木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

かえるのしっぽVol 92 名峰のしずく

            バムとケロのかいちゃんを連想させるアヒルさん♪
e0326699_166562.jpg

            
             午後のお散歩途中、立ち寄ったいつもの池
             アヒルさんどーしてるかなと思いきや
             のーんびりとされている様子
             置かれた環境と一致する自然な姿になぜか憧れます(*^-^*)

          
           京都大原に住むベネシアさんの連載番組を毎週末、子どもたちが
           ブルーレイに録画しておいてくれて、夕方洗濯をたたみながら見るのが楽しみ

                    Vol.92 名峰のしずく
              山梨県でワイナリーを営む岡本英史さんのお話の中で
                  とても心に残ることばがありました!

                       ”楽しない”
                       ”ズルしない”
                       ”ウソつかない”

             幼稚園の子どものお約束ごとのような言葉ではありますが
             岡本さんの丹精こめたワイン作りの様子を拝見した後だけに
             とても説得力がありました。
             
             ”ホンモノ”を作る人は、やはり愚直なまでに正直で
                  とても澄んだ目をされています。
             ”目は口ほどにものを言う”とはよく言ったもので
              岡本さんが登場した時の第一印象が
                  「素直そうな人だなぁ・・」と思い
              その後の時間をかけ丹精込めたワイン作りのお話に
              グイグイと引き込まれ、美味しくて価値あるものには
              やはり、その作る人なりの”何か”がこめられているのだと

              惜しむことのない労力と投資、尽きることのない探究心
              腰を据えた仕事ぶり
              自分が中心ではなくて、ワインという自然を起こすために
              その生成のペースに添い、人が一生懸命動き回っている感じ
              エゴではなくて、自然の力を最大限引き出す為に尽力した果てに
              美味しいものが出来ると言えば
              中心はやはり自然であり、人は介添え役に過ぎないということ

              なかなか凡人には真似の出来ない真摯で、ある意味とても自然な
              生き方に憧れるものがあります。

              池のアヒルさんに憧れるのも意図することなく自然でいて
              周囲を癒す力があるからだろうか・・?


              
              
              
                          
[PR]
by miyukita-ka | 2014-01-29 15:53 | Essay | Comments(0)

直観力

              朝7時前、そろそろ夜明けという風景
e0326699_15491845.jpg


           少~しづつ、夜が明ける時間が早くなり、早起きの私としては
           待ち遠しい春の訪れ
           朝起きて、暗いとどーも、温かいベッドの中から脱出出来ずに
           幸せな時間ではあるけれど、うつらうつらと温かく柔らかい
           ぬくぬくお布団の中で、夢心地の至福の時間が長くなりがち
         
           「温かくて幸せ~」
           「でも、今朝もアレもしたい、コレもしたい・・」
           「もう少し寝坊しょう」
           「やりたいこと出来なくなるよー、早く起きなきゃ!」と

           自分の中で2人の自分が分裂状態?
           そして、ある時「よっしゃ!起きよう!もったいないし!」と
           早起きの自分が勝利する
           早朝の時間ほどワクワクするものはないから
           今朝はどんな星、月、空、雲、風に出会えるのか
           歩きながらどんなことが心に浮かぶのか
           ほんの20分間の出会いと冒険
           なぜか他の時間とは違う爽快感がある
           そして、直観力、不思議なインスピレーションがどこからともなく
           降って湧いてくる


           「朝起きよう!」から始まり
           「もう寝よう・・」で1日が終わる
            つまるところ、人生とは、毎日のその繰り返し

           その間、何をするかで、自分の人生が形成されてゆく
                「何をしたらよいかわからない」
                「どーすればよいかわからない」という状況が
           何よりも辛い

           方向性がわからないと一歩も進めないように思うときがある
           進んでいるけれど、これでよいのかわからないときもある

           そんなときは「直観力」 それにたよるしかないように思う

           先日81才で逝かれた船井幸雄さん
           企業コンサルティングを幅広く展開し、多くの悩めるビジネスマンを
           サポートして来たミラクルマン的な存在の方だったらしい

           船井氏の著書 『素晴らしき真言』によると、直観力を磨くには
           「経験を積むこと」とのこと

     人間の知覚には次の3つがあるそう
       ➀インテリジェンス(知識)能力  ものごとを知り、記憶し、それを引き出す能力
       ➁インテレクト(知恵)能力     思考、想像、応用力
                            訓練し、達人の域に達するとほぼ瞬間的に答えを
                            見つけ出すことが出来る
       ③インテュイション(直観)能力  いっさいの思考を通さず、心が自らの超意識を通して
                            何かを正しく認識する能力

       インテリジェンスはインテレクトのベースであり、インテリジェンスは全ての基本
       またインテレクトとインテュイションの間には大きなレベルの差があり、このレベルに
       達するには「人間性の向上」という違ったレベルの条件が必要となるのだそう
       また、この能力は一度身に付けて、その後その人のエゴが強くなると、能力は失われ
       正しい判断が出来なくなるという

       映画、「魔女の宅急便」のKIKIが魔法の箒で跳べなくなるシーンを思い起こします
       魔女というのも人知を超えた神秘的な力の持ち主ではありますが、エゴが入ると
       その力を失うということでしょうか?

       「一歩、一歩着実に」がこの世の生成発展の原理のようです。本当に優れた能力とは
       「ひと足跳び」には存在せず、人間が素晴らしい直観力を発揮するためには
       まず努力によって知識をつけ経験を積み人間性を向上させる努力を続けていく
       こと船井氏は言います。
       才能とはひらめきのように一瞬で浮かび上がるものではないようです。と記されています。

       人間性を向上させ、良心に従って生きることにより、超意識(宇宙やサムシンググレート)に
       繋がり、直観力を得られるのだとすると良心に従って生きることは宇宙が望んでいること
       なのだと思います。
       良心に従って生きるとは、素直な心で生きるということです。素直な心で生きれば
       人はどんどん成長できます。そして、自分を生かし、自分だけでなく、まわりの人にも
       喜んでもらえる生き方をしていると、直観力も生まれ、よい方へ道が開けて行くのでは
       ないかと思います。と言います。

       朝の散歩の時間が、空、風、太陽など自然とのふれあいであるとしたら、
       宇宙的超意識に近づく瞬間とも言えるわけで、それがもしかしたら直観力やひらめき
       インスピレーションが不意に浮かぶことにつながるとも言えないだろうか?

       また、子どもたちはとても素直な心をしているがゆえ、どんどん成長するという
       DNAに仕組まれたものであるとしたら、DNAのプロク゛ラムは本当によく出来たもの
       であると言える。

       素直な心で学ぶこと繰り返し訓練を続けること、そしてエゴに走らず良心に添い       
       人間力を育てること、それが企業コンサルティングの超プロが残した直観力
       という人生の羅針盤を育てる知恵として未来に伝えたいことであると思う。        


   

          



 
[PR]
by miyukita-ka | 2014-01-27 15:08 | Essay | Comments(0)

白崎茶会スイーツ➁

               ジャムマフィン焼いてみました!
e0326699_14421763.jpg


         ここののところ、研究中の白崎茶会のオーガニックレシピ♪
         簡単に美味しく出来て、そしてヘルシー系
         このジャムマフィンは、しっとりやわらかい生地で
         離乳食などにもいけそうな、やさしい感じです~

         卵もバターも入れずに、ふんわりと膨らんで狐色に・・
         ジャムは手作りジャムのもとの店で購入した
         「ラフランスとパインとバニラのジャム」をサンド
         もとさんのジャムはそのお店の名の通り、丁寧に手作りされており
         このジャムも上品なとってもやさしい甘みのジャムです
         百万遍の手作り市などで、ご存じの方もいらつしゃるかも?


            UPにすると、こんな感じに・・胡桃をのせてみました♪
e0326699_157815.jpg

         
         
       子どもたちも気に入ってくれて、美味しい~とパクパクと食べてましたよ~
         


             フルーツバナナケーキも作っちゃいました!
e0326699_15103164.jpg

            バナナケーキにラム酒漬けのフルーツと胡桃を入れ
            シナモン、クローブのスパイスも入れて生地作り
            そして焼き上がりの熱いうちに、ラム酒をペタペタ塗って
            香りづけをプラス??

         フルーツケーキは、焼き上がりから翌日以降の方がしっとりして
         美味しいですね♪
         このレシピも、バターと卵、乳製品は入らず、代わりに豆腐、オレンジジュース
         油分はなたね油で作ります。つまりすべて、植物系なわけで
         だからやさしい感じに仕上がるのかな?

         白崎裕子さんのレシピは安全で、誰でも美味しく作れることを追求されており
         工程が少なく、基本どんどん混ぜるだけ!
         
           色んな試行錯誤と経験を積んだ人ならではのシンプルレシピ!
           ケーキはそもそも欧米諸国より伝来したもの
           バター、卵、乳製品など動物系のもので作るものと思い込んでいましたが
           日本人にとって身近な植物系のもので、こんなにシンプルに美味しく
           作れるとは・・新たな発見です!

           どっしり、ずつしり、濃厚なバターケーキも魅力的ですが
           家庭で手軽にヘルシーに作るには、白崎裕子流のレシピは
           イチオシですよー(*^-^*)

         
         
         

         

         
[PR]
by miyukita-ka | 2014-01-24 15:37 | Sweets | Comments(0)

一年生の学習

            三学期に入り、漢字の学習もこのように・・
e0326699_15413366.jpg

           
          この春、小学校に入学した息子が書いた文字
          子どもの成長というのは、肉体的には目に見えてわかり易い
          けれど、心の成長というのは、見えないだけに分かりづらい

          ところが、ふとした瞬間、その成長を垣間見るときがある
          一学期に、ひらがな
          二学期から、カタカナと漢字を学習を始めた
          
          日本語を学習する外国人にとって、ひらがな、カタカナ、漢字を
          学ぶのは至難の業
          かつて、英国人に日本語を教えていたことがあるが
          アルファベット28文字しか持たない彼らにとって
          日本語の文字の多さは衝撃的らしい

          それを、子どもたちは、コツコツと目で見て、耳で聞き、手で書いて
          少しづつ学んでゆく

          ”千里の道も一歩から” 
           まさにそんな感じのする一年生の学習
           「三人」 「二足」など音読みも入って来ている
           カタカナの例として 「ボツワナ」とあるのは何故?と思いつつ
           国語の学習をきっかけに、世界地理へと関心が広かることもありかな?と

           パソコンやスマホなど、メールを通してコミュニケーションすることが
           急速に進む中、”美文字”が見直されているらしく
           やはり機械文字では表現出来ない何かが手書きにはあり
           その人なりを表すものであることには違いない

           手先を使うことは脳を使うことであり、文字を書いて覚えることの
           大切さを改めて思う
           心を落ち着けて、美文字を書くことの素晴らしさを知って欲しいなと
           母は願うばかり

           ”文字は人なり”と昔からいいますから・・
           
[PR]
by miyukita-ka | 2014-01-22 16:38 | Children | Comments(0)

しつとりハードトースト

e0326699_1447040.jpg
ムクムクと
膨らむ
パン生地

このむっちりを
見るたび
愛しい気持ちで
一杯になる

それはそもそも
微生物の働き

目に見えない
酵母菌の
働きのお蔭



    

    ここのところ、黒豆パン、胡桃パンにハマっていた為、久しぶりに食パンにカムバック!
    キタノカオリ、イーグル、ハードブレッド専用粉を混ぜ、ハードトースト風に・・
   



         焼く前に、保湿の意味も兼ねて、豆乳をぬり、ツヤツヤ~プリプリ~♪
e0326699_1512037.jpg

   
   


         今回はオーブンプレートにお湯をはり、湯煎焼きに・・Let's go !
                200℃で焼くこと25分




                  こんがり~といい感じ!
e0326699_15172171.jpg


                 翌朝、食べるのが楽しみ~♪
               生のままシンプル卵サンドにしょうか?
            それとも、バターをのっけて香ばしくトーストしょうか・・
               ウキウキ気分で、眠りにつける幸せ?? 


            そして、翌朝・・しっとりしたクラムに大満足!
e0326699_1516446.jpg
 

              バタートーストにアカシアの蜂蜜をたらして・・
              とっても、美味しく頂きました~(*^-^*)

      日曜の夜   生地仕込み → その晩、パン生地とともに一緒にベッドでオヤスミ
      月曜の朝   オハヨーとともに、パン生地がいい感じに一次発酵OK!
      月曜の昼間  二次発酵
      月曜の夕方  焼き上がり!
      火曜の朝   いただきまーす!

      長いプロセスのようですが、プロセスを全て見渡せ、時間とともに期待が膨らみ
      待ち遠しい、朝のパンは格別!
      愛しい気持ちがいっぱい詰まったパン

      あーほんとに楽しいわぁ~♪
      有難う、酵母さん! 酵母の働きなしで、この喜びはなし!
      ありがとう、美味しい小麦を作って下さる農家の方々!
      色んなつながりの中で、この幸せがあることに感謝して・・

      また作りま~す??    
[PR]
by miyukita-ka | 2014-01-21 15:56 | Breads | Comments(0)

甲賀流 忍者屋敷

            300年前に建設された甲賀流忍者屋敷
e0326699_1453395.jpg

             


          戦乱の世の時代、「近江を制するものは天下を制す」と
          京へ至る要衝として、織田信長、豊臣秀吉、浅井長政など
          滋賀県には数々の戦場跡が残されています。

          また忍者のかくれ里として、甲賀忍者五十三家中の筆頭格
          望月出雲守の住宅が、甲賀市に忍者屋敷として保存されています。

          忍者と言えば、ミステリアスかつ、歴史の裏部隊を駆け抜けた
          戦乱の世の影役者
          正義の味方であり、悪者をワナにかけたり、こらしめたり
          その正体を明かにせず、活躍する姿がカッコイイ

          甲賀流忍術の由来によると
          「国家を安平にして、大敵悪党を滅す術なり」と要約されている
          自救自衛の精神から、常によく団結し、事あるときには断固として
          外的を排除する目的で、郡外に忍者を派遣し、郡内に種々防衛の
          ために施設をもうけ、当時としては驚嘆する火器等、戦法により
          完全防衛の姿勢を整えていたという・・

          決して攻撃的侵略的なことを目的とするのではなく
          あくまで自衛的なものとされている
          

                 3Mほどの深さのある落とし穴
e0326699_14441492.jpg

          追って来る来る敵をどんでん返しで、おびき寄せ、床を外して
          落とし穴に生け捕りにする
          一度落ちたら、這い上がれない深さ

          また落とし穴が分家の方へ地下でつながっていたとされ
          そちらへ逃げた敵を分家で待ち伏せして、捉えることも出来たのだそう
          すべて計算づくなのがすごいところ・・


                     水くも
e0326699_1455312.jpg


          これにズボン!と両足をまたいで乗り、下駄様のものを水かきに
          水面を移動したのだそう・・
          水面を歩くことは、やはり無理であったようですが・・

                     

                       忍秘傳
e0326699_14593053.jpg


         永禄三年、1560年 服部半蔵正成により、著された忍術の三大秘伝書
         伊賀、甲賀流伝書として忍具をわかり易く説いている



                 お馴染み忍者といえば・・ 手裏剣
e0326699_15428.jpg


         屋敷の至る所に、敵をワナにかけたり、おびき寄せたり、逃げ道を
         あえて作ったりと・・色んな工夫が何気にされているところが凄いところ
         子どもたちにとっては、恰好の遊び場らしく、忍者のごとく忍び足で
         身をかがめつつ、色んなところをグルグル・・

         大人も数々の工夫された仕掛けとワナに感嘆しつつ
         子ども心をくすぐられるところ

         しかし、明日どうなるかわからない
         いつ敵が奇襲してくるやわからない
         夜もオチオチ眠っておれないなんて
         すごい時代があったもんで・・

         戦乱の世のお蔭で、今の平和があるとすれば
         有難き幸せこの上ないことで

         忍者さん平和の為に戦ってくれて、有難う!(^^)!          


          
        
[PR]
by miyukita-ka | 2014-01-19 15:17 | Travel | Comments(0)

❆雪❆

                 夜空に星のように雪が舞う
e0326699_642528.jpg


          朝6時、窓の外は一面の雪景色
              静かに、静かに、雪が舞う

                   雪だー!と喜び勇んで外へ駈け出る子どものように
                   カメラを持って、ウォーキング

          いつもと違う、空の色
          雪の反射を受けてか
          ほんのりサーモンピンク色の空に
          雪が舞う

                   誰もいない
                   雪と私だけの世界
                   足跡を一歩また一歩とつけながら
                   歩く

          自然は時に
          色んな贈りものをくれる
          雪は子ども心をくすぐるプレゼント

                   薄明かりの朝に出会った雪景色
                   自然と心がシンクロした時間

                              

                        
[PR]
by miyukita-ka | 2014-01-19 06:59 | Nature | Comments(0)

月夜➁

              今朝も早起きして月夜をウォーキング♪
              寒さで、鼻がツンとし、暗さが白い息を引き立て、まるで蒸気のよう
              月を見上げながら、月の満ち欠け、朝昼夜、春夏秋冬
              太陽系の不思議さ              
              そして、宇宙のリズムに乗っかって、生きものは全て生かされていることに
              気づく
              一日の時間、一年365日、すべての時間の流れは、宇宙の動きそのもの

              顏をチクチク差すような冷気が、アメリカミネソタ州、カナダケベ゛ック州
              そして留学先だったインディアナ州の寒さを思い出す
              北海道もそうだった
              25年以上も前の記憶に一気にフラッシュバックする不思議さ
              脳のメモリーは色んな感覚を記憶し、同じような状況を知覚するとき
              瞬時に、リンクする思いを引き出して来る
              香りや匂いもそうだ
              人体は不思議なこといっぱい

              いつもの池を通りかかり、夜明け前の薄暗い中で、大木を見上げる
              木というのも不思議だ
              地中の根は見えないけれど、それを含めると物凄い大きな存在
              その中にも生命があり、四季の移ろいに添い、動き続ける
              CO²を吸い込んで、O²を出してくれている
              O²なしでは、生きて行けない人間にとっては有難い存在
              もの言わぬ植物に、実は守られている

              月も、星も、木も何も言わない
              人体も寡黙にいつも動いている

              もの言わず、動き続けるものたちの声と存在が浮かび上がる
              不思議な月夜
           
              やはり月夜には、何かを引き出すパワーがある・・
                            
       

              
              
[PR]
by miyukita-ka | 2014-01-18 07:07 | Nature | Comments(0)

自彊術➁

           いくつになっても、元気でいたいものです(*^-^*)
e0326699_15281536.jpg


           自彊術を始めて、2年が過ぎ
           毎日の生活の一部となり、欠かせないものとなりつつある
           
           最近の変化を挙げてみる

           その➀ 座る姿勢がよくなった!    → 骨盤と背骨が垂直に立つようになった
           その➁ 肩甲骨が内にキユッと寄るようになった感じがする
           その③ 顏が変わったように思う    → 気合いの入った感じ
           その④ よく眠れる          → 不眠解消
           その⑤ 嫌なことを引きづらない   → 切り替えが出来るように

           「心身一如」とはこういうことか・・と

           体を整えると、心も自然と元気になる
           頭(心)を休めて、ひたすら体を動かすとことが、心を整えることになる

           その他の体の変化
           ➀ 足の裏がキレイになった → 毎日見るようになったせい?
           ➁ 爪にツヤが出て来た
           ③ スネの乾燥による湿疹が出なくなった
           ⑤ 手荒れがなく、手がスベスベ

           自彊術を始めた頃、先生たちの足裏のキレイなのにビックリ!
           年を重ねると、シワ、タコ、ひび割れが当たり前かと思いきや・・
           まるで子どもたちの足裏のような、スベスベしっとり~

           「タコや堅い部分は、よく揉んで下さい。必ずキレイになります」
            と言われるも、半信半疑でしたが・・
     
           ようやく、その先生の助言のごとく、変化が現れ、あらっ不思議!?
           
                       「継続は力なり」
                    「信ずるものは、救われる」
           
           それらの格言のごとく、変化が実際現われるから、ますます納得!

           
           関谷 剛氏  東京大学医学部付属病院 アレルギーリウマチ内科 によると
           
            『健康にとって大事なことは、まず基本的にいろいろな昔ながらの
            中国の古典やアーユールベーダ(インド医学)を見ても次の3つです。
            正しい食事、正しい運動、正しいストレス解消、つまり心ですね。
            心身一如とか心技体といいますが・・(中略)
            健康に必要な要素、精神(心)、体を作る食事運動の3要素が大事で
            この3つのバランスに是非気をつけて頂きたい』

            また
            
            「心」     →  神経系
            「食べる」  →  内分泌系
            「運動」    →  免疫      と指摘されています。

            『風邪を防ごうと思ったら、いっぱい食べることではなく、適度に運動する
             ほうが、僕はよいと思います。お風呂に浸かるというのも一種の運動に
             近いものだと思います。
                         神経(心)
                        内分泌代謝(食事)
                          免疫(運動)
                       
                      3つのバランスを整えることが大事です』

           なるほどー(^^)/
           免疫力UPの為の食事内容やサプリなど、摂ることばかりに走らず
           適度な運動が、免疫力をつけるというご指摘は、元気な子どもを
           見ていても納得いきます。元気な子というのは、やはりよく動きます。
           よく動くからますます元気になるのでしょう。

           「よく笑い(心を解放する)」
           「ハ゛ランスよく食べ」
           「適度に体を動かす」

           ありきたりですが、結局のところ
           これらのことを実践出来れば・・

           「医者が青くなる!?」 のではないでしょうか?

           病気は悪しき生活習慣の結果なら
           健康はよき生活習慣で築くもの・・

           You can do it yourself !!!

           それが、自彊術の素晴らしいところ!

           「自彊術でホットに(赤く)なれば、医者は青くなる!」

           
           


           


      
[PR]
by miyukita-ka | 2014-01-17 17:06 | Health | Comments(0)

白崎茶会のスイーツ

        白崎裕子さんのレシピで作ったクッキー さくさく~ですよ~(^^♪
e0326699_15201317.jpg

        動物性油脂や卵などを使わないマクロビ、ビーガン系のスイーツを
        研究されている白崎裕子さん
        早速、作ってみましたが本当に簡単にさくさくクッキーが焼けました!
        ”きなこクッキー”         ほんのり甘く、きなこの風味が香ばしい
        ”チェダーチーズクッキー”   実は酒粕を混ぜて焼くと何故かチーズ味に変身!
        ”ココナッツボール”       さくさくほろほろやみつきの食感!


                     
                しっとり~ バナナケーキ ??
e0326699_15342587.jpg

           卵は使わず、豆腐を使う為か、もちもちした食感
           あっさり、すっきりした印象のケーキ
           出来上がりに、ツヤがけをして、しっとり感UP!


              ブランデーチョコレートケーキ これまたしっとり美味!
e0326699_15441733.jpg

        焼き上がりの熱いうちに、ブランデーとメープルシロップをたつぷりと
        浸み込ませ、そのまま密閉、2日寝かせると・・
        なんと濃厚なガトーショコラに!
        本当に、卵もバターも、生クリームも入らないのに、美味しすぎ~!(^^)!
        豆腐っぽい風味は全くしません!
        これは絶対オススメ!

        「リンゴが赤くなると、医者が青くなる」という諺のごとく
        
        「手作りケーキが美味しく、簡単に、そしてヘルシーに出来ると・・」
        「ケーキ屋さんが青くなる?」

        そんな感じのする”白崎茶会のスイーツ”

        なかしましほさんに続くマイブームになりそう・・

        ヘルシー系スイーツにご興味の方は、是非チェックを!(^_-)-☆
[PR]
by miyukita-ka | 2014-01-17 15:25 | Sweets | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー