木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

学習の原点と入試システム

           2年生の息子がもくもくと筆算を・・
e0326699_14341258.jpg


   長女は高2
   コース選択の締切が迫り
   具体的に進学先を決める時期が
   すでに来ている
   
   何やらややこしい入試システム
   決して、受験生の立場に立っているとは思えない
   妙に複雑

   色んな学生に広く門戸を・・とばかり
   一般入試の他に、一芸入試、推薦と色々
   それぞれ、受験時期も受験科目も異なるシステム

   得意な入り方で、入ればいいということ?
   多様な学生を集めることで
   大学も多様化し、メリットがあるのか?
   それとも、少子化の時代、とにかくより多くの学生を獲得したいのか・・
   いづれにせよ、受験生の立場に立っていないのが気になる

   大切なのは、勉強することで
   大学の入試システムを理解することではない
   入り易さを研究するのでもない

   就職に役立てるために大学を選ぶのでもない
   大切なことは、とにかく無心に勉強すること
   アーティストなら、いい作品を作ることに専心する
   アスリートは、とにかく地味に練習を繰り返すことが大事

   好きな勉強や練習に専心出来る時期というのは、ごく限られている
   複雑な入試システムがその貴重な時間を
   無駄にしていないか
   ただでも悩める若者を
   迷路に押し込んでいないか・・と
   気になる

   学校は純粋に勉強するところで
   学ぶ楽しさを伝えるところではないだろうか?

   2年生のシンプルに学ぶ姿に
   その原点を見るような気がする



   
[PR]
by miyukita-ka | 2014-05-26 15:15 | Children | Comments(0)

カラスの襲撃

                日々緑濃くなり、水草が育ち盛り
e0326699_1403161.jpg


          爽やかな早朝ウォーキングを初めて
          早や7年
          自然のエネルギーをチャージし
          インスピレーションをキャッチする

          そんなご機嫌ウォーキングが一転
          災難となった昨日

          生まれて初めて
          野生動物の襲撃に会い
          今でも、トラウマ状態

          カラス2匹が異様な低空飛行で
          頭上に何度も襲来し
          そのうち頭に接触!
          怖くて、逃げても追っかけて来る~!
          「あー怖いよ~」          
          朝からホラー映画じゃあるまいし
          「よくここまで走れるなぁ・・」と自負しつつ
          走り続け、どーにか退散してくれた(*_*)

          なぜ、突然襲撃して来たのか?
          訳が知りたくて、調べてみると・・

          5月下旬から6月上旬は子育ての時期らしく
          巣の雛鳥を守るぺく
          巣に近づくものを外敵をみなし
          襲撃するという
          必ずツガイで2匹でするというのも
          ピッタリと当てはまる

          なるほど・・
          むやみやたらに襲撃するのではないと
          わかっただけでも、ひと安心(・_・;)

          動物の行動は
          決してエゴではなく
          自衛が基本であり
          その生き抜く為のシンプルな動機に
          納得

          しかし、黒い鳥を目にする度
          「ドキッ!」とするトラウマ状態

          野生動物には悪気はないけれど
          どーぞ、この時期のカラスには
          ご注意を!(^^)!
                           

          
          
          
[PR]
by miyukita-ka | 2014-05-26 14:33 | Nature | Comments(0)

苺ジャム??

e0326699_13355411.jpg


    ジャムの王道、苺ジャム
    実家から、完熟苺をどっさりと頂き
    早速ジャムにしてみた

    スーパーのハウス苺とは
    全く違う露地もの苺
    色目は血のように真っ赤で
    果肉が水分を多く含みもっちり


e0326699_13432944.jpg


    そのまま何もつけずに食べても
    とっても美味しい~
    色目の違いわかります?
    スパンと切った中身まで赤い

    ギリギリまで、土の養分吸い込んで
    たっぷり熟した苺を摘み取る為か
    単に土が肥えているのか?
    多分両方の効果で
    こんな濃い~赤苺となります

    素材よければ
    全てよし
    まったり濃厚な苺ジャム
    出来ました!


e0326699_1351503.jpg


    1年に一度しか採れない
    実家の苺
    ジャムにすれば
    少しづつ長く頂けるので
    大切に食べます

    実家が農家であること
    そんな恵みは他にないかも・・
    有難き幸せに感謝 ??(*^-^*)??




    
[PR]
by miyukita-ka | 2014-05-26 13:57 | Sweets | Comments(0)

お弁当色々

e0326699_22572528.jpg

  
   毎朝のお弁当
   作り始めてかれこれ5年目
   あっと言う間だった
                 最初は苦痛で
                 土日くらい
                 休業させてと思いつつ
                 部活があるので
                 ほぼ毎日
                           しかしいつからか
                           苦痛ではなくなり
                           2人目子育てのように
                           自動的に手が動くように


e0326699_2335535.jpg



   たまには気分を変えて
   ピクニック風に・・
   「わぁ~!」と
   驚く顔を想像しつつ
                 パクパク
                 モリモリ食べる顔を
                 思い浮かべつつ
                                演出を少し
                                変えてみる


e0326699_2385097.jpg


   小学生の遠足と重なれば
   お弁当ひとつ追加

                いつも給食の人たちが
                たまにお弁当にありつけると
                異様に楽しみらしい??

                               たまのお弁当なので
                               出来るだけ
                               好きなものを詰める

   日々の家事労働を
   楽しめる余裕が出て来た
   今日この頃

                 アタフタせずに
                 取り組めば
                 意外と面白いもの



      
                 
                 
                               
                 
[PR]
by miyukita-ka | 2014-05-25 23:20 | Cooking | Comments(0)

キャロットケーキ

e0326699_17482530.jpg


   手作り市で知り合った英国菓子を研究されている
   "小さなお菓子屋 KIKI"さんの影響で
   英国在住フードライター 山口ももさんの著書
   「英国お菓子めぐり」を読み終え
   そのお菓子の歴史、可愛らしいイラスト
   ももさんのお人柄が伝わるようなわかり易い文章のお蔭で
   英国に対する興味が急上昇!

   お菓子の背景には、その国の歴史、文化、生活そのものがあり
   絵に描いたようなお茶文化が生活の中心にある英国のライフスタイル
   いつかこの目??で見てみたい~と

   そこで、英国らしいケーキのひとつ
   キャロットケーキを焼いてみました!

   レシピは
   オズボーン未奈子さんの「しょうがとにんじんのスパイシーケーキ」
   オズボーンさんは以前、英国に住まわれていたようで
   体にやさしい系のお菓子と料理を研究

   このレシピは卵は使わず、材料は植物系only!
   ニンジンは中一本、胡桃、レーズンたっぷり入り
   シナモン、ナツメグ、しょうが風味が効いてます
   食感はもっちり

   ベーターカロテン、ミネラル、ビタミンたっぷり
   元気にPower upしそうなおやつですよ~??

             
   Have a nice weekend, everybody!(^_-)-☆
   
   

   
   
[PR]
by miyukita-ka | 2014-05-23 18:23 | Sweets | Comments(0)

Fair Trade ネパリ・バザーロ

e0326699_16373970.jpg


   先週末、阪急百貨店で
   もうひとつの掘り出しもの
   Fair Trade ネパリ・バザーロ
   シディマンさんのスタンプ

   「お買い物で国際協力」をテーマに
   ネパールで生産、栽培されている商品を
   継続的に輸入、販売し、生産者の経済的自立を目指す
   フェアトレード団体 ネパリ・バザーロ

   ● Slow    ゆっくり    有機栽培、手仕事
   ● Small    小さく     小規模生産
   ● Sustainable 続けること   継続的注文、生産

   生産地で豊富に採れる自然素材を使った手工芸品
   環境に負荷をかけない生産方式
   生産者が安心して暮らせるような継続した注文

   結果、貧困が改善され、平和な社会の創造につながる・・
   というコンセプト

   ステキな手工芸品をお手頃値段で手に入れ
   増して、ネパールの人々のお役に立てれば
   そんないい循環はない訳で

   
   
e0326699_1792590.jpg


   シディマンさんという方はどんな人だろうか?と
   思いを馳せるのも楽しい??

   同じようなスタンプがいくつか並んでいましたが
   手作りなので、微妙に彫り方が違い
   鳥さんの目の表情が笑っているのにしました

   量産されるゴム印とは違い
   手仕事による木彫り
   なんとも言えない味わいと
   シディマンさんの思いが伝わるようです

   ネパールと言えば
   その昔、シェーパ族のWandiという学生に
   米国大学留学中に出会い
   陽に焼けた彼の爽やかな笑顔を思い出します
   彼のお蔭で、私にとっては親しみのある国

   そして以前、大阪に住んでいた頃
   当時京大に留学中だった美しいネパール人女性に
   ネパール料理を教わったことを思い出しました

   「料理は時間かけて、愛情こめて作るものですよね」と
   流暢な日本語で話されていたのが印象的

   もの作りにせよ
   お料理にせよ
   ゆっくり、心をこめる大切さを
   ネパールの人々から伝えてもらい
   なんとなく、ほっとする感じ

   シディマンさんのスタンプに出会えたのも
   何かの縁
   大切に、大切にしまーす(*^-^*)



   
      
[PR]
by miyukita-ka | 2014-05-23 17:40 | Essay | Comments(0)

Chatham villige bears

e0326699_15304073.jpg


   先週末、阪急百貨店で
   桐島かれんさんのお店 ”House of lotus"の
   Pop up storeの情報を得て
   早速、立ち寄ることに

   機械文明、量産の波にのまれ
   価値ある手工芸が存続の危機に瀕する中
   少しでも、手づくり工芸のよさを伝えようというコンセプトの下
   かれんさん自身が、アジアを中心に手工芸品を買いつけ
   東京広尾で、"House of lotus"という素敵なお店を経営されています   

   今回、阪急百貨店10F「スーク」にて出店があり
   かれんさんらしい、選び抜かれたセンスある工芸品の品々に感激・・

   熟練した職人さんが丁寧に、ゆっくり、じっくり
   作ったんだろうなと、頷くものばかり
   女性が選んだ、女性の為の品々という感じで
   タイやバリ島の籐製品、小物、インテリア、オリジナルウエア・・
   お値段もそれなりではありましたが
   価値に見合った対価で
   手作りの重みさえ感じました

   カレンさん、ほぼ同い年ですが
   八ヶ岳にお住まいになり、その自然派ライフスタイル
   4人の子どもの子育てを優先させながら
   多分野において、自然体で活躍される生き方は
   素敵過ぎます!

   かれんさんのイベントと同時に
   New Yorkフェアーが催されており
   面白いArtistのコーナーを発見!

   ☞"Chatham village bears" by Art Rogers
    米国ミズーリー州在住のベアーズアーティスト


e0326699_16521499.jpg



   デザインから、布の染め、裁縫、すべて手作りらしく
   様々な動物たちをキュート&ポップに表現


e0326699_16463125.jpg


  色んなポーズが取れるように
  デザインに工夫を凝らされているらしく
  そのバランス感覚はハンパではない!
  中空を見るような、うつろな目がなんとも言えず
  ハマってしまいました(*^-^*)

  「とっても、かわいいけれど、お値段はかわいくなくて・・」という
  店員さんの言葉通りのお値段ではありましたが
  それもデザイン性、手作りのことを考慮に入れれば
  見合った対価では?と納得
  
  機械で出来たものとは違う
  「何か」がハートを鷲掴みにした出会いでしたよ~(^_-)-☆

  Artさんのブログによると
  フェアー中、来阪されていたようで、カラオケに行ったり
  天王寺動物園にも足を運ばれたようです??



   
   
   
   
[PR]
by miyukita-ka | 2014-05-21 17:03 | Essay | Comments(0)

女子会Party??

                 ♡持ち寄りPartyの品々♡
e0326699_1450533.jpg


         先週末、高校時代のお友だちと、久しぶりの女子会??
         まめに連絡を取り、自宅を開放してくれる友人のお蔭で
         年月を経ても、こうして、つながり続けられる
         有難たや~!(^^)!


e0326699_152154.jpg


         自家製のお料理、お惣菜、いづれにせよ
         それぞれの持ち場を生かした適度な分量、バランス
         日々、家事を担う女性ならではの感覚
         ささっと、気の利いたものが出揃うのは
         生活感覚のよさ、そのもの

         ☆干し貝柱の出汁の利いた、炊き込みごはんおにぎり
          ごはん党の友人ならではの一品
          やさしい味付け、ふんわりとした握り具合
          美味しく、じんわりと癒されつつ、頂きました!

         ☆「カレーすごたれ」
          CookPadのミツカンレシピらしく
          あっさりとした鶏の胸肉とカレー風味の南蛮漬け風
          たれがあとを引く美味しさ         
          冷たいままでも美味しい、これからの季節にぴったり

         ☆キャベツたっぷりチーズ春巻き   美味! 
         ☆蓬莱の肉だんごとシューマイ    ボリュームたっぷり! 
         ☆蓮根、水菜、カラフル野菜のサラダ ヘルシー!
         ☆ポテトサラダ           ほっこり!
         ☆胡桃パン、無花果と胡桃の黒パン  好評! 嬉しや~

         少し遅れて、駆けつけた友人2人がデザートを
         ☆ニューヨークチーズケーキ
         ☆五感の黒豆ロールケーキ
          話題の都会的スイーツをゆっくり吟味しつつ頂きました??

         美味しいお料理と
         尽きることのないお喋り
         時間はあっと言う間に過ぎ
         楽しいひととき

         皆んな、全然変わっていない
         高校生のまんま
         仕事、家族、取り巻く環境は変われど
         お互いありのままでいられる関係

         30年という月日は
         いずこに?
         肉体は多少変化しても
         心はそのまま

         縁あって、同じ高校に通い
         同じクラブに所属し
         そして、月日を経ても
         また会える

         ”み・ん・な、友だち~
          ずっと、ずっと、友だち~”
         幼稚園の発表会で子どもが歌っていたのを思い出し

         友だちという関係
         離れても
         またつながる
         心のふるさと
         たいせつな宝もの??
         

         
         
[PR]
by miyukita-ka | 2014-05-20 16:21 | Essay | Comments(0)

無花果と胡桃の黒パン

e0326699_18164291.jpg


    このところ、出番の多いこのお方
    手作り市では、完売し
    その後、お友だちからオーダーが入り
    気に入ってもらえて、幸せ~♡

    始まりは7年ほど前
    Backe 晶子さんの”黒パン”を焼いてみた
    もともと、黒パン好きで
    その後、自分なりにアレンジ
    試行錯誤の末
    マイレシピに落ち着く

    5種類の粉をブレンド
    水、赤ワイン、ヨーグルトを1/3づつ
    イーストは1/4に減らし
    低温でじわじわ発酵
    発酵器を敢えて使わず
    体感アナログ方式で2次発酵まで
    ひたすら待つ

    そんな私の黒パン
    大切に育てて来た
    愛しき存在

    明日はお友だちのお家で持ち寄りParty??
    お食事のお伴になれば
    嬉しいな~??





    
[PR]
by miyukita-ka | 2014-05-16 18:35 | Breads | Comments(0)

きょうのおかず

e0326699_17454624.jpg


    なんとシンプル
    不必要な装飾はすべてカット
    大人から子どもまでわかり易い
    そんなお店も珍しい

    京都四条烏丸から一本東へ
    東洞院通と六角通の交差するブロック
    美味しい八百屋さん「八百一」の2F

    おしゃれで
    シンプル
    落ち着いた
    モダンな感じの
    おばんざいのお店


e0326699_175615100.jpg


    メインとごはんを選び
    私は、今年初の筍の若竹煮
    ごはんは小豆ごはん


e0326699_17592958.jpg


    お友だちは
    煮込みハンバーグと
    白ごはん

    ごはんとお味噌汁はおかわり自由☆

    あっさりとやさしい~
    家庭の味
    敢えて、うす味
    美味しくするための不自然な味付け一切なし

    お店の名刺=お料理
    そんな感じ

    シンプル
    斬新
    古くて
    新しい

    現代京都らしいお店
    おいでやす~??




    
[PR]
by miyukita-ka | 2014-05-16 18:11 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31