木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

いちごロールケーキ??

              7才になった息子のバースデーケーキ
e0326699_6293612.jpg

           

            クリスマスケーキと同じく山本麗子さんの”ふわふわスポンジ生地”で
            ふんわり、美味しく焼けましたよ~(*^-^*)
            

            

              シャンティにカスタードを重ね、フルーツのっけて・・
e0326699_6343052.jpg


            クリームとフルーツは控えめに
            あまり欲張ると、クルクル巻き終わりにはみ出してしまいますから
 
            

                 

                   
                  切り口はこんなキュートな感じに??
e0326699_6382342.jpg


            12月26日生まれ
            ケーキが一番売れない日に生まれた息子
            クリスマスケーキが手作りであったので
            お誕生日ケーキは買おうかな?と思いきや
            息子は「お家のケーキがいい!」と主張・・
            それで、シンプルロールケーキを作ることになりました!

            華やかで洗練されたお店のケーキも素晴らしいけれど
            やっぱり「お家ケーキ」がほっこりします(*^^*)
            体と心、そしてお財布にも?やさしい「お家ケーキ」
            どこにも売っていないお家スイーツを子どもたちが
            リクエストしてくれるのは幸せなことで・・
            美味しいと食べてくれる家族がいる限り
            母さん、ぼちぼちスイーツ研究続けます☆

            生まれてから、7年
            色々とあったようにも思いますが
            健やかに、食べて、寝て、学校に通えることに感謝し
            これからも、ずっと元気でいてね!と願うばかり
            
            元気でさえいれば、それで全て◎!
            どんな風にこれから育つのか、どんな青年になるのか
            ずっと見守って行けるのを楽しみに、母も元気でいたいなぁ~??

            

            
            
            

                        
[PR]
by miyukita-ka | 2013-12-31 07:15 | Sweets | Comments(0)

クリスマスケーキ??

               今年もクリスマスケーキ焼きました!
e0326699_16274728.jpg

           
            ここ数年、母と長女コラボのクリスマスケーキ作りが恒例となり
            母が、前日にスポンジを焼き、当日長女がデコレーションを担当
            流石、高校生にもなると、なかなかやるもんです!


                   切り口は、こんな感じ
e0326699_1633324.jpg
 

            長男のリクエストで、スポンジはココア味に
            苺、キーウィ、バナナをサンドし、いと美味しい~

            スポンジはジェノワーズではなくビスキュイ
            山本麗子さんの’ふわふわのスポンジ生地”というレシピで
            卵黄と卵白を別立てにし、バターは入れず
            卵白の泡がしっかり残る為、シフォン風のふんわり軽い仕上がり
            ジェノワーズに比べ、粉が少なく、卵が多いので
            初心者でも、ふんわりと出来上がりますー♪
            鉄板で平らに焼くロールケーキ生地を18cmスポンジ型で焼く為
            しっとりふんわり感がUP! 
            これまで、幾度となくジェノワーズ生地に挑戦しては失敗し(/_;)
            シフォン生地にしてみたりもしましたが、ここの所、この生地に
            落ち着いております。
            家族の皆、喜んでくれてHappy~♪

            世間には、美味しいケーキは山ほどあれど
            手作りケーキの味はまた格別のもの!

            ➀イメージを膨らませる 「どんな風にしょうかな?」
            ➁家族と意見交換    「スポンジはどんな味に?」
            ③いつ作る?       母と娘のスケジュール調整
            ④材料調達        サンドするフルーツ、クリームなど
            ⑤製作          ワクワクすると、より美味しく!

            
            ケーキは色んな作業とパーツの組み合せ
            ひとつひとつのプロセスを積み重ねて仕上げるもの
            手作りすることにより、その層となるプロセスを見ることになり
            ケーキの中を冒険するようなもの
            あの凝縮されたスモールワールドの中に未知なるものがいっぱい!
            手作りすることによってしか見れない触れることのない楽しい世界

            それが手作りの醍醐味かな?
            今年のケーキは本当に美味しかった・・
            スポンジのふんわり感とクリームのしゅわしゅわ感が絶妙で
            あとを引く美味しさでした!
            美しくデコレーションしてくれた長女にも心から感謝~??

                                         
            
            



            
            
            
           


            
[PR]
by miyukita-ka | 2013-12-29 07:45 | Sweets | Comments(0)

お菓子作りの行間

e0326699_15381541.jpg
お菓子づくりの
合間に
ハッとする瞬間
がある

艶やかなツノの
立ったメレンゲ
の美しさ

シュワシュワっと
した感触

目が留まり
手が止まり
時間もストップ
したような
Beautiful
moment!


e0326699_15483054.jpg
完成したものが
全てではなく

プロセスに目を
やれば

そこにも
キラめきがある

これから
どんなものに
なるのだろう・・

すべての段階に
大切な意味があり
美しさがある


              結果が早く見たいというのが人間の常
              早く行きたい、早く着きたい、早く食べたい、早く寝たい?
              早く、早くという衝動はなんだろう?
              早くすれば、得をしたような気がするから?
              アレもコレも、一杯こなすことが出来るから?
              しかし、早く出来てしまうものには、それなりの価値しかない
              ということに、最近気づいた

              パン作りがまさに、そう
              天然酵母でしかも低温でじわぁーっと長時間寝かしたものと
              イーストでさっと作ったものとでは
              比べものにならないほどの違いが結果に出る

              天然酵母の長時間発酵による旨み、きめ細かな生地
              そして日が経っても、パンの風味が落ちない

              イーストは短時間発酵で、急ぐときには便利
              しかし劣化も早い

              ことの道理は上手くなっているもので
              ゆっくり時間をかけると、それなりの価値あるものとなり
              耐久性がある

              一方、時短ですると、その場しのぎになりがち

              出来たら、ゆっくりと、焦らず、じっくりと
              生活の行間を冒険したい

              ”人生の意味は行間にあり”と、どこかで聞いたような
               気がする

              ひとつ、ひとつ小石を積み上げるように
              プロセスで偶然出会うハッとする瞬間を楽しみながら
              日々を過ごせたらと思う

              
              
[PR]
by miyukita-ka | 2013-12-28 16:25 | Essay | Comments(0)

お家ランチ♪

                  久しぶりのランチ会♪
e0326699_14374443.jpg

        年の暮れが近づくと、お礼の手配、やろうと思いつつ延び延びとなっていること
        心の中の精算すべきことが気にかかります
        その中でも、お友だちとのゆっくりとしたお喋り
        それも大切な思いのひとつ

        子どもたちが見つけ、つないでくれた大切なママ友
        6年生になる真ん中の子の幼稚園時代に出会った母たちは
        ステキな巡り合わせが多く、今も細々とつながっている
        久しぶりなので、ゆくりとお話したく、お家に来てもらうことに

        ♪Menu
         チリコンカン
         紅イモと柿のサラダ ゆずドレッシングがけ
         ミックスビーンズと牛蒡のサラダ         
         かぶらの千枚漬け
         大根の漬物
         黒豆ごはんのおにぎり
         玉ねぎスープ

         デザートはママ友お手製ヨーグルトケーキ(ありがとうー!(^^)!

         ゆっくりとごはんを食べながら、とめどなく色んなお話に花が咲き
         大きくなった子どもたちの成長を確認しつつ
         有意義な時間の流れ

         何年経っても、一緒にごはんを食べれる幸せ
         寛ぎながら、ゆっくり、そしてワープしたように早く過ぎる時間の不思議さ
         出会えてよかったな・・
         これからもヨロシクとお互い感じた大切な時間

         また、ゆっくりとした時間が必要なとき
         来てもらおう♪
         その日の為に、お料理もぼちぼち頑張ろう・・
         ありきたりだけれど、ほっこり時間を演出するお料理
         それがマイスタイルかもしれない??

         Please come back, my friends!
         You are always welcome!!!
         

         


        
        
[PR]
by miyukita-ka | 2013-12-27 15:11 | Cooking | Comments(0)

カフェテリア結

                ボリュームたっぷり 樹々ランチ
e0326699_1621465.jpg

          Blueberry fields 紀伊國屋30周年記念スタンプラリー
          3番目のレストラン 成安造形大学内にある ”カフェテリア結”          
          これまた大満足!

          大学構内にある素朴でオシャレなレストラン
          学生、地元の夫婦連れ、家族連れで満席状態
          学生、先生、職人さんが、地域の山林、稲藁、土などを
          組み合わせ、建設されたのだそう
          まさに造形大学らしい?

         

                    外観はこんな感じ
e0326699_615928.jpg

          
          Blueberry fields 紀伊國屋がプロテ゜ュースする3店舗に共通する
          木のフレームにガラス張り、見晴しのよいロケーション
          太陽の光と周囲の自然が一体となり食事を楽しむという環境
          そして地域の「つながり、人の輪」を広げる交流の場であるということ
          この日も、クリスマス時期であったので学生さんサークルによる
          アカペラコンサートがありました

e0326699_628473.jpg

          
          さりげないプチステージで、学生さんたちも素直な感じ
          身近にこんな発表の場があれば、練習もステージ企画も
          楽しいだろうなと


          
                   外に出るとこんな風景
e0326699_6371751.jpg


          琵琶湖が見渡せる丘の上にあり
          カラフルマンが、デッキに座り、湖を眺めているオブジェがまた
          芸術大学らしく面白い


                建物の手前は広々としたスペース
e0326699_6412690.jpg

          子どもたちは、こんなところに来ると、必ず走り回るんですよね(*^-^*)
          小学生の頃、運動場や体育館に入ると、「走れ!」のスイッチが入り
          意味もなく走り回っていたことを思い起こします・・

          ところで、ランチのお味の方はというと
          ??樹樹ランチ
            天然酵母パンのクロックムシュ風    パンのもちもち感が印象的!
            大根と人参のサラダ            どっさりボリューム満点!
            カボチャと人参?のポタージュ      とろとろ濃厚で美味!
            
          ??棚田ランチ   メインはポークでしたがボリュームがあり美味しそうでしたよ!
                      ごはんは玄米か五穀米を選びます
          ??カレー     甘口のキーマカレー風
                     キンピラが上にのっかっていて、オシャレ~
          ??デザート    シフォンケーキ、胡桃のケーキ、ブルーベリーのクラムケーキ

          どれもこれも、やさしい味で、Blueberry fieldsプロテ゛ュースらしい
          素材がメイン! 調味料は控えめな感じ
          お家ごはんに限りなく近い、ほっこり系で、大満足!
          またお財布にもやさしく、デザート、ドリンクを合わせても1000円ほど
          我が家からは車で1時間位かかりますが、また絶対来る!と思います(*^-^*)

          また、Blueberry fields、ソラノネ、カフェテリア結に共通することは
          スタッフの皆さんが決して若くなく、飾り気はないけれど
          自然でさりげなく、温かいおもてなしの出来る感じ
          そういったところも、アットホームでほっこり寛げるわけです

          I really love the way they serve us.
          They have a special atmosphare to be relaxed!

          


       


          
[PR]
by miyukita-ka | 2013-12-27 14:34 | Essay | Comments(0)

Palette

            ??パレットのバナナケーキ 優しい~味でした??
e0326699_1512314.jpg


            高1の娘と久しぶりのお買い物
            3人いると、ひとりの子とface to faceに向き合うことがなく
            たまには時間を作り、お出掛けすることにしている
            春から高校生になり、自転車で30分かけて通学
            雨の日はカッパ着て、暑くとも、寒くとも自転車で
            途中、キレイな夕焼けに出会ったり、虹を見つけては立ち止まり
            写真に収めたり
            毎日の通学路には、色んな出会いがあるらしい
            「かわいい子には旅させよ」のごとく
            余計な心配することなく、彼女なりの歩みを見守りたいと思う

            お買い物の後、前から気になっていたパレットのランチへ
            滋賀県発、安心素材、「100年素材」がモットーのお店
            つまり親子孫3世代に渡り、100年以上前から食された食材のみを使用
            100年前には存在しない、マーガリンや添加物などは使わない
            シンプルでわかりやすいルール・・と前田オーナーのお言葉

            なるほど、この100年の間に世界は大きく変わり
            食生活も激変している
            ケーキもひと昔に比べて、飛躍的に美味しくなったけれど
            添加物で膨らませたり、食感をよくしたりと
            何も知らない消費者は、騙されている?とも言える
            インチキするのは簡単
            しかし、こだわりを持って信じた道を行くのは至難の業ではないだろうか?

            娘はエッグベネディクトパンケーキランチ
            私はそば粉のガレットとプチパンケーキのついたのを頂き
            やさしくて、美味しくて、写真をとるのをうっかり忘れ・・

            エッグベネディクトにはマフィンがつきものですが
            あえて、パンケーキを合わせたのだそう
            ふんわりシュワシュワの食感のパンケーキにオランディーズソースを
            合わせてあり
            そのやさしい味のソースがパンケーキのシュワシュワ感を引き立てて
            なんとも言えない幸せ感??
            そば粉のガレットもシンプルで、美味しく頂きました!
            
            素朴な木のぬくもりの感じられる内装とゆったりとした空間
            陽のあたるテーブル席
            シンプルでやさしいお料理
            ゆっくりと娘と時間を過ごすには、理想的な雰囲気

            ランチだけでお腹いっぱいになった私はデザートは頼まず
            別腹の大きい娘はパナナケーキを
            ひとつしか頼んでないのに、フォークを2つ付けてくださった
            お店の何気ない心遣いにほっとして・・
            店員さんの接客もほんわかやさしい~(*^-^*)

            やさしくされたら、誰かにやさしく出来る
            そんないい循環の輪を感じとり、なんとなくいい気分
            滋賀県らしいゆったり感・・やっぱり好きだ??







            
                          
                                    
            
            
[PR]
by miyukita-ka | 2013-12-21 16:18 | Sweets | Comments(0)

年末の空気

           シンプルな胡桃のケーキ 素朴な感じが好き??
e0326699_1572738.jpg


           今日からクリスマスを前にした3連休
           気が付けば今年も残り少なく、12月とは師走という言葉のごとく
           走り去って行ってしまいます(/・ω・)/
           アレもコレもと忙しく
              
             「やらなければいけない」 > 「やりたいこと」 状態

           自分の中の子どもが
              「遊びたいよ~自由にしてくれ!」と叫ぶも
           私の中の色んなペルソナが
              「お願い、ちょっと待って!もうすぐ遊んであげるから」と
           我慢させている状態

           何でしょう?この年末からお正月にかけての空気は?
           子どもたちにとっては楽しみな時節ですが
           仕事や家事をする大人にとっては、目には見えない締切や
           ノルマが強迫的に迫って来る雰囲気

           地球が自転する速度や太陽や星のキラメキはいつも同じなのに
           「忙しい」という言葉は心を亡くすと書きますが
           まさに、人間の心が作り出したものが、心を亡くす結果になるという
           パラドックスが滑稽

           忙しいときは、心から離れて、空を見上げる
           そうやってバランスを取ろう

           今年のクリスマスケーキはどうしょうかな?と考え中・・
           アレもコレもと忙しいけれど、そんな楽しみも混在していて
           さぁ、年末にかけて、もうひと踏ん張りするぞー!           

              

              
[PR]
by miyukita-ka | 2013-12-20 15:04 | Essay | Comments(0)

黒豆パン

               パンが焼きあがる至福のとき♪
e0326699_5505196.jpg

          最近、マイブームの黒豆パン
          春よ恋とホシノ丹沢天然酵母の相性抜群!
          ほんのり甘く、きめの細かい生地のシンブルな仕上がり
          赤ちゃんの肌のようにやさしくもちもち??

          食べる時より、もしかしたら、焼きあがった瞬間が好き
          香ばしい香り、ふんわりふっくら愛らしいかたち
          ほんのりキツネ色が眩しい・・
          何度焼いても、心満たされる瞬間
          至福というのは、こういうことを言うのでは?
          ステキな服や欲しかったモノを手に入れたときとは全然違う
          じゅわぁ~と自分の内からこみ上げる歓び
          誰のためでもなく、仕事でもなく、純粋な楽しみ
          それを遊びというのだろうか?
          パン作りは、そんな密かなひとり遊び
          また、それを美味しいと言ってくれる家族やお友だちがいて
          なお嬉しい~(^^♪
          
          これから何になろうかと夢見て、勉強したり目標を立てる
          思春期の子どもたち
          母の願いはひとつ・・
          自分が無条件無目的に幸せになれる何か好きなことを見つけて・・
          一見何の役にもたたずとも、これが好き!この瞬間!という
          遊びを大切にして欲しい
          それが自分の基地になると思うから
          嫌なことがあっても、そこにはいつも輝きと幸せがあるから
          ささやかな、自分を解放する時間

          実は、この黒豆パン、フードカッターで初めて捏ねました!
          いつもはホームベーカリーで捏ねるのですが、何故か羽が回らず
          故障の危機にプチパニック(/_;)
          そうだ!フードカツターでも出来るということを思い出し
          気を取り直してチャレンジするも・・
          意外にも簡単に3分ほどでいつもの生地が捏ねあがり
          はたまた抜け道を発見したようで、Lucky~??
          ピンチはチャンス!とはこういうことかと・・
          
          機械の修理に明るい夫のお蔭でホームベーカリーも復活し
          17年使い続けている記録がまだまだ更新しそう(*^-^*)

          この黒豆パン、オーブンで8分目位まで発酵させ
          一晩、冷蔵庫で寝かし、じわじわと一次発酵させた為か
          とってもきめ細かく、もちもち上出来でした!
          発酵はやはりゆっくりがいいみたいですね(^_-)-☆

          朝から、子どもたちと美味しいパンにありつけて、幸せでした!
          また、作ろうっと!
          


          
          

          

          
[PR]
by miyukita-ka | 2013-12-13 15:26 | Breads | Comments(1)

天に召された先生

                広いお空のどこかにいるのかな?
e0326699_1423029.jpg


         私の母校である大阪女学院から便りが届き
         学生時代、尊敬し、とってもチャーミングだった先生が
         天に召されたことを知り、ショックを受けている
         大阪女学院には、尊敬すべき先生方、そして素晴らしいスタッフの
         皆さんがたくさんおられ、そんな学校で学んたことが、その後の私の
         人生の幸運の始まりではないかと思えるほど影響を受けた

         智原哲郎先生
         英文法を教わり、その軽やかな雰囲気と、一風変わった例文の引用が
         とても印象に残る
         elope(駆け落ちする)という、英文法の教科書にはまず出てこない単語を
         覚えたのが智原先生の著書からだった
         そんな型破りではあるが、実際に役立つ単語と日常表現に満ちたクラス
         堅苦しい英文法も智原先生の面白い材料と味付けで、ガラリと印象が
         変わったように思う

         若い人が何かを学ぼうとするとき、格好いい大人をモデルにすることが
         よくある
         智原先生は、そんな憧れの大人のひとりだった
         私だけでなく、多くの女学院の学生も同じく影響を受けたことだろう

         四半世紀以上も前のことではあるが
         鮮明に先生の授業の雰囲気を思い出すことが出来る
         学生にとって、つまらない授業は監獄に入れられたのと同じ
         しかし、面白い興味を引く授業というのは天国のよう
         どんな時間の展開をするかは、それをリードする大人の雰囲気で決まる
         智原先生からは天国の時間をもらった
         師への恩というのは、本当に返せるものではないと思う

         先生から頂いた大切な時間を胸に
         次世代の若い人たちの励みとなり、私自身出来ることを精進し
         支え、貢献し、お互い成長してゆくことが
         せめてもの先生への恩返しとなるように思う

         智原先生、心から、感謝⁂

         


         
         
[PR]
by miyukita-ka | 2013-12-10 15:19 | Essay | Comments(0)

手作りの美味しさの秘密??

        手作りクッキーはどうして、こんなにも美味しいんだろう?
e0326699_13252434.jpg


        私が、仕事で留守中の週末
        小6の娘が父親と一緒にクッキーを焼いた
        シンプルな型抜きクッキー
        今の世の中、美味しいクッキーはいくらでもあるけれど
        素朴な手作りクッキーに勝るものはないと思っている
        事実、手作りクッキーの売れ行きはズバ抜けていて
        ぼやぼやしていると、あっと言う間にクッキージャーが空に・・
        なんだろう?その美味しさの秘密は・・?
        
        ➀余計な添加物は何も入らず、ケミカルな風味がない
        ➁手作りならではのランダムな生地の混ざり方が素朴でいい
        ③材料準備から、焼き上げまで、トータルなプロセスがある
        ④心と頭を使って作れる
        ⑤出来た!という達成感がある

        つまり、買うことでは味わえない、プロセスが生地に練りこまれ
        その創造的時間のなせる業ではないだろうか?
        ☆買う⇒食べる  食べるまでに至るプロセスがない!

        虎の巻を見て、数学の問題を解くのと
        自分で考え、悶えて、やっと解けた時の達成感も全然違うもの

        結果を急ぐあまり、プロセスをないがしろにすることにより
        得るものが少なく、満たされることがない
        インスタント食品やファーストフードを食べると、そんな感じが残る

        手作りクッキーの謎、美味しさの謎
        その秘密の正体は、はて・・なんだろう?        

        
        
           
        
               
     
[PR]
by miyukita-ka | 2013-12-10 14:19 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31