木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ひこうき雲

e0326699_17363553.jpg


       飛行機で空を飛ぶ人を見つけた
       誰もが出来ることではないけれど
       どんなだろう・・
       限られた人しか出来ないことだろうけれど
       「飛びたい!」とある日思うことからスタート
       そこから、どうすれば飛べるだろうと考えて
       少しづつ、行動に移す
       あきらめずに、ずっと続ける
       そうすれば、いつかチャンスが来るのだろうか・・

       千里の道も一歩から
       Little by little one goes far.


       
       

       

       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2014-10-29 17:55 | Nature | Comments(0)

胚芽角食パン

         またまた、ぷりっぷりっな光景 チラッと見てね~(^^♪
e0326699_16515665.jpg


       アメリカ映画のシーンで、よく半尻を出して
       人をからかったり、ジョークにしたり
       あまり日本では、一般的ではありませんが
       体育会系男子の世界では、そーいうノリもあるようですが・・(*^^)v
       とかく、パン発酵を見るたび、ひとりニッコリしてしまう私☺
       


e0326699_16593426.jpg


       白パンより、断然、香ばしい黒パン、茶系のパンが好き
       そもそも、茶系のパンの美味しさを知ったのはアメリカで
       アメリカの食パンは少しこぶりなイギリス山食という感じ
       スライスも薄目なので、トーストすると、カリカリっとした食感
       ホテルの朝食でたまに見かける、ぐるーっと回転する内に焼き上がる
       あのトースターが懐かしい~☺
 
       胚芽やライ麦系のブラウン系の食パン、美味しかったなー
       あの香ばしさがたまらず、以来やみつきになりました

       小麦胚芽は
       ➀お通じをよくする食物繊維
       ➁若返りビタミンとして強力な抗酸化のあるビタミンE、B1、B2、B6
       ③カルシウム、鉄、マグネシウムなどのミネラル類

       などを多く含み、美容と健康によいらしい(#^.^#)

       小麦胚芽は、小麦粒の端にある胚芽のことで
       発芽するための栄養がぎっしりと詰まっているらしく
       いわば命の栄養
       それを食べるということは、植物の命そのものをを頂くということ
       ただ美味しいと食べるだけでなく、そういう意味をよく噛みしめて
       頂きたいもの

       色々と作ってみると、色んな勉強になり、楽しさ面白さが増し
       食べることは、色んな命を頂くことであることにつながってくる

       胚芽さん、ありがとー??

       
       

             
       
[PR]
by miyukita-ka | 2014-10-29 17:35 | Breads | Comments(0)

贈りもの

e0326699_1655574.jpg


      急に冷え込むようになり、秋風が吹くと
      なぜかしら、もの寂しく、センチメンタルになる
      ふと、立ち止まり、去りゆく季節の移り変わりの美しさに浸りたいと思いつつ
      あれやこれやと日常にせわしなく動きまわる日々

      昨日、車で移動販売する豆腐屋さんを見つけ
      近所の評判よく、前から気になっていたので、早速声をかけてみた
      ゆば豆腐、絹、厚揚げを購入
      プリンのようなまろやかで、ふるふるな食感
      いと美味しい~??
      
      「あちらこちらに、売り回るのは楽しいですか?」と尋ねると
      「ずっと店にいたら、気が狂いそうやわ・・」という返答( ;∀;)

      限られたスペースの工房で、毎日黙々とものづくりすることは
      確かに閉塞的な気持ちになるのもわかる
      しかし、奥さんも仕事を手伝ってらっしゃるなら
      外出もままならず、家事や子育もこなし、自営業の奥さんとは
      本当に大変だろう

      義母も専業農家で、奴隷のように働いて来たという
      けれど、いつも明るく、頼もしく、人情味が溢れる人だ
      ここのところご無沙汰であったので、どーされているだろうかと
      贈りをすることにした
      私のパンとお菓子は、本当に、人と人を繋ぐのに役立っている
      言葉で素直に言えなくても、贈りものが私の気持ちを代弁してくれるよう

      「お元気ですか?お変わりありませんか?」

      翌日、電話で元気にされていることを知り
      ひと安心♡

      仕事や家事で疲れたときに、ほっこりおやつになれば嬉しいな☺

      
      

      
      
      
      
[PR]
by miyukita-ka | 2014-10-28 17:57 | Essay | Comments(0)

教え、育てること

e0326699_14361630.jpg


       子どもたちが生まれ
       気が付けば17年
       目が離せない頃を思えば
       「出会った頃は、こんな日が来るとは思わずにいたー♪」という歌詞のように
       あの頃からは想像もつかない
       静かな自分だけの宝物のような時間がなんとも言えない
       子育てに忙しい頃は、まるで時間をこっそり盗むように
       ほんの僅かな自分の時間を確保しては喜び
       お昼寝の終わりを告げる鳴き声を合図に
       まるで、学校のチャイムが鳴ったように
       もとの席に大人しく着席する
       そんな繰り返しの日々

       ありきたりの毎日を繰り返すうち
       子どもたちは、いつのまにやら1日の殆どを外で過ごすようになった
       
       子育ての基本は、母子関係
       父ももちろん、大切な存在には違いないけれど
       母との関係が、子どもにとっては何よりも影響大であると実感する
       それだけに、責任重大な存在

       親というものは、しかし、レッスンもなければ指導してくれる人もない
       現場で、とにかく、自分なりにやって行くよりなく
       心細いことこの上ない
       わからないことだらけで
       毎日がぶっつけ本番の実験の連続で
       予習もテキストもあったものではない
       そんなことをしながら
       どーにか、こーにか転がしていたら
       いつの間にか、自分は年を取り、子どもたちは大きくなっていた
       この17年の間、現場の経験から学んだこと
       どう理解すればよいかわからない時、書物から多くを学んだこと
       わからないことだらけから、学んだことはとてつもなく大きい

       しかし、今でもわからないことの連続でありながら
       ひとつの示唆的な考えに出会い
       北極星を見つけたようだ☆彡

       今は亡き、臨床心理学の大家 河合隼雄氏によると

       「動物を訓練する」という言い方がありますね。
        それも教育かもしれないけれども、訓練の前に育てることが大切なんです。
       「教える」と「育てる」で教育です。私自身も植物を育てるのに似たことを
        やってるなと思うことが多いんです。
        動物を訓練するように、「人を教える」ことも要るんです。
        しかし、その背後に植物を育てるように「人を育てること」がなかったら
        教育ではありません。
        子どもの尻を叩いて、「やれやれ」と言っているうちに、子どもが何も
        しなくなるというのは、よくあることです。
        動物の場合はどうしても教え込むということをみんな思うわけですが
        人間の教育では教え込むことだけを考えて、育てるほうを考えないと
        小学校では成績はいいんだけれども、大学に入ったら引きこもりになって
        しまったなどということも起こります。
        訓練というのは、教え込んで上手く出来たら飴玉をやるということでしょう。
        木は急いで育てると、かえって腐ってしまいます。
        その感覚というのは、教育の根本だと思います。

                   宮大工 西岡常一 「口伝」の重みより抜粋

        『植物を育てるように、人を育てる』
         頭に稲妻が走るというのは、こういうことかと
        いくら、色んなスキルや資格を身に着けて、職に就こうともどこか満たされない
        将来、こんな技術が必要だからと好きでもない分野へ進むけれど、どこか空しい
        自分の種と根を理解せず、それらが時間の経過とともに
        自然に芽を出し、育つのを観察もせずに、動物的な訓練に焦れば
        本来の命さえ奪いかねない
        命の根本は、植物の種のようなもの
        育つのを待つこと、よく観察すること、何が必要なのか見極めること
        もの言えぬ植物は、言葉を豊富に持たない子どもの立場とよく似ている
        
        数々の問題を抱えた親子のカウンセリングを通して河合氏は
        動物的に育てられて来た子どもたちの心の叫びを聞いて来たのだろう

        物事を理解するとき、イメージの力を借りるとストンと府に落ちることがある
        子育て、自分育てにおいても、河合氏のこの助言はとてもわかりやすい

        個人的にこれまで出会った指導者や上司の中で、特に恩義を感じるのは
        植物的に育ててくれた人たちだと言える
        決して教え込まず、黙って様子を見て、話をそのまま聞いてくれる
        アレコレ細かくは言わずとも、いつも背後で見守ってくれている感じがする
        何より、私の素性を奥深く見つめてくれていたような感じがする
        思い起こすだけで、感謝の念で一杯になる

        子どもたちは、まだ若い苗のような存在
        子どもの目線でというのは、植物の苗を膝間づいて見るようなイメージ
        だろうか?
        いつか立派な木になるまで、植物を育てる気持ちで、子どもたちに接すると
        何かしら期待感が沸いてきて、余計な心配もなくなるかもしれない

        そして、自分自身の植物の根はどうなんだろう?
        アレコレやって来たけれど
        もう一度、掘り起こすのも面白いかもしれない(#^.^#)
        
        
             
             
      










             

       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2014-10-26 15:12 | Children | Comments(0)

ママたちの力

       ブルーベリースコーン?? ざっくり、しっとり、美味ー(*^-^*)
e0326699_1515646.jpg


       先日、ママ友のお誘いで、素敵なお家でworkshop&手作り市に
       参加させてもらい、とても楽しく、優雅な一日となりました♪
       子育てをしながら、自分の趣味や才能を生かした仕事や活動を
       しているママたちに出会い、女性の逞しさ、貪欲かつしなやかな
       に生きる姿勢が伺え、とてもいい刺激になりました!

       男女平等教育の成果と、脱固定概念、決められた枠からのすり抜け方
       というような、生き方に工夫を凝らしたイキイキ感に、女性の底力を見るようで
       本当の意味で懸命で賢明な女性が増えつつある現状を垣間見るようでした!
       男性陣、オチオチしてたら危いでーと
       ただ家に居ると思っていたら、大間違い
       コツコツと自分の才能を磨き、世界を広げ、世に出るタイミングを
       見計らうようなママたち、力強く素敵です??

       当日は、胡桃パン、レーズンパン、無花果と胡桃の黒パン
       ベリーベリースコーン&バナナとチョコのスコーン
       クッキー数種を販売させてもらい、感謝一杯☺

       Workshopでは、パーソナルカラーを診断してもらい
       自分を生かす、映えるカラーをアドバイス頂き
       新たに自分というものを知るいい機会となりました
       カラーセラピストという神秘的なスキルにも興味津々・・
       女性ならではの感性を生かした素敵な仕事
       
       自分を知る、女性であることをまるごと生かす
       それが、女性冥利に尽きる生き方でしょうか・・?
       さぁ。私もその辺を掘り下げて、自分らしい生き方が出来れば
       いいな・・(*^^)v
       

       

       
[PR]
by miyukita-ka | 2014-10-25 15:49 | Essay | Comments(0)

自彊術③


京都烏丸五条 ITOYAホテル 
”まゆ” 日替わりランチ
e0326699_17173530.jpg

不思議な縁で、自彊術を初めて、早や3年
益々、日々の生活の一部となり
益々、その奥深さと心と体の変化を
実感するところ
         
1日講座や数か月で認定書を発行します!
という様々な講座の広告を見ては
考えられない
時間をかけ
何年かけても学び足りない感じがする
それほど学び甲斐があるもの
華道、茶道、柔道、剣道・・
”道”がつくものとなんとなく世界が似ている

わかったつもりでわかっていない
出来ているつもりが、出来ていない
完成に近づく為に
日々少しづつ実践し、学び続けるよりない

教室で、先生に注意される度
言われた通りの動きを
自分の体を通して体得することの難しさ
自分の観察力、集中力、想像力のなさを実感

何事も、学ぶことのベースは
観察、集中、想像する力
それに尽きるような気がする

そして、もうひとつ
魂をそこに入れること
無心になること
魂を入れることと無心になることは
パラドックスのようで
しかし、その我を忘れる境地が
集中力に他ならない

これまでいかにうわの空で生きてきたか
やる気スイッチというのは
いつでも、どこでも、いくつになっても
面白さ、興味深さ、価値を見出したときに
ON!になるもの

奥深いものに魅せられる人
素直に信じられる人
つまり信仰に近いものを求める人
そんな人が自彊術に向いているかも?
即効性、結果に急ぐ人は無理かな?
じっくり、ゆっくり観察好きな人はOKかも?

少し前に、自彊術が健康体操として
テレビ番組で取り上げられ
長野県で、現役臨床医として働く81才の医師が
自彊術を治療に取り入れ
患者さんに指導を行っているという
医師曰く、

「健康であるということは、1億円もらうより嬉しい!」


体操するということは
➀身体を意識し、気遣うということ
➁骨格を正しい位置に戻し
内臓を正しくその器に入れること
③適正な筋力をつけること
④心身一如を実感すること
⑤生きていることを実感すること

すべては、この身体あってのこと
そんなシンプルなことに
今更気づけた幸せに感謝♡


         
[PR]
by miyukita-ka | 2014-10-25 14:35 | Health | Comments(0)

グラハム食パン

          ぷりぷり~おしりみたい! 見た瞬間、思わず笑顔に☺
e0326699_15472387.jpg


       思えば、子どもたちが幼い頃
       よくおしりを見る機会があったけれど
       最近は、めっきり、ないなぁーと
       子どものおしりって、癒されるんですよねー(#^.^#)
       日に何度もオムツを換え、その度、お尻を拝んでいたあの頃♡

       パンの発酵も、そのかたちにそっくりで、まぁるい山ふたつ
       What a healing shape !

       発酵器を使わず、ほったらかしでも大丈夫
       天然酵母パンの発酵温度に適したいい季節です
       夜寝る前に仕込んでおけば、朝一番で、いい感じに一次発酵完了
       夜中に酵母さんが、せっせと働いてくれたお蔭
       ありがとー酵母さん(*^^)v


             ジャーン! キレイに狐色に焼き上がりました~
e0326699_1624756.jpg


       今回使用した粉はキタノカオリ
       キタノカオリだけでは、ふんわり仕上がるので
       コシと弾力をプラスすべく、イーグルを2割ほど混ぜます
       ふわふわより、どこか噛みごたえがないと満足できず☺

       明日の朝が楽しみ♪
       久し振りにたまごサンドでもしょうかな?(*^-^*)
[PR]
by miyukita-ka | 2014-10-21 16:11 | Breads | Comments(0)

スイートポテトメレンゲパイ

e0326699_15124196.jpg


      今日は比較的温かですね♪
      ここのところ、温度調整が難しく、日に何度も着たり脱いだり
      しかし、その温度差がじわじわと木の葉を染め上げ
      少ーしづつ、庭木の葉っぱが色づいて来ました
      美しい澄んだ空とオレンジや黄色に染まる木々
      今年はどこで、どう紅葉を楽しもうかと考え中・・
      人混みは苦手なので、なるたけ静かなところを探します

      秋の味覚の楽しみのひとつ、サツマイモ      
      子どもたちがお芋が大好きで
      焼きいもを学校の下校時刻に合わせて焼いておきます
      ほかほかねっとり、焼きたてのお芋は最高のおやつ
      
      堀りたてより、暫く寝かしたほうがねっとりと甘味が増し
      オーブンで低温で焼くのがポイント
      じわじわと火を通した方が、水分がとばずにこっくりと焼き上がります

      スイートポテトをタルトにしてみました
      白崎裕子さんの ”ざくざくタルト”を参考にタルト台はバターを使わず
      菜種油と黒練りごまを入れ、香ばしく簡単に出来ました

      スイートポテトにはメレンゲを加え、ふんわりと仕上げ
      またトップにもメレンゲをのせて焼いてみました
      メレンゲはもっとたくさん盛った方が良かったかな?
      二層になるイメージだったのですが
      焼き上がるとメレンゲがしぼんでしまいました~

      やさしい~甘さのスイーツです♡
      和風スイーツなので、温かい日本茶が合うかな?
[PR]
by miyukita-ka | 2014-10-21 15:46 | Sweets | Comments(0)

キャロットケーキ

e0326699_157562.jpg


      素朴なケーキの王道 "キャロットケーキ”
      植物油で作るので、ほぼ材料を混ぜるだけ
      今回は「アメリカ郷土菓子」 原亜樹子さんのレシピを参考に
      少し、私なりにアレンジを加えて作ってみました♪
      アメリカのレシピは、砂糖の量が半端でなく
      膨張剤に重曹をよく使用しますが
      重曹を入れると、どうも苦味があり、舌がピリピリさえするのでカットし
      ベーキングパウダーも半量に

      油を減らし、ヨーグルトを加えるレシピなので、しっとりとした生地
      トップにはサワークリーム、水切りヨーグルト、メープルシロップを
      混ぜて、フロスティングをのっけてみました??

      アイシングをのっけるより、あっさりとしていてgood!
      素朴でヘルシー系のケーキ
      やはり、こういうの好きだから、また研究しょう~(^◇^)



      
      

     
[PR]
by miyukita-ka | 2014-10-18 15:22 | Sweets | Comments(0)

百万遍の手づくり市

e0326699_13293678.jpg


      今日はまた朝からいいお天気で、ウキウキしますね♪
      日本語のこの擬音語、擬態語というのは日本語ならではのもの
      日本語を学ぶ外国人にとっては、厄介であると同時に面白いだろーなぁと
      マンガにはこの手の言葉が頻発し、英訳するの難しいだろうなと思えたり
      何気に覚えた日本語ですが、ユニークでなかなか面白い言語ではと・・

      ところで、先日15日も、よいお天気に恵まれ京都百万遍まで遠足☺
      同時に、小2の息子も京都市動物園に出掛け
      親子揃って、ダブル遠足の日となりました♪

      15日は京都駅前のバス停から、すんごい人で
      紅葉にはまだ早いものの、人・人・人・・
      大変賑わっておりました!

e0326699_13473364.jpg


      平日にも関わらず、百万遍の手づくり市は、またすごい人
      手作りする人、手作りが好きな人
      みなさん、幸せそうでした??

      「市」は原始的な人と人のコミュニケーションの場であり、出会いの場
      ずっとずっと、心のどこかに、その光景が残ります
      幼い頃、よく母について行った、お肉屋さん、八百屋さん、豆腐屋さん
      四半世紀前、ヨーロッパの朝市で見た光景、街角の対面式のクッキー屋さん
      おぼろげながら、そのお店の人の顔まで覚えています
      対話を通して、買い物をするというのは、その場その場のストーリーを紡ぐような
      「これが欲しい」「これを売りたい」というお互いのニーズが一致して
      「あなたも私もハッピー♪」という関係性が成立
      そして、そのウキウキ感が立体的な思い出となり、心に刻まれる
      スーパーやコンビニでする無言の買い物は、どこか平面的
      互いの感情の交換、笑顔はありません☺


e0326699_14131782.jpg


      La pauseさんのお菓子
      いつ訪ねても、人だかりの人気店
      趣味のよいデイスプレイ、感じのいい若いカップル
      相当な実力を持ちながら、どこか控えめで
      その雰囲気が、また魅力的
      最近は、京阪神のみならず、名古屋の方まで進出しているらしく
      作るのも、移動も体力的に大変だろうなぁ・・と

      La Pauseさんのマカロンとクッキーが大好きで
      大切に頂こうと、まだ食べずに置いてあり
      もったいぶった母の態度に子どもたちは、食べたくてやきもき。。


e0326699_14211826.jpg


      靴下を使ったお人形
      アメリカ発だそうですが
      ユニークでカワイイ(*^-^*)


e0326699_14233391.jpg


      ボタンにアクリル絵の具を使い、イラストを描くという
      すんごい細かい図柄を描いてらっしゃるのにびっくり!
      小さなボタンの中にぎっしりとストーリーが込められていて
      まるでそれは小宇宙のよう
      お話を聞き出すと、作家の方はとても嬉しそうにしてらして
      小さなボタンに凝縮した時間と思いが、ギュッと詰め込まれ
      その方の魂さえ伝わるような感じ
      アートとは、やはりスピリチュアルなもの

e0326699_14314736.jpg


      今回の意外な出会い「しゅろたわし」
      遥々、和歌山からいらした、たわし屋さん
      とってもキュートなたわしの形に魅せられ
      繊維が柔らかなので、身体磨きも、鍋磨きにもよいらしく
      足磨きと台所用を購入
      お店で出会ったご婦人が、その使い勝手のよさを絶賛されていたのを信じて
      以来、毎日、しゅろたわしで足磨き✨


e0326699_1441374.jpg


      梅村マルティナさんのお店はこの通り
      相変わらず、警備のスタッフさんがお客さんを誘導するという
      異様な人気店
      売上の一部を気仙沼に寄付という活動を続けてらっしゃるらしく
      その反響は本当にすごい!

e0326699_14455175.jpg


      滋賀ええもん市の"小さなお菓子屋さん" KIKI"さんが、今回出店されていて
      上手く、お店を見つけることが出来ました
      ほぼ徹夜で臨んだそうですが
      英国菓子専門というユニークさとKIKIさんの気さくな人柄が相まって
      百万遍でも受けてるようですよ♪
      スコーンはなんと120個用意したのだそう・・( ;∀;)

      京都は、やはり集客力がすごい!
      滋賀県に住むと、人込みというのがあまり日常的ではなく
      どうも、あの人の多さに酸欠になるというか・・
      疲れてしまいます(・_・;)
      ゆっくり、息の出来る滋賀県の方が私には合っているのかも?
      しかし、たまには都会的な刺激も受け、洗練されたものに触れ
      また新たな風とうねりが自分の中で起き、創作へとつながればと

      素敵なアーティストの皆さんとの出会いに感謝(*^-^*)

       
     
      

      




      
      



      
[PR]
by miyukita-ka | 2014-10-18 15:05 | Travel | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー