木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Sweets( 143 )

おやつの時間

e0326699_20145063.jpg


       おやつの時間ほど
       至福のひとときはないかもしれない
       小学生の頃、学校から帰ると
       食卓の上に置いてある10円玉数枚を握りしめ
       近所の駄菓子屋へダッシュ!
       「どれにしょうかなー」と
       手に握る10円玉が熱ーくなるほど粘り
       物静かなお店のおばちゃんは
       20円ほどの買いものに
       いつも気長に付き合ってくれた

       子どもは、おやつごときにも
       全力で、ドキドキするもの
       大切な思い出

       この日のおやつは
       お雛まつりに用に買った、聖護院生八つ橋とひなあられ
       今年ははんなりと和菓子にした

       学校から帰った息子とお茶淹れて
       おやつの時間
       陽だまりの中で
       ほんのひとときの幸せ

       キラキラ太陽と
       心安らぐ人と分け合う
       ささやかなおやつの時間
       心の写真に切り取って
       大切にしまっておこう


       

       
[PR]
by miyukita-ka | 2016-03-04 20:39 | Sweets | Comments(0)

バナナマフィン

e0326699_17392054.jpg


       焼きたての風景は
       「何度、焼いても胸高鳴る」と何度となく書きつつ
       何度となく、写真に収めます
       
       頭に浮かぶものをカタチにする面白さ
       焼きたて、ほわほわを味見する楽しみ
       子どもたちの美味しい笑顔
       お裾分けから生まれるつながり
       自分の内から出た「楽しみ」が色んな人の心にタッチする
       
       バナナマフィンは
       バターにさとうを練り込み、とき卵を少しづつ混ぜ
       粉類と牛乳を交互に入れて
       ふんわりと生地を仕上げますが

       宮本しばにさんのレシピは
       スコーンのように、粉類とバターをポロポロにすり混ぜ
       水分として、牛乳(豆乳)、ヨーグルト、バナナピューレを
       別に混ぜたものと、さっくりと合わせます
       卵が入らないので、バターと分離する失敗がなく
       バターがホイッパーに絡まって、イライラすることもなく
       ささっと、混ざります

       卵なしでも
       もっちりと柔らかい生地に焼き上がります
     
       美味しいコーヒー淹れて
       明日の朝食が楽しみ♪


e0326699_23272462.jpg



       
              
       
       
             
       
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2016-02-13 17:54 | Sweets | Comments(0)

ザッハトルテ

e0326699_16174395.jpg


       バレンタインデーが迫り
       女子はなんとなくソワソワ
       男子は平静を装うも、内心ドキドキといった
       憂鬱な日であると言います
       淡く、純粋で、脆く、切ない
       そんな青春時代
       甘く、ほろ苦い、sweet&bitter
       まさにチョコレートの味わい

       ”ザッハトルテ”を焼いてみました
       最近、教科書のごとくいつも手元にある
       宮本しばにさんのレシピで

       卵もバターも入りませんが
       しっかり濃厚、まったり、満足な仕上がり☺
       「グレーテルのかまど」のサイトで、ザッハトルテを調べるてみると
       バター、卵、砂糖、チョコレート、アプリコットジャムetc・・
       もの凄いカロリー!
       その上、手順もかなりのステップがある

       しばにさんのレシピは、基本混ぜるだけ
       植物油を使うレシピは、スプーンで混ぜてもOK
       道具も要らず
       かなり大雑把でもいけます

       詳しくは→ ”焼き菓子レシピノート” 宮本しばに著

       さて、我が家の息子は
       そろそろ、友チョコ以上のチョコ収穫があるかも?
       9才にもなると、「恋ばな」の囁きがどこからともなく
       聞こえて来るらしいので( *´艸`)




      
       

       

       
[PR]
by miyukita-ka | 2016-02-13 17:36 | Sweets | Comments(0)

りんごのアップサイドダウンケーキ

e0326699_2233344.jpg


       軽くキャラメリゼしたリンゴを型の底にたっぷり敷き詰め
       生地を流し、そのまま焼き
       焼き上がったら、ひっくり返す(upside-down)
       りんごがトロトロな食感で、美味ー♪

       これも宮本しばにさんのレシピですが
       りんごの美味しい季節には絶対オススメの一品
       手順がシンプルで、ささっと出来ます
       リンゴはやはり酸味のある紅玉かジョナゴールドで!

       写真の後ろにある絵は、実のところ紅茶パッケージ
       知人のお嬢さんが描かれたもので
       ミルクティーによく合う、ルフナという品種を
       可愛らしいイラストで上手く表現されています
       それぞれの紅茶品種の特徴を絵で分かりやすく描き
       また絵の少女たちの会話文を添え、紅茶を解説するという
       面白い発想

       さりげなく、女性ならではの感性光るデザインが素敵✨



       
       
       


       

       
              
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2016-02-07 23:16 | Sweets | Comments(0)

お芋&レーズンのスコーン

             ♡焼きたての風景は、何度見ても胸高まる瞬間♡
e0326699_17434045.jpg


       宮本しばにさんの「お芋のスコーン」のアレンジ版
       このスコーンは粉とほぼ同量のお芋が入るので
       しっとり&ほっこり焼き上がります
       ラムレーズンを加えてみたら、ワンランクUP!
       自然の甘味+ラムの香りがいいー

       レーズンは、上品で控えめな甘みのトルコ産サルタナが
       お気に入りですが、ここのところ何故か入手出来ず
       オーストラリア産「サンマスカット」という
       サルタナとマスカットを合わせたもので代用しています
       サルタナの上品な甘み+αな感じで、なかなか美味しい

       レーズンは高温で焼くと、水分が飛び、苦みが出ますが
       ①ラムレーズンにする
       ②出来上がった生地を半日以上寝かせ、生地の水分を吸わせる
       ③レーズンを1分ほどお湯につけて少しふやかせる

       など、レーズンに水分を吸わせてから焼くと
       生地に馴染み、美味しく焼き上がります♡

       ●ひと手間かける → ランクアップ!

       やはり何事も手間暇かけることが大切ですね☺





       

       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2016-02-07 17:44 | Sweets | Comments(0)

ルシアンクッキー

e0326699_17253376.jpg


       無印良品の人気商品、ブールドネージュ
       スノーボールとも言い、宮本しばにさんの著書では
       ルシアンクッキー
       そもそもはスペイン菓子ボルボロンから由来するらしい

       ホロホロとした食感がたまらないクッキー♡
       耳の下がキュンとなるほど美味しいー
       そのさり気ない、キュートなルックスも乙女心をそそります!

       大抵のレシピでは、かなりのバターとアーモンドパウダーが
       入るのですが、しばにさんのレシピでは、極力バターを減らし
       コーンスターチと胡桃でヘルシーに工夫されています
       でもって、大満足の仕上がり♡

       バレンタインのプレゼントにも活躍しそう☺




       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2016-02-05 17:41 | Sweets | Comments(0)

かぼちゃスコーン

e0326699_075947.jpg


       宮本しばにさんの「さつま芋のスコーン」のレシピで
       かぼちゃのスコーンを作ってみたら、黒ゴマとの相性ばっちりで
       ほっこり美味しい~☺
       自然の甘味を生かしたナチュラルな感じが好き
       
       
       子どもの頃、ゴム跳びにハマりました
       ふたりで、輪にしたゴムの端を持ち、指10本、9本、8本・・入れて
       段々狭くなるゴムの間を跳ぶ、二重とび
       いつでもどこでもゴムと少しのスペースがあれば出来る
       無性に熱中した遊び

       何でもないことに夢中なり
       狭くなるゴムとゴムの隙間に、集中するスリル
       ある一時期、エンドレスに続くひとつの遊び
       それは何年経っても、楽しかったなーと思い出す

       お菓子作りもそれと似ている
       来る日も来る日も繰り返し
       楽しくて仕方ない
       毎日の生活が人生のベースであれば
       好きな遊びは生活の中心
       活き活きとした子どもの感性をキープするための
       大切な時間

       学校での休み時間
       長い休日
       学校から解放されて、好きな遊びが出来るとき
       子どもは活き活きとしている
       活き活き元気が一番

       何よりも大切なのは
       元気であることだから

       ほっこり美味しいスコーンを頂くと
       じんわり元気になります☺
       元気になると活き活きとして
       幸せになります♡







       
       

       
       
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2016-01-12 00:21 | Sweets | Comments(0)

Nuts&coffe cake

e0326699_23183896.jpg


       宮本しばにさんのレシピで、挑戦!
       このケーキも基本混ぜるだけ
       植物油を使う生地をしっとり、ふんわり仕上げるコツは
       力を入れず、やさしく、軽めに混ぜること
       粉と油分+水分を混ぜる時
       泡だて器ではなく、菜箸やスプーンなどで混ぜたりします
       完全に混ぜ込まなくとも、少しくらい粉が残っていても
       気にしないほうがいい位です

       パンケーキの生地を混ぜるときも
       生地を練らず、菜箸で切るようにすると
       ふんわりと焼き上がります
       グルテンをなるたけ作らない為に

       しばらく、しばにさんレシピが続きそう・・(#^^#)


e0326699_013092.jpg


       
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2016-01-10 23:22 | Sweets | Comments(0)

さつま芋スコーン&カントリークッキー

e0326699_15364136.jpg


       新年早々、胸高鳴る出会いです♡
       料理家、宮本しばにさんの著書「焼き菓子レシピノート」
        ~卵なし、バターや乳製品をひかえめのレシピ集~

       しばにさんは20代前半からヨガを実践するベジタリアン
       でもって、よくあるガチガチなビーガンレシピではなく
       必要に応じて、バター、乳製品も使用するタイプ

       いくつか、レシピを試しに作ってみましたが
       BINGO!!!
       
       その理由
       ①身近な材料でできること
       ②手順が簡単
       ③野菜、果物、ナッツ、豆腐、植物油などヘルシー系安心材料

       家庭で作るお菓子は、身近な材料でささっと簡単に作れ
       安心材料であることが肝心
       しばにさんのレシピは、見事それらをクリアし
       かつ、美味しい仕上がり

       卵は使わないので、泡立る手間もなく
       ほぼ材料を混ぜるだけ
       ストレスフリーで心にもやさしい

       アメリカに居た頃、Potluck partyで
       素朴で美味しいデザートをよく頂きました
       食事のあと、小腹がすいた時、お茶の時間に
       ほっこり甘いものが少しあれば、幸せです♡
       
       しばにさんは、お料理ワークショップなどもされているようで
       いつか、どこかでお目にかかれるといいなー
       お料理を通して、つながり
       響く感性
       広げて行きたいもの




       

       

       
       

        

       
       
       

       

       
[PR]
by miyukita-ka | 2016-01-10 15:56 | Sweets | Comments(0)

お菓子作り

e0326699_14563180.jpg


       好きなことは、やめられませんねー
       暇さえあれば、どんなパン、お菓子を作ろうかと
       朝から、ワクワクします
       しかし、食べる量と作る時間には限りがあり
       頭に想い浮かぶもの全てを作る訳にも行かず
       材料を見て、バナナが熟れたらバナナケーキを
       かぼちゃの煮ものがあれば、かぼちゃパンを
       オートミールの余りものがあればカントリークッキーなど
       適当に組み合わせて作ります

e0326699_15114960.jpg


       「お菓子作りは、後片付けが面倒で・・」と言う人がいます
       しかし、好きなこと、やりたいと思えば、なんのその
       全く苦にはなりません☺
       重い荷物を背負い、山登りをする人もいます
       早朝、寒い中、釣りに出掛ける人もいます
       子どもは、遠足の日は、早起きします

       やる気、楽しみは、人を駆り立て
       不思議な力を引き出します


e0326699_15232077.jpg

       
       子どもが遊びを通して
       筋力、平衡バランス、ジャンプ力、握力、柔軟性
       音感、リズム感、手先の器用さ、果ては社会性まで
       自然に身につけるように
       身から自然に出たことは
       いつの間にやら、何かカタチとなり
       身についてしまいます

       「覚えなきゃ」「やらなきゃ」と意識してすると
       覚えても、すぐに忘れてしまう
       やりたいと思うことを、そのまま自然にする
       好きな歌を覚えるように
       何年経っても、ふと口づさめるような
       そんな身につけ方がいい

       それが天分かな?


       


       
       

       
[PR]
by miyukita-ka | 2016-01-10 15:35 | Sweets | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30