木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

New York Symphonic Ensemble Japan Tour 2015

                     
                     ♡琵琶湖と空♡
e0326699_6503550.jpg


         暑い晴天の日が続きますが、皆さまいかかお過ごしでしょうか?
         先週の土用の丑の日は、比較的穏やかで涼しく
         そのせいか、鰻のことをすっかり忘れ
         その日は一日、琵琶湖畔で、のんびりと夏の景色と音楽を
         楽しむことになりました♪

         今年も、我が娘の通う草津市立玉川中学吹奏楽部が
         日本人指揮者、高原守氏率いる"New York Symphonic Ensemble"
         共演する機会に恵まれ、琵琶湖ホール、大ホールにて
         夢のような時間を過ごしました

         1979年に発足したNYSE
         Japan tour 2015は、30回目という節目にあたり
         
         ☆7/12日 沖縄からスタート
              →福岡→岡山→横浜→仙台→東京→滋賀(7/23)

         僅か10日ほどの間に、7ヶ所でのコンサートを達成!
         Plus 各地地元の学生たちと共演をし
         次世代の子どもたち&家族に本物の音楽をプレゼント

         滋賀公演では、パナソニック株式会社が主催となり
         Panasonic コミュニティ コンサートとして
         世界で活躍するNYSEの音楽を地元の人々にお届けする
         サポートを陰ながら引き受けて下さいました

e0326699_1344075.jpg


         人生どこで、どんなチャンスが巡って来るのか、わからないもの
         今回の滋賀公演では
         「ひとつになる -Two become one-」 2つの玉川中学のために~
         というオリジナル曲が初披露されました

         草津市立玉川中学の「玉川」は歌枕にある「六玉川(むたまがわ)」に
         因んだもので、もうひとつ同じ名で繋がる中学が宮城県塩釜市にあります
         2011年3月11日の震災を機に、草津市立玉川中学の生徒会が中心となり
         励ましのメッセージを送り続け、遠く離れたふたつの玉川中学の交流が
         始まりました

         その話に感銘した草津市在住の箏/十七絃奏者 麻植美弥子氏が
         近藤裕子氏(現、石巻専修大学人間学部人間教育学学科教授)に
         話をもちかけ、近藤氏の作詞作曲による「ひとつになる」が
         生まれることになりました
         そしてさらに高橋伸哉氏の編曲により、吹奏楽バージョンとして
         今回の大舞台で初のお披露目という経緯を辿り
         震災を機に芽生えた、ふたつの中学の出会いが
         心を打つ音楽となり、大観衆の元に届けられました

         人の幸せを願う素直な心から発し
         偶然と、熱意ある思いが幾重にも重なり
         「ひとつになる」という歌になり
         人の思いと繋がりの力が作り出すものは
         想像を超えるもの
         そんな素直な心と熱い思いを持つ人々が各地にいることに
         安堵感を覚えます


                    ☆琵琶湖と少年☆        
e0326699_1842868.jpg


         NYSEと玉川中学吹奏楽部が共演した曲目は
         ♪ヴェルディ作曲 歌劇「アイーダ」より 凱旋行進曲♪
         サッカーの入場行進曲として記憶にある
         トランペットの格好いい曲

         難しい曲をよく練習したと感心しつつ
         NYSEの奏者の方たちが、彼らの演奏を包み込むように
         前に出過ぎす、引き立てるように盛り上げて下さったのが
         伝わるような素晴らしい共演に感激ー|д゚)

         そして、ラストを飾るアンコール曲は
         ♪エルガー作曲 威風堂々♪
         昨年に続くアンコール曲でしたが、何度聞いても胸に迫る
         素晴らしい行進曲
         NYSEの弦楽器奏者の方々のブレのない力強い
         "キュッキュッキュッ"という規則正しい音が心に残ります

         まるで、別世界にいたような3時間
         吸い込まれるような至福の音楽の時間を過ごし
         琵琶湖ホールを後にした時には、自分の中で何かが入れ替わったような
         言葉では言い表せない、豊かな気持ちに満たされました

         音楽は目に見えないものだけれど
         人の心をとらえ
         満たすものがある
         
         与えれた全てのチャンスに感謝(#^.^#)



         





        
         
         
         
                 

         

         
         

         

     

         
    
[PR]
by miyukita-ka | 2015-07-26 07:01 | Essay | Comments(0)

自彊術⑩

               ☆今朝の空 鱗雲みたいで、とっても綺麗☆
e0326699_1714885.jpg


       私の師事する自彊術の先生は、尊敬すべき立派な方で
       少し前に、師範の認定を受けられました
       全国で12番目というから、驚き!
       全国に5万人以上の賛助会員があり、その中でほんの12人にしか
       師範認定を出していないとは、いかにそれが険しい道であるかが
       伺えます
       そして、その一人の先生に師事出来るという幸せ♡

       「私は自彊術が大好きなんです!」と、さらりおっしゃる先生
       英語の"commitment"という言葉そのもので
       まさに、信仰に近いような、ブレない信念と情熱
       何かをまるごと愛する人は、凛とした美しさがある

       「現実ばかりでは辛いから、夢をもつこと」
       若い頃は、漠然とした空想的な夢を語り
       年を重ねると、現実に引き裂かれつつ
       小さな手の届く夢をひとつづつ積み上げ
       現実を夢にすり替えて行くことが幸せと
       思うようになった

       先生は、70歳を超えてらっしゃりながら
       夢をもち、その実現のため、知恵を絞り出し
       奔走してらっしゃる後姿から、パワーと元気をもらいます
       いくつになっても、「あーしたい、こーしたい」と
       諦めず、エネルギーを注ぎ、実現してゆくものなんだと

       「心身一如」
       心が元気であることが、健康な体を作るのだと
       先生の生き方から、大切なことを学びます
       
       健康を作るか、病気を作るか
       心のベクトルをどちらに向けるか
       そして、ほんの少しの努力を続けることで
       健康という夢を手に入れることが出来る
       
       先生の素敵な笑顔を思い出して
       体操、頑張ろうー☺




       


       



       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-07-20 18:27 | Health | Comments(0)

Lawry's The Prime Rib Osaka with 行正り香さん

           
           ☆都会的で素敵なエントランス Lawry's The Prime Rib☆
e0326699_1533291.jpg


        今年の新年のおみくじは"大吉"!!!
        それを証明するかのような幸運が連続しておりますー
        "行正り香のインテリア"講演会 in 京都で10日程前に
        り香さんにお会いしたばかりですが
        先日15日には「アメリカンビーフのプライムリブ」のイベントで
        西梅田にある"Lawry's The Prime Rib"という素敵なレストランで再びお会いしましたー


e0326699_15261550.jpg


           エントランスを入ると左手にバーがあり
           ここは「大人のお店」という雰囲気


              

              ♡いつも気さくで楽しいお話上手なり香さん♡
e0326699_15301291.jpg


        り香さんはお肉がとても好きらしく
        著作の中でも、ステーキの簡単レシピ紹介されています
        今回は米国食肉輸出連合会主催のイベントで
        まず、り香さんのプチ講演
        お家パーティーのコツ、ワインの選び方、アメリカンビーフについてなど
        楽しく軽快にお話を聞いた後
        美しいセッティングされたテーブルを囲み
        コース料理を頂きました*


e0326699_15513177.jpg


        食事に入る前に、料理長よりご挨拶
        ●Lawry's The Prime Ribの歴史
          →1938年ロサンゼルス、ビバリーヒルズにて創業
        ●アメリカンビーフは穀物飼育であること
          →柔らかく、ジューシーな赤身肉になる
        ●ヘルシー
          →赤身の為、低脂肪、カロリーは約半分(vs和牛サーロインステーキ)
           鉄分、たんぱく質、ビタミンB群、亜鉛など滋養たっぷり
        ●約5-6時間かけオーブンでじっくり焼き上げる為、余分な脂分が落ちる

            などなど、アメリカンビーフのお話を聞いた後
            いよいよお食事が運ばれて来ました*



                 "smokedサーロインのたたき"
e0326699_16124829.jpg



        ガラスの蓋をしたプチステーキ
       これは何?と思いきや
       蓋を外すと、なんとも言えないスモーキーな香りが「ふぁーん」
       スボイドでレモン汁をかけて頂きましたが
       柔らかくて美味しいー☺
       披露宴など、特別な席にお出しする特別な一品を
       わさわざ用意下さったようで
       有難うございますー(#^.^#)



                  "シュリンプカクテル&スモークサーモン"
e0326699_16234768.jpg



       カクテルソースはケチャップ&チリソースなど、ビリ辛な味付け
       サーモンとともに、美味しく頂きましたー



                  "Original Spinning Bowl Salad"
e0326699_16302524.jpg



            サウザンドアイランドドレッシング和え +クルトン入り
            ボリューム満点サラダ☆



                     "クラムチャウダー"
e0326699_16335232.jpg


                アメリカと言えば、このスープ
                とっても濃厚♡



                そして、いよいよメインのステーキ登場!
e0326699_16382889.jpg


       このように、専用サーバーにのっけられ
       一切れ一切れ目の前でカットされ、お皿に盛り付けられます



             ジャーン! "This is an American steak!"
e0326699_16425799.jpg



        本当に赤身なんです!
        とてもソフトですっきりとした口あたり
        こんなお肉もあるんだと再発見!
        付け合わせは

        ●Creamed spinatch ホウレンソウのクリーム和え
        ●マッシュドポテト with gravy sauce
        ●Creamed corn  スイートコーンのクリーム和え
        ●ヨークシャープディング パフのような感じ

        お肉は大阪カット120g(最小)でしたが
        女子にはとても食べきれないボリューム
        ちなみに、カットのサイズ(5種類)は選べるとのこと



             ホイップドクリームホースラディッシュ&ラデッシュソース
e0326699_17233170.jpg


        ほろ苦い西洋大根をすりおろしたものにホイップクリームを
        混ぜたものがホイップドクリームホースラデッシュ
        これらをステーキに少々のせて頂きます
        日本でもステーキに大根おろしをのっけて
        あっさり頂くのと似た感覚でしょうか
        ホイップクリームを混ぜるあたりは、とてもアメリカ的ですが



               "Lawry's オリジナルの塩コショウ"
e0326699_17294760.jpg


        これらをシーズニングとして、お肉にすり込み
        オーブンで焼くのだそう



              Dessert " イングリッシュ トライフル"
e0326699_17342191.jpg



        偶然同じテーブルについた女性3人がとても素敵な方で
        「食と暮らし」という、同じテーマに関心を持ち
        行正り香さんをご縁に、まるで磁石で引付けられたかのように
        初めて会ったにも関わらず話がはずみ
        あっという間の夢のような2時間でした

        り香さんは、食事の後半、各テーブルを回り、皆に声をかけ話をし
        写真を撮ったり、ごく自然におもてなしされるところが
        彼女らしく素敵で

        2年連続京都の講演会に参加し
        質問をした私のことを覚えていて下さり
        今や日本全国で講演やイベントをする方なのに
        その聡明さはやはり半端ではない

        り香さんの著書と偶然出会ったのは約10年前
        あの時、10年後に、その著者と会い言葉を交わすことになるとは
        思いもよらず・・

        それもこれも、今回の米国食肉輸出連合主催イベントのお蔭
        幸せな素晴らしいひとときをプレゼント頂き感謝致します☆
        また、素敵な空間を提供し、惜しげもなくコース料理を
        おもてなし下さったLawry's The Prime Rib Osakaのスタッフの皆さま
        心より感謝致します♡

        豊かな食と豊かな空間、そして心の余裕なしに
        豊かな生活はありません
        ほんの短い時間の中に、ぎゅっとそんなエッセンスが凝縮された
        幸せな思い出

        #アメリカンビーフを見るたび、思い出すことでしょう♪

                               
        




        
               






        
[PR]
by miyukita-ka | 2015-07-17 18:34 | Essay | Comments(0)

風月のお好み焼き

e0326699_1439439.jpg


       ドドーンとこんなにも鰹節をてんこ盛り
       キャベツがほとんどで、生地はほんのつなぎ程度
       じわじわと焼いて
       とき卵をじゃーっと横に別に広げて焼き
       そこへキャベツの生地をひっくり返してのせて
       またひっくり返して
       たっぷりソース+マヨネーズをどっぷりかけて
       おたまで広げて出来上がりー


e0326699_14463832.jpg


       まろやかマヨネーズ&甘口ソースが超美味しいー☺
       ジュージューあつっあつっを頂きました~
       小3の息子が幸せそうに食べてましたー( *´艸`)

       生まれも育ちも大阪の私には、お好み焼きはソウルフード♪
       風月など大手チェーンに限らず
       大阪にはあらゆる街角に美味しいお店があり
       色々思い出すなー
[PR]
by miyukita-ka | 2015-07-17 14:57 | Essay | Comments(0)

メジロ??

e0326699_145499.jpg


       台風が連れて来たものすごい雨風の音に
       昨夜は何度も夜中に目を覚まし|д゚)
       しかし、ここ滋賀県南部は、結局、暴風域にも入らず
       休校を期待していた学校は通常通りあり
       子どもたちは、がっかり↘
      
       その他の地域では、雨の被害が出ているところもあり
       自然の猛威には、誰も本当に無力で
       なすすべがありません

       京都の"祇園祭り"山鉾巡行も予定通り決行され
       見物に訪れた海外や他地方の観光者の人たちも
       ほっとされていることでしょう
       去年はたっぷりと楽しみましたが
       知れば知るほど、奥の深い古都のお祭り
       その伝統技術と美しさは、世界に誇るもの
       台風さん、上手く避けてくれて
       京都はやはり風水に守られているのかな?


                 *********

       ところで、ここのところメジロが毎朝やって来ます
       花の蜜を求めて、春になると旅をする習性があるそうですが
       その姿が可愛らしく癒されます



e0326699_14314685.jpg


       チューチュー美味しそうに蜜を吸っているところ
       花は、人の目を楽しませるだけでなく
       動物にも楽しみを与え
       ただそこに「ある」だけで
       潤いを与え続けます
       そんな豊かな存在
       憧れるなー♡




       
       

   
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-07-17 14:38 | Nature | Comments(0)

パプリカの酢のもの

           暑い夏には、さっぱりした酢のものが美味しいー☺
e0326699_148661.jpg


       急に夏がやって来ました!
       暑いですー(@_@)
       今年は梅雨入り後、さほどムシムシジメジメせず
       比較的涼しい日が多く、過ごしやすく助かりましたが
       一気に来たか~という感じ
       
       暑い時は、食欲ダウンしがちですが
       酢のものだけはさっぱりと美味しく頂けるので
       夏場は、我が家の食卓では定番のひとつ

       韓国パプリカが色鮮やかで
       食欲をそそり
       ピーマンほど苦味がなく、むしろ甘いので
       生のまま酢のものにします
       ささみ、玉葱、胡瓜を細切りにして
       甘酢、レモン汁、お好みでポン酢を同量混ぜ
       塩コショウして和えるだけ!
       あれば、イタリアンハーブをパラパラっと振ります

       ●パプリカ    →抗酸化作用の強いビタミンCたっぷり
       ●レモン(orお酢) →クエン酸が疲労物質である乳酸を分解し血液をサラサラに
       ●ささみ     →高タンパク低脂肪
       ●玉葱      →疲労回復に必要なビタミンB1の吸収を助け、新陳代謝UP!

       パプリカなしに
       胡瓜+玉葱+ささみ+ワカメ+梅肉で和えてもGood!

       さっぱりとした酢のものは、暑い夏にはMUSTな一品
       暑い暑いとぼやかず、元気に過ごせますよー☀




       


       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-07-14 15:49 | Cooking | Comments(0)

仙太郎のもち最中

e0326699_1539555.jpg


       デパ地下の和菓子コーナーで
       いつも行列が出来る和菓子屋さん "仙太郎"
 
       前から気になっていて
       先日、行正り香さんの講演会でちらりと彼女のお話に出て来たのを機会に
       帰りに伊勢丹に立ち寄り、早速購入

       まず、そのラッピングの丁寧なこと
       最中と餡は別包装で
       もち&餡の包装紙は和紙のような上質感があり
       とても京都らしく上品
       どう見ても、ひとつひとつ手で包み、シールで留めてある
       そこでまず、食べる前から、わくわく感UP!
       丁寧に餡の包装を開き
       ぱりぱり最中の皮に挟み
       ほうじ茶と伴に、ゆっくりと頂きました~*

       和菓子の美味しさ、再発見もの!
       最中はちょっと苦手な私でしたが
       これはいけます~☺

       最中の皮のパリパリ感は、まるで和風パイ生地のようで
       餡子の甘さは、すっきりとしていて
       丹波小豆のほくほく感を上手に美味しく引き出しています

       ここのところ、京都は世界中の旅人を魅了しており
       注目度UP↗ですが
       心づくしの丁寧な和菓子という文化にも
       是非触れて頂きたいもの

       和菓子&日本茶
       MYブームになりそうな予感
       日本人でよかったー( *´艸`)



       
       
       
       

       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-07-13 14:00 | Sweets | Comments(0)

行正り香さん②

           り香さんが講演前に食べられたという、仙太郎の最中
e0326699_1534183.jpg


       昨年の7月、初めて京都NHK文化センターでの講演会で
       行正り香さんにお会いしてから、早や1年
       また同じ場所でお会い出来るとは、何という巡り合わせ・・☺

       今回は「インテリア」についてのお話でした
       り香さんのお料理に関する著作の殆どが、自宅撮影
       ページをめくると、り香さんの生活風景がチラっと見え
       
       +素敵な都心の借景
       +美しいインテリア
       +広々としたお部屋  が印象的

       「行正り香のインテリア」という著作には
       住まいに関する独自のアイディアが満載
       とても印象的であったのは
       業者任せにはしないということ
       その為には

       *何をゴールにするか、イメージをはっきりと持つこと*

       ホテルの内装、映画に登場するお家のインテリアなどを
       出来るだけ沢山インプット&お手本を決める
       これがとても重要!

       そもそも、「こんなお家に住みたい!」という思いなしに
       MYお家作りは始まらず
       結局、「何が好きなのか?」という自分探しすることになり
       また「何が好き?」「あなたの夢は何?」と尋ねることで
       考える機会を与えると
       り香さんはおっしゃいます

       何をゴールにするか?
       普段の生活の中でさえ、日々様々な選択に迫られ
       「あーしたい、こーしたい・・」と思いつつ
       思いをかたちにして行くのは、決して楽ではなく
       増して、インテリアやお家づくりとなると
       投資が大きいだけに、それを実現させるには
       かなりのモーチベーションと覚悟が必要

       そして、気になるのは、どう家族と折り合い
       それぞれの意見を取り入れつつ
       上手く、コーディネートするかということ
       独り暮らしなら、my world 全開OK!ですが
       それぞれの思いがある家族の場合
       そうは行かない

       り香さんは、その点については
       「ここだけは、譲れない」という風に折り合うと
       おっしゃっていましたが・・

       空間を広く見せる工夫として
       窓にはカーテンを吊らず、日除けにはロールカーテン
       窓枠を壁紙に合わせてセルフペイントすることで
       窓から見える風景に奥行が出来て
       広く感じさせるのだそう

       り香さんの凄いなと思うことは
       常識にこだわらず
       自分で考え、自分で納得の行くものを作り出してしまうこと
       とことん、考えるのが好きで
       自分の"ものさし"をフル活用されている感じ

       Lightingについても
       色んな著書の中で、よく述べられてますが
       よい空間作りには、光の当て方がとても重要であることは
       同感するところ

       ヨーロッパでは、築数百年?という建物が今も現存し
       上手にリフォームしつつ
       外観からは、想像出来ないようなドキッとするほど
       素敵なお部屋空間を演出するのが
       ほわんとした薄暗いランプや間接照明
       り香さんは、色んな国を旅をして
       そのライティング効果をよくご存じです

       いやーしかし
       よく動き →よく考え →よく感じ
       そこから、オリジナルな何かを作り出し
       → 人に伝え → 刺激を与える

       それも、さらりと、自然体で
       そこが彼女の最大の魅力かな?

       住む空間は、いつも心地よくしたいもの
       「自分の好きなものは何?」と尋ねながら
       少しづつ、MY空間作りしてみたいと思える
       とても、いい刺激になりました*

       Thank you Rika-san!
       
       
       
       
             

       
             

       

       
       
       
       
            
       

     
       
       
       
        
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-07-12 15:33 | Essay | Comments(0)

夕焼け

e0326699_1717541.jpg


       昨日の夕暮れ時
       小3の息子が「あー、夕焼けがきれいー」と言うので
       カメラを持ち、急いで2階へ駆け上がり
       しばしの間、暮れゆく美しい空を窓から眺めていました

       子どもの頃
       家路につきながら、出会った夕暮れ時の美しい光景
       わざわざそれを眺めるために
       外に出て、自転車にのったり、立ち尽くしたり
       あの偶然出会う光の美しさに、身も心も酔いしれる時間
       
       晴れの日の突然の通り雨
       その後の虹を探すために
       外に飛び出すことも忘れない

       そんな感性と審美眼をずっと持っていて欲しいな
       そして、そばにいる人とその喜びを分かちあえるような
       そんな人に育つといいなー☺



       
       
             
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-07-04 17:36 | Nature | Comments(0)

チョコベーグル

e0326699_1711894.jpg


       久しぶりにベーグルを焼きました!
       ココアパウダーが余っていたので、チョコベーグルにし
       ホワイトチョコを中に巻き込んで焼きました~
       
       ☆ベーグルのコツ
        ケトリング後 → 予め予熱したオーブンに素早く入れる!
        そうすると、シワシワにならず、いい感じに焼き上がり~☺

       チョコベーグルと言えば、京都の"Flip up"
       大判で、もっちり、むっちり、上質なチョコの味!
       限られたスペースで、多種類のパンを揃え
       どれもこれも、オリジナルな感じの、大好きなパン屋さん
       
       チョコ系のものは、子どもたちに不動の人気があり
       おやつに、朝食に、あっという間に売れましたー( ^)o(^ )

       

       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-07-04 17:16 | Breads | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31