの田舎料理に
身も心も癒される

なぜかここに来ると
いつもよりたくさん食べ
ほんわかした気もちになる

お土産は、箱一杯の採れたて野菜
優しい思い出一杯積み込んで
帰路に着く

「今度いつ会える? お正月? 春休み?」
また来るからと約束したら
少し、気が楽になる

嫁ぎ先の故郷で
こんな思いが出来る幸せに
感謝♡





















[PR]
by miyukita-ka | 2017-08-21 17:52 | Essay | Comments(0)

お家ごはん


夏野菜ランチ*
e0326699_16184597.jpg
ここのところ目が悪く
写真撮影時の、光の感度が鈍くなり
上手く光の調整が出来ないなーと思いきや
露出をかなりupしていたことを、ど忘れ!
目だけでなく
色んなものがボケて来てるなー

久しぶりの「お家ランチ」♪
やっぱり、好きだー
お店では味わえない、かけがえのない
お家時間

次女の友だちで
親子共々、仲良くしてもらっていて
数年前、金沢にお引っ越しされた後も
ぼちぼと交流があり

今回、数年ぶりに帰郷され
「お家ごはん」を提案

あり合わせの夏野菜でメニューを
組み立て

●夏野菜ラタトゥイユ
●白茄子のチーズ焼き
●冷しゃぶサラダ
●かぼちゃパン
●クランベリー&カシューナッツスコーン
●メロン

近所のお友だちの差し入れ
●レアチーズケーキ
●いなり寿司

母3人は、喋りっぱなし!
高校生女子3人は、席上では靜かでしたが
いづれ、同じく進化することでしょう

会話力は、経験から来るもの
私自身、10代の頃は
何を喋ったらよいのやらわからず
口ベタなのが
コンプレックスでしたが
今では、I can speak Japanese!
どこでも喋れるようになりましたー
人間、経験により進化するもの

「お家ごはん」
また計画しょー♪

遠いところから来てくれて
Thank youー♡






[PR]
by miyukita-ka | 2017-08-17 16:43 | Essay | Comments(0)

自分を発揮する


色とりどりのマスキングテープ
それぞれが美しい
e0326699_17062106.jpg

ムシムシ暑くなりました!
思えば、1年の半分以上が過ぎ
暑く、厳しい日本の夏到来も間近!
くせ毛なので、湿気があると ⇒髪はごわごわ
顔に汗をかいて       ⇒ギトギト
暑い夏は、大の苦手!
けれど、地球のことを思うと暑い季節も必要で
この星で生きる限り
我慢、我慢(;'∀')
そう思うと
暑さも乗り越える心構えが出来るから
不思議(#^.^#)

***********

先日、高1次女の通う、高校の文化祭へGO!
それは、それは楽しそうで
はじける高校生パワーに感心するばかり!

ステージで、お笑い、ダンス、歌etc...
各出し物の紹介
中庭での、軽音プチライブと模擬店
どれをとっても、生き生きと、恥じらうことなく
自分を発揮出し
人を楽しませる
そんな生徒たちが、一杯いることに
凄いなと、感心致しましたー(^.^)ー

子どもたちが通っていた幼稚園の園長先生は
日頃からよく
「自分を発揮出来る子」を育てるのが大事!
と、よくおっしゃってました
まさに、その教えが
10年後に理解出来たような感じ

ひと目を気にし
世間のものさしに縛られることなく
内から溢れるパワーを出していい時に出す!

若いって、いいなと
自分の高校生の時はどうだっけ?と
そんな若者の姿を見るにつけ
自省するばかり

「自分を発揮する」
今からでも、出来るだろうか?










[PR]
by miyukita-ka | 2017-07-10 17:50 | Essay | Comments(0)

BBQ party ♪


Sandwich lunch♡
e0326699_16080766.jpg

熱いですー
夏がやって来ましたー
思えば、すでに7月
今年は梅雨入りしてから
意外と過ごしやすい日が多く
ついに来たかーという感じ
ベタベタした暑さ、日本の夏が来ました!

********

昨日は、息子のけん玉教室の皆さんと
BBQ Party🎵
熱い中、準備下さった皆さんに感謝!
日程調整、食材調達、道具準備手配
当日の運搬、セッティング、調理、後片付け
長いプロセスの調整、協力を経て
イベントが成り立つ訳で
野外活動は、肉体労働がつきものながら
いい汗かいて
青空の下、のんびり人と交流して
風に吹かれて、寛いだ雰囲気は
屋内では味わえないこと

お父さんたちが、どっぷりと汗をかき
肉、ソーセージ、とうもろこし、焼きそばなど
ジュージュー焼いて下さり
お母さんたちは、どっしりと座り
焼きたてBBQを美味しく頂きましたー
たまには、お父さんが生き生きと調理する姿は
いいもんですー

子どもたちも、焼きたてBBQをたらふく食べ
お腹が満たされたら、緑の中を走り回り
開放的な空間で、幸せそうでした

野外BBQ、キャンプを楽しむ若いファミリーが
増えているように思いますが
面倒なことをよしとして
生き生き野外活動を楽しむ人々の光景は
癒しそのもの

自然の中にいると
自然と寛げ
自然体になれます

BBQ Party🎵
楽しかったー(#^.^#)









[PR]
by miyukita-ka | 2017-07-03 16:49 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31