木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Music( 23 )

G線上のアリア♪

e0326699_1465048.jpg


       →"G線上のアリア"  J.S.バッハ作曲

        音楽はハーモニーそのもの
        名曲は何度聞いても、心奪われ
        それまでのとめどない思考が停止し
        体全体を、メロディーに包む力があります

        曲を作るのも
        それを演奏するのも
        一点の曇りでもあれば
        ハーモーニーは生まれず
        至高の集中力と心がひとつになるとき
        その美しい時空間が生まれる奇跡

        何百年経っても
        人の心を奪い続ける音楽
        目には見えないけれど
        美しいと感じることの
        幸せ♡
        
        厳しい現実からの
        ひとときの逃避
      
        美しいものを感じ
        受け取り
        それを人に還せたら
        少しでも安らかになるだろう

        どんな時代でも
        平安を作り出そうとする人がいる

        "美しいものだけを見なさい"
        by Martha J. McClintock、イラスト 葉 祥明
        そんな絵本もあるらしく
        拝見してみたいもの


        
        
               
        
        
        

       
[PR]
by miyukita-ka | 2016-03-09 14:46 | Music | Comments(0)

日々♪

              大好きなパン&ミルクティーで始まる日々に感謝
e0326699_1642522.jpg


       →『日々』  by吉田山田

        おじいさんは、おばあさんと
        目を合わせ、あまり喋らない
        寄り添って来た月日の中
        ただ幸せばかりじゃなかったんだ

        分厚いガラス眼鏡 手のひらの皺
        写真には写らない思い出 笑い出す2人
        
        出会った日 恋に気づいた日
        結婚した日 別れたいと思った日

        子どもを抱いた日 手を離れた日
        溢れる涙よ これは幸せな日々

                          おじいさんは おばあさんを
                          呼ぶときも名まえじゃ呼ばない

                          お気に入りのニット帽
                          おばあさんが編んだ

                          子どもの頃のように
                          ありがとうが伝えられない
                          
                          怒った顏がいつもの顏
                          ただ嬉しいときには口笛吹く

        泣かせた日 家を出て行った日
        抱き合えた日 背を向けて眠った日
   
        希望を持たせた日 それを恨んだ日
        溢れる涙よ やけにデコボコな日々

                          おじいさんは体をこわして
                          おばあさんは、独り泣いた

                          伝えなくちゃ大切な気持ち
                          いつも毎日本当に

        出会った日 恋に気づいた日
        結婚した日 別れたいと思った日

        子どもを抱いた日 手を離れた日
        溢れる涙よ これは幸せな日々

                
                 涙の数だけ きっと幸せな日々


                    ********

        素敵な歌とメロディー『日々』
        前回の『母のうた』も、素直な気持ちが表せない
        もどかしさが描かれていました

        「人の悪口を言ってはいけません」
        「みんなと仲良くしましょう」
        「悪いことをしたときは、ごめんなさい」
        「何かしてもらえたら、ありがとう」
        「朝起きたら、おはよう」
        「お話を聞くときは、目を見なさい」

        幼稚園でのお約束ごとのようなことが
        大人になると何故か出来なくなる
        こと身近な人には
        本当のいい気持ちを伝えるのは億劫で
        毒を盛るような発言は、なぜかしら簡単

        そもそも『日々』が多くの人の心に響くのは
        その想いがぴたっと重なるから

        ”伝えなくちゃ大切な気持ち
        いつも毎日本当に”

        人間、年を重ねると心も身体も堅くなり
        辛辣になりがち

        "涙の数だけ、きっと幸せな日々”

        人はいつも未完成だから
        失敗も認めて、人生を肯定しているところが
        この曲の素晴らしいところ

        そこが、多くの人の心をキャッチし
        やさしく包み込むところかな?



        
        
        
  
       
        

                          
                          
[PR]
by miyukita-ka | 2016-02-29 16:10 | Music | Comments(0)

母のうた♪

                   ☆今年の友チョコ☆              
e0326699_17394355.jpg


       →『母のうた』  by吉田山田
 
       ”空いたミネラルウォーターの
       ラベルのないペットボトルに
       煮だした麦茶入れる母の
       口うるささが恋しいです
       ホントは優しくしたくて
       何故だかいつも出来なくて
                      駅まで向かう帰り道
                      自分の幼さが嫌になる
                      あと何年 あと何回
                      あと何年 あと何回
       ・・選ばないまま受け入れて
       足りないまま寄り添って
       手垢のついた月日が
       頑なになった心を
       解かしてゆく”

       
       ラジオから流れる歌に、不意に心奪われ
       それまで考えていたこと
       繰り返し心をよぎるつまらない感情が
       ストップして
       ひたすら音楽に聞き入ることがあります

       吉田山田さんの「母のうた」
       大切に思いながら、素直になれない
       そばにいると、反発する
       母と子は、そうやって
       くっついては、離れ
       手垢まみれになりながらも
       心の底では、つながり続ける

       お互いの未熟さを受け入れ
       好き嫌いを超越した
       すべてを許し合える存在

       母と子のつまらない日々のバトルこそ
       絆あるゆえのこと
       
       いい歌に聞き入るとき
       全神経が音楽に集中し
       それまでのとめどない思考がピタっと停止し
       心休まります
       音楽のリラックス効果とは
       そーゆーことかと・・

       吉田山田さんの『母のうた』
       アコースティックでシンプルなメロディーが
       より、すーっと心に入って来ます♪





       
       
       
       
       

       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2016-02-23 17:58 | Music | Comments(0)

SHE♪

e0326699_14585086.jpg


       車の運転をするとき、不意にラジオから流れる曲に
       心惹かれることが度々あります
       車で、時間と空間を駆け抜けるとき
       何か特殊な次元にいるような感覚があり
       より神経が敏感に働き
       より音楽が美しく感じられます*
       

       ♪”SHE" by Elvis costello
       映画「ノッティングヒルの恋人」の挿入歌
       Costelloという名前からするとイタリア系かと思いきや
       アイルランド系に多い苗字らしく
       父方の祖母の家系の名を取り、彼自身はロンドンの生まれ
     
       アイルランドという土地は、ほんの小さな島でありながら
       幾多の著名なミュージシャンを輩出している
       長く暗い冬の間
       室内で楽しみを見つけざるを得ない環境のせいだろうか
       
       ビートルズを始め、戦後の若者に多大なる影響を与えた
       英国の音楽
       英語が世界語になったのも
       音楽の影響が少なからずあったのかもしれない

       Castelloの魅力的な声とボーカルと
       やさしく、どことなく切ないメロディーがマッチして
       心に残る名曲

       "She" 1999年の作品ですが
       時を超え、何度耳にしても、素敵な歌声とメロディーは
       永遠に心に響きます♡

       
 
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-10-17 14:59 | Music | Comments(0)

♪夕照コンサート

e0326699_14422468.jpg


       今年も存分に楽しませてもらいましたー
       ”第23回夕照コンサート” @龍谷大学瀬田学舎、瀬田ドーム
       音楽好きにはたまらない

       ”A special concert of students,by students, for all the
         people in the community and related."

       子どもたちが吹奏楽を初めて以来
       幾度となく、様々な音楽イベントに参加させてもらい
       その中でも、龍谷大学学生さん方主催による
       夕照コンサートに出会えたことは思わぬ恵みというべきもの

       滋賀県地元の小中高のブラスバンド、14校が集い
       開放的なドームのステージで、炸裂する音楽は
       観客を圧倒する迫力

       コンサートと同時に、学生さんたちによる模擬店も
       お祭り気分で、小さな子どもたちも楽しませてもらえます
       その盛大なイベントを主催するのが学生さんたちで
       大勢の学生スタッフの人たちが、元気よく取り仕切ってらっしゃる姿が
       なんとも言えず清々しい

       音楽の練習、イベントの準備
       すべて、並々ならぬ計画性、実行力、日々の地道な努力
       そして、それらを楽しむ心の余裕なしに、成功はありえないでしょう
       
       ”努力することは、素晴らしいことだ。しかし、自分が努力していると
        思っているうちはダメだ。そこには、まだ自分がやりたくない気持ちが
        残ってていて、それでも無理にやっているという不自然さがある。
        (中略)自分のやっていることが、自分にとって自然であると感じられる
        努力をしょう。それこそ努力の神髄であり、醍醐味なのだ。”
      
                         「努力論」 幸田露伴

       学生さんたちによる音楽イベントというのは
       プロのものとは、違う次元の楽しさがあり
       きっと、それは、彼らがイベントそのものを楽しんでいることに
       起因するに違いない
       
       伸び伸びと音楽に浸る彼らの姿が
       ドーム中に、福を撒き散らし
       それを受け取った観客は最高の気分になる

       幸田露伴がおっしゃるように
       地道な練習も、それが自然になればこそ
       一点の曇りのない、明るさとなり、ほんものになる
       若いうちに、そんなことを習得、体得出来れば
       きっと、それは大きな財産になるに違いない

       龍谷大学吹奏楽部による演奏では
       ♪タイプライターという曲が、コミカルでとても印象的
       タイプライター世代の私としては
       あの改行するときの、”チーン”という音が懐かしく
       レトロなマシーンを使っていた人にしか、あの曲の面白さは
       わからないだろうと、なんとなく得した感じ

       若い人の明るさ、無邪気さ、素直さ
       おじさん、おばさんにとっては
       それが何よりの贈りもの
       素敵な音楽イベントに感謝感激♡

       また来年も、楽しませてもらえることを願って☺

       Thanks million !!!


    
       

       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-08-30 16:00 | Music | Comments(0)

The wedding song ♪

e0326699_16205114.jpg


       ♪The wedding song by Kenny.G

       ふとした瞬間に、はっと美しいと思うことがある
       心が安らいでいるとき
       何気に耳にする音楽
       夕食の時、よく聞くKennny G.のアルバム "Breathless"
       その最後の曲が ♪The wedding song

       何度も聴いている曲なのに
       何故かある日、心に染み入るように美しいと感じた
       You tubeにUPされている結婚式の写真がまた感動的で
       若さゆえ、純粋に信じることの素晴らしさ
       前に踏み出すことの勇気、夢、希望、冒険
       そして一抹の不安
       明るいばかりでない憂いを秘めたメロディーが
       そんな心の内を表しているかのよう

       Kenny G. such a farbulous artist ♡
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-08-21 16:48 | Music | Comments(0)

松田聖子コンサート

e0326699_14104692.jpg


       先週末は、なんと!、いや、なぜか? 
       この年になって、まさか・・
       デビュー35周年記念 松田聖子コンサートへ行って来ました!( *´艸`)

       80年にデビューして以来、なんと35年!
       当初は「ぶりっこ」と揶揄されつつも、不動の人気を博し
       中高校生女子は、みんな聖子ちゃんカットを真似て
       クルクルドライヤーでふんわりサイドを流し
       前髪は真っ直ぐ下ろすという髪型が大流行!

       アイドル時代の聖子さんには、とくに興味をもつことはなく
       レコード(そう!CDではなく)を聴くこともなく
       関心を寄せることもなく

       しかし、時が過ぎ、彼女が50を過ぎた頃から
       なぜか気になる存在となり
       TVで拝見したり、歌を聞いても
       「いいなー」と思えるようになった

       コンサートに来ていたファンの方々は
       聖子さんのアイドル時代から、青春時代を共にして来ただろうと思える
       同年代の女性が殆どで
       デビュー当時は、若い男性ファンが多くを占めていただろうに
       今や、女性ファンが圧倒的に多いのは
       彼女の華のある生き方と、時を経ても少女のような"可愛らしさ"に
       心惹かれる人が多いのではないだろうか?

       確かに50を過ぎ、人生山あり谷ありを経験し
       また、多方面でアーティストとして力を蓄えても
       全く威圧感がない

       きらきらシンデレラのお城のバックステージで
       ロングドレスを着て登場しても
       ピンクのひらひらミニスカートの衣装を着て
       ステージを飛び回っても
       全く違和感がない

       50を過ぎて
       あれだけcuteな雰囲気がさらりと似合う人も
       珍しい

       最新アルバム "Bibiddi-Bobbidi-Boo"からのメドレーから始まり
       80年代のヒット曲をアコースティックで聞かせる場面
       ダンサーとコラボした、ミュージカルのようなステージもあり
       会場のファンの声を拾い上げ、トークするアドリブ場面も楽しく
       とても、可愛らしく、上品で
       お育ちのよさを感じさせるものがありました

       あっと言う間の2時間半が過ぎ
       なんとも言えない爽快な気持ちで大阪城ホールを後にし
       「来年もまた来たいなー」と

       80年代、高校生の頃
       50になった自分が、まさか松田聖子のコンサートに来るなんて
       想像もつかなかったこと

       聖子さんのこれまで歩んで来た軌跡と
       自分の関心が、どこか融合するものがあったのだろうか?
       

e0326699_15205540.jpg


       コンサート会場を出ると、外はまだ薄明るく
       美しい夕暮れ時に出会い
       川沿いをゆっくりと歩き
       大阪の都会の風景に浸りつつ
       思い出に残るコンサートにオマケのような美しい風景
       
       What a wonderful synchronicity !!!








              

       

       


       
       

       
       

       


                    
[PR]
by miyukita-ka | 2015-07-01 15:34 | Music | Comments(0)

加山雄三コンサート

e0326699_1544537.jpg


       先週末、琵琶湖ホールでの、加山雄三コンサートに行って来ましたー
       78歳にして、全国47都道府県を巡るファイナルコンサート♪

       永遠の若大将世代の方たちで、琵琶湖ホールは、ほぼ満席
       観客の皆さんは、若き頃の思い出のサウンドに
       自身の青春時代を重ね合わせ、とっても幸せそうでした
       
       シンプルなサウンド、分かり易い歌詞
       まるで唱歌のように観客が大合唱するシーンもあり
       時代は昭和の時代に逆戻りしたよう

       そもそも、このコンサートに是非行ってみたいと思ったのは
       Something greatというKeyword
       「人は何か大きな力に生かされている」という加山氏の記事を読み
       something clicked!
       
       音楽そのものは、親世代のもので
       コンサートがスタートするやいなや
       「父母と一緒に来たかったなー」と
       そうすれば、きっと喜んだだろうにと思えど
       母はもう居ず、父はあまり遠くには来れずで・・
       時を経て、思い出の音楽を聞くことで
       タイムマシーンに乗り、若かったあの頃に戻れるという
       音楽のなせる不思議なマジック

       年を重ねるということが、なぜにこんなにも差があるのだろう?
       そんな疑問をさらに刺激するかのような加山氏の姿
       体格よく、シャンとして、ギターとウクレレを弾き、歌い
       お喋りのテンポも、若者そのもの
       バックバンドがまた若い人ばかりでも、全然浮かず
       限りなく爽やかな感じ

       80歳を目前にして、準備されていることは
       24隻目となる、自らデザインによる再生エネルギー可能エンジン搭載の
       船で七つの海を渡ること
       「みなさんも夢を持ちましょう」
       「心が元気なら、体も元気になります!」というメッセージが心に残り
       子どもみたいに夢を追い続けることが若さの秘密かなと

       そんな壮大な夢を78歳にして、考え、実行に移しているのを知り
       くだらない、ちっぽけなことで一喜一憂している場合ではないなーと
       心がスッキリ☆彡

       「自分は何の為に生きているのか」
       「宇宙とは?」
       「自然に対する畏敬」
        ということに関心を寄せて来たということに
        自分自身、同感するものがあり
        やはり、something greatの巡り合わせで
        なぜか、今このときに、お会い出来たのではないかと

       二代目大スターならではの辛さ、不自由さも多々あれど
       自身の役目を受け入れ
       人生を謳歌するそのお姿は、恰好よすぎ!
       大スターであるにも関わらず、ギラギラせず、自然で、爽やかな印象
       生きる勇気と幸せのお裾分けを頂きました♪

       直感で進むと、本当にいつも面白いことに出会うなー☺


e0326699_16582560.jpg


       琵琶湖ホール2階から見えた琵琶湖
       とても美しいロケーションにあるホールです(#^.^#)
       
       
       

       



       
       
       
       
       
              
[PR]
by miyukita-ka | 2015-06-03 17:01 | Music | Comments(0)

Smile✨

              My胡桃パン まるっこくてLovely~♡
e0326699_163576.jpg


       尖ったものより、まるい方がいい
       堅いものより、弾力のあるほうがいい
       怖い顏より、笑顔がいい

       映画界の喜劇王、チャーリーチャップリン作曲
       "Smile"という曲
       マイケルジャクソンを始め、色んな人がカバーしていますが
       その英語のMelody&Lyricsはシンプルでありながら
       チャップリンらしい、深く普遍的な響きがあります*

       
       ♪Smile   https://www.youtube.com/watch?v=iu-rLA4POkI

       Smile, though your heart is aching   スマイル、たとえ心が痛んでも
       Smile, even though it's breaking    スマイル、たとえ心が引き裂かれても
       When there are clouds in the sky    空に雲がかかっても
       You get by               大丈夫

       If you smile               微笑めば
       through your fear and sorrow      悲しくて、怖くても
       Smile, and maybe tomorrow      微笑めば、きっと明日は
       You'll find life is still worthwhile     人生は捨ててたもんじゃないと思える
       If you just               もし・・

       Light up your face with gladness    微笑めば光が差し込み
       Hide every trace of sadness       哀しみの影を消してくれるよ
       Although a tear may be ever so near  涙がそこまで込み上げて来ても
       That's the time you must keep on trying そんな時こそ頑張るときだよ
       Smile, what's the use of crying     笑って、泣いてもどうにもならない
       You'll find that life is still worthwhile  人生はまだまだ価値あるとわかるんだ
       If you just・・             もし・・

                           (訳はYou tubeより抜粋)

             

                 *******

       チャップリンは精神を病む母を笑わせようと
       いつも面白いことを考え出そうとしていたという話は
       あまりにも有名
       貧しい幼年時代から、ハリウッドスターに上り詰めた
       彼の必死の努力の根底には
       どん底生活があり
       それでも卑屈にならず
       バネにして、才能を磨き続け
       世界中の人を笑わせた
       Smileの伝道師

       顔の表情というのは
       とても正直で
       怒りながら微笑むのは到底無理で
       怒られて嬉しい人はいないだろうし
       怒って気持ちいい人も滅多といない

       怒ると心と体が緊張し、体を毒するホルモンが出て
       その興奮状態が長く頻繁に続くと、自らの身体を蝕ばんでゆくという
       逆に笑うと、身心ともにリラックスし、幸せホルモンが出て
       白血球のナチュラルキラーが活性化し、免疫力UPするという

       だからSmile♡
       健康になりたければsmile
       周囲を幸せにしたければsmile
       Smile療法たるものもあるらしく
       何ごとにも代えがたい幸せの薬

       チャップリンは厳しい現実をsurviveすべく
       創造力をフルに回転させ、前を向く必要があったのでしょうね
       Smile♪
       子どもたちは笑顔の大先生!
       見習わなくては・・
       



       
       

              
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-03-12 16:58 | Music | Comments(0)

Jazz vocal lesson♪

                 ”愛しの黒パン”
e0326699_22302597.jpg


                ??朝食の幸せ??
              ①黑パンを薄めにスライス
              ➁チーズとハムをのっけて
              ③オーブントースターでカリッと焼く
              ④自家製イチジクジャムをちょこんと載せて頂く

             朝は余裕もち、ゆったりと幸せな朝食をとるべし!
             素敵な一日のスイッチがONに☺

                   ***

             今年も残り僅かとなり
             振り返ると、早かったー
             年を重ねると、月日が早く過ぎると聞くけれど
             本当にそう!
             しかし、今年は新たな挑戦と素敵な出会い満載で
             本当に楽しい&面白い年となりました*
             何にどう感謝したらいいのやらわからない位

             ただ年を重ね朽ちてゆくのではなく
             好きなことをして発酵してゆく
             自分の心地いいことをすれば
             不思議と色んなこと&人につながり
             人生がどんどん広がってゆく感じ

             先日、念願のJazz vocal lesson♪へ行って参りました~
             Jazzが好きで、英語の発音が出来るので
             どーにかそれを生かせないかと
             Simone先生の一日体験へ

             Jazzは唱歌ではなく
             語るように歌う
             演歌の鼓舞しと少し似ていて
             半テンポ置いて歌い始めたり
             息をためてタラタラ~っと歌っては
             伸ばすところは伸ばしたり
             アレンジ自由なのが楽しい??
             また、ひとつ楽しみが増えたぞー(*^^)v

             もともと、歌はあまり得意ではないのですが
             Jazzとなると、ちょっと頑張ってみようかなーと
             歌は、無心になれるのがいいし
             脳の血流もよくなるというから
             きっとアンチエイジング効果も期待できるかも(^_-)-☆

             
    
             

             

       
[PR]
by miyukita-ka | 2014-12-10 23:25 | Music | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31