木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

パンケーキ

            なかしましほさんの ”とびっきりパンケーキ” 
e0326699_16541968.jpg


       なかしましほさんのお菓子の世界
       しっくりと来るものがある
       今回のパンケーキは、ホットケーキミックスは使用せず
       しほさんの著書「おやつですよ」のレシピでトライ

       生地がもちもちっと山芋を入れたような感じになる
       シンプルでとても美味しい☺
       水分をココナッツミルクにしてアレンジすると
       ふんわり、なお美味しい~♡
       パンケーキはシンプルに短時間で出来て
       嬉しい限り
       次女が気に入って、何度も作ってました♪
       子どもがおやつをチャチャっと作ってくれるのも
       また嬉しい~

       しほさん、Thank you~??
       お蔭さまで、Happy timeをシェア出来ましたー!



              


       
       

       
       

       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-01-26 17:15 | Sweets | Comments(0)

日本酒セミナー

                素敵な町家風料理屋さん 木波屋雑穀堂 
e0326699_17201511.jpg


       パン作りから、発酵食品に興味が広がり
       古今東西、太古から発酵の力を利用したものとして
       お酒に興味をもつことに*
       お酒は神事と関連深く、適度にたしなめば「百薬の長」とも言われ
       いつも身近にありながら、その作り方については
       現場をよく知らず
       偶然ある日、地域の回覧で
       草津市青年商工会議所主催 ”得する町のゼミナール”の案内で
       「日本酒セミナー」なるものを見つけ
       キラリーん✨
       早速、参加したのが、去年の11月

       創業 文久2年(1862年)
       雪深い琵琶湖の北西部で
       「不老泉」という蔵の敷地内から湧き出る清水を仕込み水に
       酒造りを続ける滋賀県の地酒メーカー、上原酒造
       現場で働く藤井氏より、酒造りのお話を聞くという
       貴重な機会に恵まれました*

       旧道沿い草津本陣近く、細い路地を入ったところにある木波屋雑穀堂
       素敵な和の空間で、ほんわかとした灯りの下
       まるでお伽話を聞くかのような雰囲気の中
       手間暇かけ、量より質にこだわる本物の酒造りのお話に聞き入り
       発酵ものの神秘性と丹精こめて酒づくりをする蔵人の人たちの
       真摯な生き方に触れ、心満たされる時間となりました*

       ☆上原酒造のこだわり
       その①酛(もと)、酒母
         「山廃」という酒蔵内の空気中にある自然酵母を温度操作のみで呼び込み
          育成して仕込むという自然の力が醸し出す伝承の酒母造り
          →市販の乳酸を添加する速醸酛に比べ完成に2倍の時間(1ケ月)がかかる

       その➁木槽天秤しぼり
          発酵を終えた醪(もろみ)は醪袋ごと木槽に詰め
          天秤棒の一端ににおもりをぶら下げ、3昼夜かけて搾るという
          明治時代に行われていた酒しぼり法
          →連続式自動搾機と比べ、3-4倍の時間がかかり、搾りとれる量は85%以下
           その分、最後の雑味が酒に出ず、香り、味にはっきりと差が出るという

      セミナーの終わりに、仕込み水「不老水」を試飲させて頂き
      まさに清水といった雑味のない、体にすーっと浸み込むような感じ
      最後に、今年仕込む新酒からとれた酒粕を皆さんに差し上げますという
      思いがけない約束をして下さり、わぉー!と心躍りつつ帰途に着きました♪
      
                ************

      あれから、数か月・・
      先日、ポストにハガキを見つけ「誰からだろう?」と思いきや
      新酒の仕込みを終え、酒粕の用意が出来ました!という藤井氏からのお便り~( ;∀;)
      嬉しい~♡
      時を同じくして、「酒粕おやつ」南智美著というの本が何故か手元にあり
      (南さんのご主人は千葉県自然酒造り酒屋「寺田本家」の蔵人)      
      酒粕を使ったケーキやパン作りを紹介されていて
      これは、「酒粕でパンやお菓子を作るべし!」ということかとワクワク(#^.^#)
      また、木波屋雑穀堂さんからもハガキが届き

      ”立春2月4日の早朝に絞り上がった生酒をいち早く召し上がって頂く「酒の会」
       のご案内です・・”
とあり
      特別料理とともに、余興として素人噺家さんの落語も楽しめるとのこと!
      もちろん、早速、予約しました~♡

      発酵ものが縁となり、時を経て、またつながる
      今年も好きなことを通して、面白いことありそう(*^^*)
      ひとつひとつ扉を開いて楽しもう♪

      もうすぐ、立春??
      巷では、恵方巻の広告をよく見かけるようになりましたが
      今年は「搾り立て酒粕あります」という酒屋さんの張り紙が何故か目につく
      日本酒という新たな世界が広がりそうな予感

      あーなんかワクワクしますー♪
      素敵な出会いとお導きに感謝!!!



      
            


      




      

       

       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-01-23 17:31 | Essay | Comments(0)

才能を育てること

e0326699_15264168.jpg


       長女は絵を描くことが好きで
       子どもの頃から、発表する機会がある度
       賞を勝ち取ることを目標に必死に描きます??
       しかし、思うようにはなかなか認められず
       ガックリすること多く
       自分より上手い人と比べては自分の才能を疑い
       ぐらぐらしているのが、よくわかります

       スポーツ、芸事、仕事、全てに関して
       すぐにはいい結果が出ることはありません
       七転び八起きで少しづつしか芽は育たず
       諦めずに続けるには
       温かく見守る人
       前向きにサポートしてくれる人が絶対に必要

       As a writing teacher, it is my experience that if I praise
       a student's strength, the weakness eventually fall away.
       If I focus on the weakness, strength, too, may wobble
       and even vanish. A young writer is like a young horse.
       The basic gaits must be developed before too much
       perfection is required.
       
                ”The write to write" by Julia cameron

       「書きものを指導して来た経験から
        長所を褒めると短所が次第になくなり
        短所をフォーカスすると長所もぐらつき、消滅することさえある。
        若いライターは若馬と同じく、完璧を要求するより基本となる歩幅を
        身につけなければならない。」

       アートというものは正解がない分、批判にさらされやすく
       若く、これから才能を開花しようとする若者が
       慈悲のない批判にさらされ、折角の才能を縮みこませるという
       現実を多々見て来たとキャメロン氏
       一方、さほど才能はなさそうでも恵まれたサポートを受け
       世に出て大成することもあるという

       批判的な風にさらされすぎない為に
       周囲に城壁を築き、守られながら育てるのも大事だとも
       また批判的な人を避け       
       好きと言ってくれるファンを周囲に集め
       後押し体制を整えることが必要らしく

       確かに、先日、美容院でのスポーツ教育の雑談の中で
       「親が無関心では、子どもは絶対頑張れないよ!」と聞いたばかり

       卵が孵るまで、親鳥は卵を温め、外敵から守り続けるように
       慈悲の心で応援し、守り続けることが
       才能を育てるということ

       親だけではなく、先生、友だち
       色んなサポートあっての子育て
       少しづつでも城壁を築けたらと(#^.^#)






       

       
       
     
       
       
       

       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-01-16 16:36 | Children | Comments(0)

微生物の働き

                    *Raisin pain
e0326699_14412550.jpg


        先日、胡桃パンと黒パンが上手く焼けたので
        近所のお友だちに声をかけると、即買って頂き
        「親子で美味しく食べたよ~」と嬉しい??を下さいました♪

        また、実家から届いた大根など、お野菜もお裾分けしたのですが
        そちらの方も「瑞々しく美味しい」と喜んでもらえたようで

        パンは発酵が上手く行けば、味も見た目もよく仕上がり
        いかに酵母という微生物さんが働きやすい発酵場を作るか
        最近の発酵場は炬燵の中
        また、具合よく一次発酵したものを冷蔵庫に入れ
        発酵を一旦休ませてから
        次の二次発酵させると具合よく出来るような気がします
        一気に、短時間で発酵させるより
        ゆっくり休ませた方が、微生物さんも充電出来るのか
        また二次発酵で頑張ってくれます*

        野菜も土壌のよさがいい作物が採れる鍵なので
        それも微生物さんが生育&働く環境次第
        義父母は野菜の切れ端や卵の殻など
        捨てずに、畑の肥やしとして利用しているそう

        私のパン、義父母の農業ともに
        微生物さんの働きにお世話になっていると
        気づく次第です

        目に見えないところで
        せっせと働く微生物
        考えれば、お腹の中にも善玉&悪玉菌がバランスをとり
        健康を保てるわけで
        私たち皆、微生物に生かされているんですよねー

        パン作りから
        目に見えない生きものに生かされているという事実に
        辿りつくとは・・・

        Life is so much fun !



        
        
        
        
[PR]
by miyukita-ka | 2015-01-16 15:24 | Nature | Comments(0)

お裾分け

                 My スコーン&胡桃パン 
e0326699_15354479.jpg


       今日は嬉しいお裾分けを頂きました~♪
       先週、自彊術新年会で
       贈りもの用に作ったパン&お菓子を皆さんにお裾分けしたところ
       今日のレッスンで「ありがとー、美味しかった!」と
       皆さんから声をかけて頂いた上
       お料理好きの人から、とびっきり美味しい
       「自家製ちりめん山椒」を頂きましたー(*^^)v

       ♡美味しいものを作るコツ
       その①素材へのこだわり
          ちりめんは早朝、車を飛ばして朝市で買付けるとのこと
          やはり、なにより鮮度が大事!
       その➁何度も繰り返し作る
          レシピ+ α =自分の味
          「+α」が "その人らしさ" 色んなやり方を変え、とにかく作ること!

       ☆結論「学問に王道なし」
        お料理にも近道はなく、繰り返しが大切!

       「自家製黒豆」も別の人から頂き
       ふっくら、とてもいい具合に炊けていたのでコツを訊くと
       その①火加減
          作り方はシンプルながら、いかにじっくりじわじわと火を通すか
       その➁手間暇かけること
          一気に炊き上げず、冷ましてはまた炊くなど手間暇かける       

       ☆結論 レシピより何より、素材とどうじっくり付き合うか

        
       パンやお菓子、お料理全般に言えることですが
       味付けより、食感が美味しさを決めるポイントではないかと
       味付けはむしろ、素材を引き立てる程度でよく
       京料理などそうですが、主役は素材そのもの
       素材の性質を知る為にも、じっくり時間をかけて付き合う
       その辺をマスターするよりないかと

       何事も知る為には、じっくり時間をかけるよりないですね♪
       「ちりめん山椒&黒豆」
       日本人で本当によかった!
       少しづつ、大切に頂きまーす(#^^#)

       *感謝感謝*


     
 
       
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-01-15 16:44 | Essay | Comments(0)

無常ということ

                    ??My cookies??
e0326699_17122692.jpg


        人生何が起こるか、本当にわからないもの
        仏教では、「無常」を説きますが
        年を重ねるにつれ、それが現実として目の前に展開し
        今当たり前にあることが、明日はないかもしれない
        現実を目の当たりにします

        以前、ある本を検索にかけ
        同じ本を読んだ人のブログにhitし
        以来、時々訪問するようになりました*
        同じ本を読むというのは、価値観や感性を共有することであり
        その方はまた、偶然同い年で、興味や方向性、性質まで
        自分と似通ったところがあり
        会ったこともないのに、気になる存在となり

        なんとなく元気がないとき
        心が宙ぶらりんなとき
        その人のブログを訪問しては元気をもらうことがありました*

        数か月ほどのご無沙汰ぶりに、何気に訪問すると
        なんと病を発症されていることを知りました
        それもALS(筋委縮性側索硬化症)という難病を

        理工系の大学院卒後、研究技術開発職に就かれ
        海外でも経営者の経験があり
        数年前に独立、コンサルタント会社設立し
        ベンチャー企業設立支援など、それまでのキャリアと自分の才能を
        フルに生かした仕事を生き生きと始めた矢先の発病のようで
        なんとも言えない無常感に

        常に前向きに、これまでの仕事を自己の信念に基づき進め
        事業拡大に貢献されてきた経緯が見てとれるだけに
        人生半ば、これからという時に

        しかし、彼のブログによると
        泣き言は一切書かれておらず
        まるで他人事のように、経緯を記されているのがなんとも言えず
        常に前向きの言葉で溢れています

        病は生きている証ではあるけれど
        なぜ?とその無常に頭を垂れるよりなく
        「一寸先は闇」とはこういうことかと

        つまらないことでイライラしたり
        目先の利益に目がくらんだり
        本当にやるべきことを怠ったり
        優先順位を誤ること多々ですが

        与えられた境遇で
        与えられた残り時間の中で
        与えられた命を
        大切に使う

        無常の世という現実に改めて気づき
        本当にやるべきことをやろうと

        偶然にも出会えた人の人生に感謝して☆


        
        

       
        
        
        
        
        
      
[PR]
by miyukita-ka | 2015-01-14 17:30 | Essay | Comments(0)

Pot luck Party??

             ざっくりスコーン 最近我が家で人気者☆
e0326699_16163433.jpg


       今日は、秋に自宅を開放して手作り市をして下さった方のお宅で
       持ち寄りPartyにお声をかけてもらいました*
       皆さん、ささっと気の利いたものを、ぱっと持ち寄れる感じで
       小さいお子さま連れの若いママさんも数人いらっしゃり
       子連れで,さらっとPartyに参加し、子どもたちを適当に遊ばせ
       適当にママたちもおしゃべりを楽しんでらっしゃる
       関わり上手なところが素晴らしいー♡

       子どもが小さい頃は、どうしても生活が閉塞的になりがち
       それがストレスとなり年中イライラ
       そこに穴をあけ、風通しをよくするためにも
       こんな交流の場を提供することは
       自分の為にも、人の為にもいいことだと
       実際、Partyを主催して下さった方も
       1歳の子どもさんがいらっしゃり
       その器の大きさに感心するばかり

       振り返れば、子連れでママたちと関われるのは
       子どもが小さい時だけで
       その時間は本当に濃密なもの
       その時にしか出来ない時間の使い方として
       豊かな生き方だなと
       聞けば、子連れのママさん方は育休中らしく
       期間限定ならではの濃密さもあるだろう
       働き続ければ、疲労困憊
       専業主婦で、ずっと一緒もかなりキツイ
       その中間的な育休中のみの子育て専業
       メリハリ感があり、いい感じがする

       3才の子どもと久しぶりに遊ばせてもらい
       こんなにかわいいものかと心底感激♡
       また赤ちゃんを抱っこさせてもらい 
       その甘い香りと柔らかさに魅せられ
       心が浄化されたようで
       帰宅してからも、なぜかいつもより穏やかな心でいる      
       自分を発見!
       小さい子どもの癒し効果は抜群でありました*

       自分の目の前にその幸せがあるときは気づけず
       過ぎ去ってから、その豊かさに気づく
       純心で、色メガネを持ち合わせない
       そのピュアな感性のかけがえのなさ       

       Pot luckで美味しい手作りのものをご馳走になり
       おまけに、心の洗濯までしてもらったような
       豊かなお裾分けを頂けた幸運に心から感謝☆

       
       
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-01-13 17:06 | Essay | Comments(0)

胡桃パン&黒パン

e0326699_1551527.jpg


       今日は「滋賀ええもん市」の日
       お外は少し寒いですが、風もなく晴れ間もありまあまあのお天気で
       どんな出店だったんだろう...と気になって

       今回の出店は見送ったものの
       パンを焼きたくて
       いつもの胡桃パンと黒パン焼きました
       Myパンは発酵器を使わず、自然の温度で調整しつつ作るので
       毎回微妙に出来具合に違いが出ます

       
e0326699_1614961.jpg


       今回の胡桃パンは、見た目も食感もよく
       いい具合に出来て嬉しいので
       いつも買って下さる近所のお友だちにお声かけし
       少しお分けしました*
       「嬉しいー」を即、キャッチして下さる人が
       そばにいる幸せ、本当に有難いことで♡

       いくらいいものが作れたと自分では思っていても
       誰かがそれをキャッチし、共感してくれる人がいなければ
       何の価値もなく
       ただ、ひとりでも喜んで下さる人がいれば
       その価値が認められたということで
       価値というものは、自分では決められない
       他に委ねられているという、曖昧なもの

       けれど、好きなことは止められず
       「美味しかった!」という言葉を信じ
       背中を押してもらい続け
       細々と続ける
       そんな繰り返し

       8年ほど前、何気に始めたパン作り
       5年、10年経っても、作っているだろうか?
       子どもたちが巣立ち、お家で食べてくれる人がいなくなっても
       きっと、また違うかたちで作っているだろう

       My胡桃パン&黒パン 
       一緒に年を重ね、大切にそばで育てて行こう☆




       
       
       
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-01-11 16:25 | Breads | Comments(0)

♡Happy birthday♡

e0326699_1572697.jpg


       1月9日は次女の13歳のBirthday♡
       13年前、ほやほやの赤ちゃんであったなんて
       今や想像つかず...
       おっぱい&だっこ魔で
       いつも母にはりついてないとダメな人で
       肩に血豆が出来るほど、おんぶ紐を多用し
       二歳を過ぎても、おっぱい離れが出来ずに
       なんか痛いーと思えば
       おっぱいが枯渇してもなお吸い付くので血が出てきたり
       思えばあの頃は、色々ありましたー|д゚)

       今やよく気が付くいい娘で
       人のお役に立つことを喜びとするような
       いい感性を持ち合わせる人で
       私や夫が夜遅く帰宅することがあると
       「おやすみなさい」とメモが玄関に置いてあったり
       弟のごはんの用意をささっとしてくれたり
       「洗濯物いれといてー」と頼んでも嫌な顔せず
       「はーい!」と2階へ即、かけあがったり
       本当にいつも助けてもらっています*

       きっと、学校でも陰ながら働いている人なんだろうと
       フットワークのよさというのは
       ひとつの才能
       人のために働くのを厭わない
       働くというのは、「はたを楽にすること」と
       斎藤一人さんが著書でおっしゃってました
       13歳の彼女に見習い
       母も「はたを楽にする」べく働けたらと

       何事も感性が大切
       いい感性に恵まれたことに感謝☆

       ところで、昨年暮れから3回目のデコレーションケーキ作り
       練習を重ねることで、少し手早く作れるようになりました*
       
             ”Practice makes perfect.”
      
       何回も 繰り返しすることって大切ですね(^^)/








       
       

       
       
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-01-11 15:50 | Children | Comments(0)

パンケーキタワー

                なぜか、ずっとやってみたかった!
e0326699_21542894.jpg


       日曜日の朝ごはんに、よくパンケーキを焼きます
       「バムとケロの日曜日」の絵本を読んで以来
            日曜=パンケーキ
       に憧れる息子の密かな願いであり
       メープルシロップたっぷり+sweet&softなパンケーキの朝食は
       幸せな空気に包まれます

       普段は、フライパン一杯に大きく焼き
       ぐりとぐらのカステラ風に仕上げますが
       ちょっと手間ひまかけて
       小さなフライパンでチマチマ焼いて、重ね
       メープルシロップをジュワーっとかけてみました*

       ただ上に重ねただけなのに
       テンションUP!
       ホットケーキミックスは色々と試してみましたが
       お手頃なお値段の割には
       しっとりとソフトな食感に仕上がる
       生協のものがお気に入り

       ホットケーキミックス袋裏面のレシピ
       +ヨーグルト&サラダ油、各大さじ1ほど加えると
       しっとり美味しくなります♡

       バムとケロのお話だけでなく、色んな絵本にパンケーキが
       よく登場するのは、シンプルな美味しさゆえでしょうか?
       
       メープルシロップ&パンケーキ
       シンプルならではの美味しさです(#^.^#)




       
       
     

       
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-01-11 15:05 | Sweets | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30