木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

自彊術⑨

e0326699_16323577.jpg

自彊術を始めて以来、変化する「身体意識」
身体は一番近くにありながら
その中身は見えないので
日常的に、そこに意識を向けるなど
若い頃など、考えたこともなく
自分の体に済まないことをして来たとさえ思う

アレクサンダーテクニークの講座で
スケルトン、骸骨の模型を見せてもらい
中国医学で言う、"五臓六腑"はその中にあるという
当たり前のことに気づき
骨格のあり方の大切さ
不思議な形をする骨の組み合わせと
関節などがよく動くお蔭で
色んな動作が可能であり
またその骨格が内臓を包むように守っているという
印象を受けた

骨格、関節、筋などが、あるべき位置にあり
整うようお手入れすることにより
動作を円滑にし
骨格がしっかりすることで
適切に筋肉が付き
酸素や栄養素を運ぶ血管も細部にわたり機能し
内臓も適切に動作するのではと

内臓は自律神経により動くので
意識して動かすことは無理でも
骨格は、体操することで動かすことが出来る
       
最近、姿勢のよい人、悪い人がとても気になる
姿勢のよい人は、顔立ちもシャキッとした印象を受け
年齢に関わらず、快活な感じがする
姿勢の悪い人は、明らかに鎖骨が歪んでいたり
猫背で、垂直にスッキリと座れない人が多い

姿勢ひとつで、顏と身体の線がスッキリとし
若い人は、さらに美しく
もう若くない人も、見た目若返り効果があるので
姿勢よく保つことを、日常的に意識することは
美しさをキープするには、何よりも大切

自彊術の先生を始め、生徒の皆さんは
姿勢が美しく、しなやかな動き
快活な感じのする方が多く
何事も意志の力と日頃の鍛錬が大切かと

快活な人は、世の中を明るく照らし
気持ちの良い空気を感じさせる
「快」の状態を自分で作り出し
「快」の人と関われる自彊術教室

地味ながら、奥深い体操であるには違いない



        
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-06-27 13:53 | Health | Comments(0)

ごはんパン

e0326699_149401.jpg


       今回のお焼きは、ごはんパンにしてみました*
       粉全体の重量に対して、3割をごはんにすると
       もっちり&お米の甘味が加わり
       なんとも言えない美味しさ☺
       小麦特有の香ばしさプラス
       ほんのりとした甘味が新鮮な感じ
       お米って、甘いんだ!とわかります

       炊いたごはんを使用するので
       水分を多く含む為
       いつもより、水分を減らしながら
       具合よく生地を仕込みます

       生地に、胡桃と黒米も練りこみ
       中には餡子を包み、こんがりと焼くだけ*
       フライパンで焼くと、表面はカリッ&中身はモチッと
       美味しいですー

       ごはんパン、新たな研究課題、ミッケ!☺





       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-06-22 14:30 | Breads | Comments(0)

父の日に

e0326699_13202070.jpg


       故郷の父はどうしているだろう?
       離れて暮らすと
       気になるけれど
       父とはあまり話すことなく
       なぜか遠い存在

       義父は、餡子が大好きで
       今回も、お焼きを贈ることに
       「お礼言う前に、あんぱん、ふたつ食べとなった」と義母
       父母ともに、お元気そうで本当に有難い

       実家の父にも電話をして
       元気であることに安心
       
       一緒に暮らしているときは
       元気でいることが当たり前で
       不平不満をぶつけることも多々あれど
       年老いて、離れて暮らすと
       元気であること、それ以外何も要らなくなる

       
e0326699_13422945.jpg


       次女が父へ贈った鉢植え
       愛らしく、窓辺に彩りを添えている
       
       贈りものをするとき
       3つの選び方のパターンがある
       ①相手の好きなもの、喜びそうなものをよく考えて選ぶ
       ②自分があげたいものをあげる
       ③必要なものをあげる

       次女と私は  ①or③
       夫と長女は  ②
       
       ①or③  相手の立場に立ち、思い巡らす傾向
       ②    自分本位に考える傾向

       プレゼントの選び方にも
       それぞれの"ものの見方"が表れるから面白い
       どちらがいいかは別として
       「何かプレゼントしたい」という気持ちを
       有難く頂戴することにしている


e0326699_142677.jpg


       義母にはスコーンを
       贈りものをしたり、もらったりする相手がいること自体
       幸せなこと♡

       皆さまも、父の日に
       何かやりとりはあったのでしょうか?

       
       

       
       
       
       
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-06-22 14:08 | Essay | Comments(0)

わらび餅

e0326699_23543318.jpg


       大好きな「わらび餅」
       ふにゅふにゅした食感+コシがあるものがいい
       キナコラーの私としては
       気温が高くなると、ムショウに食べたくなる、ひんやり系和スイーツ
       作る手順は、わらび粉と水を火にかけるだけですが
       火力と、ねりあげ具合により
       微妙に食感が変わり
       シンプルなものほど
       やはり、奥が深い

       今回は、いい感じに仕上がり
       あっという間に、完売!
       きなこと黒蜜で、美味しく頂いただきましたー☺
       
       暑いときは、あっさりした和スイーツが一番
       「日本人でよかったなー」と思うひととき(#^.^#)

       
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-06-18 00:10 | Sweets | Comments(0)

好きなもの

e0326699_23263760.jpg


       「ここに来れば落ち着くなー」という場所もあれば
       「これがあれば幸せー」というものもある

        ☆黒パン with creamcheese & ゆずジャム
        ☆オートミールクッキー
        ☆キャロットケーキ

        お家で、ほっこりひとりランチするとき
        よく食べるもの

        自家製パンは、本当に落ち着く
        何度焼いても飽きず
        食べるたび、満たされる

        オートミールクッキーは甘さ控えめ、滋養たっぷり
        堅めで、噛みごたえあるので、少しで十分
        余計なケミカルフリーで、身体にやさしく安心♡

        キャロットケーキは、人参がたくさんあるとき
        ささっと作れ、小腹がすいたときに少し食べると満足

        どれもなぜか、少し食べるだけで
        心満たされる

        好きなものは身体だけでなく
        心を満たすから
        細胞の隅々、魂まで喜ぶような気がする

        だから、元気になるのかな?
        好きなものを大切にすることは
        自分を大切にすること





        
        

                
[PR]
by miyukita-ka | 2015-06-17 23:53 | Essay | Comments(0)

アレクサンダーテクニーク③


ちょっと早い父の日のお祝いに
大津プリンスホテル "New York"でお食事 
e0326699_1474515.jpg

「すなわち、私の欲している善はしないで
 欲していない悪は、これを行っている」
 ローマ人への手紙 7:19

アレクサンダーテクニーク
先月、京都自由学校の講座で体験して以来
その「心と身体の相関性」について
ひとつの考えかたとして知ることになり
       
●心の感じ方 
→「誤用」緊張、不安 → 失敗、病気
  「善用」リラックス → 適切なパフォーマンス、健康

●「刺激」に対する「反応」
  → 適切な方向性 (頭・首・背中を楽に)に従い
    不必要な緊張、心配・不安を抑制(inhibit)
     → 生来備わる力が活性化
       → 最大限の力を発揮出来る

「心が作り出す」緊張や不安が
 身体を縮こませ
 適切に力が発揮出来ないどころか
 長期に渡る筋肉の緊張が
 原因不明とされるリウマチなど病まで
 引き起こすとされ
 いかに身体の緊張が
 知らず知らずのうち身体を蝕むことになるかと

真面目に生きて来た人が早死にしたり
不摂生している割には、案外健康で長生きだったり
「緊張」という、キーワードをヒントにすれば
その辺の謎は解ける

目的達成主義(end-gaining)の戒め
 必要な手順を踏まず
 最短距離での目的到達を目指すことで
 執念で視野が歪み
 その場の仕事に集中出来ず
 事故やけがを起こし
 その代償は、あまりにも高くつく
 → 「急がば回れ!」


ローストビーフ&チョリソーのスープ
e0326699_15225359.jpg

いかに、不必要な緊張や不安から解放するか
心が緊張すると
 → 首、肩、背中が縮こまり
 → 息が浅く
 → 酸欠状態に
 → エネルギーが活用出来ない
 → どっと疲れる

緊張している自分を観察すると
 → 身体は前かがみに(背中が猫背気味)
 → 首は少し前に
 → 息が小刻みに

「心身一如」という言葉通り
「あー緊張してるー」と気づけば
「首は楽に、背中は長く広く
 というATの言葉を思い出し
 リラックスを努める
 すると・・
 自然に大きく息をしている自分に気づく
「刺激」は変えられないが
「反応」はコントロール出来るという
 ATの考え方をいつも年頭に置く

       

大津プリンスホテル 37F レストラン 
"New York"の窓辺から
e0326699_1540428.jpg
   
人間の身体には、恒常性(ホメオースタシス)が備わり
心身を傷めることあれど、適切な休息を取れば
回復する機能が働く

●右に振れば → 左に
●疲れれば  → 休む

そのバランス感覚のある人は
健康で、怪我や事故に遭うことも少ない



         
壁一面の窓からの琵琶湖の眺め
e0326699_2235746.jpg

緊張は体に現れる
肩、首、背中、後ろ姿からもわかる
緊張すると、癖のある仕草が増える
緊張の対局にあるリラックス状態である瞑想
確かに、深い瞑想中は
動作は静止し、呼吸のみに集中している

しかし、緊張は不必要なことが殆どで
パフォーマンス低下、怪我、事故、失敗
果ては病気となると
いかに、リラックスを意識し
生活するかことが大切かがわかる

外界からの「刺激」は変えられないが
自分の内の「反応」は変えられるという言葉を思い出し
身体と心を整え、"Just relax!"

そんな自己洞察を深めることで
心身ともに健康となり、思いが実現するならば
  
   "Just wonderful!"

アレクサンダー テクニーク 
学ぶ価値あり!



長女のデザート♡ x 3 は食べてました!
e0326699_23192368.jpg


       
     
       


                            
                     
                   


     


        
[PR]
by miyukita-ka | 2015-06-17 15:51 | Health | Comments(0)

滋賀ええもん市出店お休みのお知らせ

             相変わらず、焼いています☺ "胡桃パン"
e0326699_22441830.jpg


         パンを焼くようになってから、約7年
         ホシノ天然酵母で、パンを焼くようになってから、約2年?
         手作り市に出店するようになってから、1年が過ぎ
         パン作りは、すっかり生活の1部となりました♪

         パンや粉ものが、昔から大好きではありましたが
         こうして、月1回のお店を出すことになるとは
         思いもよらずで
         「幸せー♡」という出店者の人たちとの出会いなくして
         思い切って、一歩踏み出すことは、無かっただろう

         いくら勉強して、知識を得ても
         それをどう生かすかは
         自分で考え、切っ掛けを創り出すよりない
         そのモデルとなる人に出会うこと
         そして、少しでも近づくよう、根気よく努力すること
         すぐに結果は出ずとも、続けること

              
                ***********

         今週末の滋賀ええもん市は、お休み致します*
         パンやお菓子を焼きたくて仕方ありませんが
         プライベートの予定が色々と立ちはだかり
         思うように研究時間が取れません(/・ω・)/
         7-8月もお休みするので
         次回の出店は9月位になる予定です*
         暫く夏眠を取ることで、滋養蓄え
         秋には、またフレッシュな気持ちで
         出店出来たらと思います*

         四季折々の自然が美しい帰帆島
         秋には、どんな風景の中
         どんな出会いがあるのか
         楽しみです??


         
         
         
         

         

         
         


         
         
[PR]
by miyukita-ka | 2015-06-12 23:47 | Essay | Comments(0)

アゲハの幼虫

e0326699_15573757.jpg


       エリック・カール作 「はらぺこあおむし」
       蝶々が、卵→幼虫→孵化して飛び立つまで
       美しい色彩で描かれた、素敵な絵本
       何度となく、子どもたちと繰り返し読みました

       絵本中のお話ではなく
       そんな蝶の観察をする小3理科の学習
       我が家の柚子の木にいた、アゲハの幼虫を観察
       改めて見ると、なんと可愛らしい出で立ち
       葉っぱを食べ続け、ムクムクと成長
       「はらぺこあおむし」そのもの

       小学生の学習は、素敵♡
       自然と一体化し
       知識より、観察
       自然の時間の経過に従い
       "What you see is what you get"
       そのものをみつめるだけ

       急がず、じっくりと観て
       驚いたり、関心を寄せたり
       学習の意欲や動機づけになる
       "sense of wonder"が芽生えるとき

       子どもの学習時間ほど
       豊かなものはないかもしれない
[PR]
by miyukita-ka | 2015-06-09 16:21 | Nature | Comments(0)

遠足

e0326699_15343569.jpg


        今日は小3の息子の遠足の日
        朝から、雨が心配でしたが
        なんとか曇り空で
        最悪のお天気ではなく、Lucky~★

        何日も前から
        「遠足楽しみー」とソワソワ
        草津市をバスで回り
        現在、社会科で学習している地域の特色を
        現地に見て回るというツアー

        小学生は、いつも幸せ&楽しそう
        その真摯な眼差しと
        あらゆるものを楽しむ
        生活の達人

        「お弁当も楽しみー」
        「おにぎり3つとおかずは好きなものいれといて!」と
        
        確かに、自分の子どもの頃も
        運動会や遠足のお弁当は
        とびっきり美味しかった思い出がある
        おにぎり、ソーセージ、卵焼き、そしてデザートのみかん
        それだけで、充分幸せだった

        子どもが幸せそうだと
        周囲も楽しくなる
        いつも元気で居てくれることが
        本当に有難い☺
[PR]
by miyukita-ka | 2015-06-09 15:56 | Children | Comments(0)

加山雄三コンサート②

e0326699_14351693.jpg



       先日、加山雄三氏はコンサートで
       「エルビス プレスリーとの出会いがなかったら
        今、自分はここに、ステージに立っていないかもしれない・・」と
       
       加山雄三氏と同じ時代を生きて来た人たちが
       彼の音楽とともに青春時代を生き
       50年の時を経ても、同じ音楽を聞き
       コンサートでひとときの時間を共有する

       彼らにとっても
       加山氏と彼の音楽との出会いなくして
       今このときを共にすることはなかった

       まるで浜辺に打ち寄せる波のように
       引いては寄せる
       その自然のリズムを繰り返し
       会うべき人とは
       何度も出会うのだと

       大海原にぽっかりと浮かび
       風や潮流など、自然の矛先に沿ってしか進めない船
       そんな船を24隻も作り
       チャレンジを続ける加山氏が
       「何か大きな力に生かされている」という
       自然への畏敬の念を抱くのも
       人間の意志ではどうにも進まないという
       自然と関る経験からだろう
   
       人との出会いも
       目には見えない潮流があり
       自分のコンパスに沿い進むと
       会うべき人に出会う不思議さを感じる
       コンパスとは、自分のものさし?
       大切にしたいことを温めて
       日々過ごせば
       引き寄せられて来る

       それは面白いほどに☺

       
       

       
       
      
       
       

       
       
              
       

       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-06-09 15:25 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30