木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

♪夕照コンサート

e0326699_14422468.jpg


       今年も存分に楽しませてもらいましたー
       ”第23回夕照コンサート” @龍谷大学瀬田学舎、瀬田ドーム
       音楽好きにはたまらない

       ”A special concert of students,by students, for all the
         people in the community and related."

       子どもたちが吹奏楽を初めて以来
       幾度となく、様々な音楽イベントに参加させてもらい
       その中でも、龍谷大学学生さん方主催による
       夕照コンサートに出会えたことは思わぬ恵みというべきもの

       滋賀県地元の小中高のブラスバンド、14校が集い
       開放的なドームのステージで、炸裂する音楽は
       観客を圧倒する迫力

       コンサートと同時に、学生さんたちによる模擬店も
       お祭り気分で、小さな子どもたちも楽しませてもらえます
       その盛大なイベントを主催するのが学生さんたちで
       大勢の学生スタッフの人たちが、元気よく取り仕切ってらっしゃる姿が
       なんとも言えず清々しい

       音楽の練習、イベントの準備
       すべて、並々ならぬ計画性、実行力、日々の地道な努力
       そして、それらを楽しむ心の余裕なしに、成功はありえないでしょう
       
       ”努力することは、素晴らしいことだ。しかし、自分が努力していると
        思っているうちはダメだ。そこには、まだ自分がやりたくない気持ちが
        残ってていて、それでも無理にやっているという不自然さがある。
        (中略)自分のやっていることが、自分にとって自然であると感じられる
        努力をしょう。それこそ努力の神髄であり、醍醐味なのだ。”
      
                         「努力論」 幸田露伴

       学生さんたちによる音楽イベントというのは
       プロのものとは、違う次元の楽しさがあり
       きっと、それは、彼らがイベントそのものを楽しんでいることに
       起因するに違いない
       
       伸び伸びと音楽に浸る彼らの姿が
       ドーム中に、福を撒き散らし
       それを受け取った観客は最高の気分になる

       幸田露伴がおっしゃるように
       地道な練習も、それが自然になればこそ
       一点の曇りのない、明るさとなり、ほんものになる
       若いうちに、そんなことを習得、体得出来れば
       きっと、それは大きな財産になるに違いない

       龍谷大学吹奏楽部による演奏では
       ♪タイプライターという曲が、コミカルでとても印象的
       タイプライター世代の私としては
       あの改行するときの、”チーン”という音が懐かしく
       レトロなマシーンを使っていた人にしか、あの曲の面白さは
       わからないだろうと、なんとなく得した感じ

       若い人の明るさ、無邪気さ、素直さ
       おじさん、おばさんにとっては
       それが何よりの贈りもの
       素敵な音楽イベントに感謝感激♡

       また来年も、楽しませてもらえることを願って☺

       Thanks million !!!


    
       

       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-08-30 16:00 | Music | Comments(0)

夏の終わりに

          水切りヨーグルトのレアチーズ風 さっぱりと夏向きの dessert
e0326699_14321780.jpg


       朝晩が涼しく、過ごしやすくなり
       あの猛暑が嘘のよう
       学校も始まり、年々短くなるような気がする夏休み
       何事もなく、元気に過ごせたことに感謝するばかり

       子どもたちが大きくなるにつれ
       静かな自分の時間が増え
       自由に出かけることが可能になった

       最近、抱っこ紐にぶら下がっている可愛い赤ちゃんや
       幼い子どもたちを、街で見かけると
       この世のものとは思えない愛しさを感じる
       けれど自分が、日々世話をしていた頃は
       ただ重くて、手のかかる存在で
       どうにか日々をやり過ごすことで必死だった

       あんなに可愛いのに
       心の余裕がないと
       何も見えない
       ”忙”という字は心を亡くすと書くけれど
       まさにあの頃は感じる”心”がなく
       心がゆとりを取り戻した今は、その存在そのものがない

       育児中のストレスは
       肉体疲労に加え、神経の疲れも大きい
       常に目を離せず
       離れると、大丈夫かと心配し
       心休まるときがない
       安心出来ない日々が、延々と続く

       夏休みが終わり
       学校へ子どもたちが戻ると
       休み中の世話でくたびれた母たちは、ほっとするのが本音

       晩夏を思わせる涼しい風を感じながら
       夏休みを振り返り
       年々楽になって来たと思う
     
       これからは、自分を充実させることに時間を使おう
       子どもたちとは、適度な距離をとる方が
       いい関係でいられる年頃になって来た
       自分を充実させることが
       彼らにも間接的にいい影響を与えるかと思う

       もうすぐ秋
       一年で一番好きな季節
       どんな秋を過ごせるのか
       まるで、新しいキャンバスを前に
       何を描こうかとワクワクする絵描きのような気分
       いい出会いがありますよーに
       いい出会いに見合った自分になれるよう
       
       Brush up !(*^-^*) !
       
       
       
       
       
       
       

              
 
       
       

       
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-08-30 14:38 | Essay | Comments(0)

The wedding song ♪

e0326699_16205114.jpg


       ♪The wedding song by Kenny.G

       ふとした瞬間に、はっと美しいと思うことがある
       心が安らいでいるとき
       何気に耳にする音楽
       夕食の時、よく聞くKennny G.のアルバム "Breathless"
       その最後の曲が ♪The wedding song

       何度も聴いている曲なのに
       何故かある日、心に染み入るように美しいと感じた
       You tubeにUPされている結婚式の写真がまた感動的で
       若さゆえ、純粋に信じることの素晴らしさ
       前に踏み出すことの勇気、夢、希望、冒険
       そして一抹の不安
       明るいばかりでない憂いを秘めたメロディーが
       そんな心の内を表しているかのよう

       Kenny G. such a farbulous artist ♡
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-08-21 16:48 | Music | Comments(0)

Summer camp in 美歎牧場 ⑤

e0326699_15482260.jpg


       COOP美歎牧場には、「ふれあい研修館」という古民家があり
       天井の高い、柱がむき出し、昔ながらの風情あふれる建物
       そこで、就寝前にシャワーをお借りしたり
       畳の広間で、子どもたちは、アイスクリーム作りをしたり
       田舎のおばあちゃんの家にお邪魔するような、寛げる空間


              
                 アイスクリーム作り
e0326699_15544442.jpg


       ぐるぐる代わりばんこで、アイスクリーマーで頑張ったけれど
       思うようには、固まらず・・|д゚)
       そのまま、シャリシャリアイスをゴクゴク飲んで
       それはそれで美味しいー☺



              Lunch  "牛肉まぜごはん&牛乳鍋"
e0326699_1559663.jpg


       子どもたちは、スイカ割りなど、お楽しみの時間を過ごし
       その間、大人は大山乳業生産者の方々とBBQハウスにて交流会
       まさに、"産地直結"を理念として掲げるCOOPさんの
       生産者と消費者を繋げる現場に立ち合い
       直接、生産者のお話が聞けるという貴重な体験をしました

       生産現場で働く人々のご苦労とその思い
       消費者に届くまでの品質管理体制とプロセス
       年々減少する酪農家のこと
       ここ近年のバター不足のわけ等々
       色んなお話を直接聞けて
       毎日、高品質な牛乳を頂けることの有難味が身に染みるようで
       一杯のミルクの中には、色んな命と人の思いが詰まっているのだと
       気づかされるばかり

       お話の途中で、頂いたランチ
       これも、現地スタッフさんが用意して下さり
       その美味しさに、身も心も和み
       話し合いも途切れることなく
       私たちの素朴な疑問に、丁寧にお答え下さる生産者さんの姿に
       ものづくりする人々の真摯な思いが伝わりました


             感謝の気持ちをこめ、新品タオル贈呈式
e0326699_16313850.jpg


       キャンプ参加者から集めた、新品タオルを贈り
       牛のお乳を清潔に拭くために使われるそう
       お世話になった生産者のみなさんへの、心ばかりのプレゼント

       ほんの1泊2日のキャンプでしたが
       テント張りから、食事の提供、キャンプファイヤー、歌、ゲーム
       心づくしのおもてなしを受け
       親子ともに幸せな時間を過ごせました
       "人のよさ"ほど、心に残ることはありません

       素敵な夏の思い出に心から、感謝~♡
       これからずーっと、大切に、美味しく、牛乳頂きまーす(*^-^*)
       楽しい企画を盛り上げて下さったCOOPのスタッフさんにも感謝感激☺



                 "The end"




       
       
       
       

              

       
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-08-19 16:54 | Travel | Comments(0)

Summer camp in 美歎牧場 ④

              よくお手入れの行き届いた美歎牧場
e0326699_1802549.jpg


       キャンプに来る前は、連日猛暑でヘトヘトでしたが
       鳥取県に来てからは、さほど暑さが気にならず
       美歎牧場は小高いお山の上にある為か
       朝晩は涼しく、朝方は少し冷えるくらい
       快適な朝を迎え
       洗面→体操→牧場をお散歩


                丘の上から、みんなで
e0326699_1875199.jpg


                和牛のエサやりを見学
e0326699_1881091.jpg


       ☆餌へのこだわり(鳥取県畜産農業協同組合資料より)
       ①国産自給飼料
        休耕田を有効利用し、飼料稲、飼料米、コルゾー、トウモロコシを栽培
       ②資源の循環
        TMR(食品を作る過程で出る副産物→大豆粉、ビール粕、おから、パン粉等)
        を利用することで、食品副産物を有効利用

       ①+②→混合飼料で育つ牛は、"米育ち牛"と呼ばれ
       安心安全、環境にもやさしい、エコな牛育て
       輸入飼料だけに頼らない
       生産者と消費者が『100年先まで続く日本の食』を考えるとのこと

       我々、消費者は値段とモノを見て
       良さそうだと思うものをサッと選びますが
       酪農家の方々は、100年先のことを考え、安心安全、安定的に
       供給出来るよう、地道に努力されていることを思うと
       頭が下がります

       ☆乳牛の日々の餌やり(50-60kgの青草を食べるとされる)
       ☆朝夕の乳搾り       
       ☆春は餌の種まき
       ☆夏は暑さに弱い乳牛の暑さ対策
       ☆秋は餌の収穫
       ☆冬は雪かき
       
       年中、ほぼ休みなく働き続ける酪農家の仕事
       跡継ぎがなく、過去10年で100軒のほどが廃業し
       鳥取県では、約140軒ほどの酪農家が現在も存在し
       紙パック約16万本の生乳が、毎日大山乳業の工場に届けられるという

       牧場の整地、餌の種まきから収穫、乳牛の健康管理、餌やり、乳搾り・・
       消費者がスーパーに行けば簡単に手に入るのは
       大地に根差すような、生産者の並々ならぬ日々の労働のお蔭
       現地で、現場の人から直にお話を伺うことで
       そんな視野が拡大する貴重な経験となりました


           COOP美歎牧場 事務局長 森本さんの素敵なTシャツ
e0326699_14473764.jpg


       汗をかきつつ、牧場を案内して下さった森本さん
       人柄のよさが伝わるような、いつもご機嫌な感じの方
       子どもたちには、アイスクリーム作りの段取りをして下さいました


                     "Breakfast"
e0326699_1455234.jpg


       牧場をお散歩した後は、朝ごはん
       これも、現地スタッフの方々が、早朝から用意して下さり
       まさに自然の恵みを新鮮な空気の中で、頂ける幸せ♡

       ●フレッシュバターとふんわりミルクぱん
       ●茹でたてジャガイモ
       ●茹でたてたまご
       ●新鮮野菜サラダ
       ●ヨーグルト
       ●コーヒーor牛乳


e0326699_1571891.jpg


       お芋があまりにも美味しいので、品種を尋ねると
       「ふつうのお芋」だそうで・・(/・ω・)/
       ヨーグルトも勿論自家製のもので、そのフレッシュなこと!       
       新鮮なものを、清々しい朝の空気の下、生産者のお顏や人柄を感じつつ
       頂けることほど、最高なことはありません~☺

       "食べることは生きること"とおっしゃっていましたが
       まさに、さまざまな命を美味しく頂き、もりもり元気になれたような・・
       元気を頂いたことで、自分に出来る「何か」で精進出来れば
       いい循環となり、お返しが出来るかも

       有難い、ひと夏の経験に感謝(#^^#)
       
     

       
       




       
       

       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-08-18 18:13 | Travel | Comments(0)

Summer Camp in 美歎牧場③

e0326699_1545964.jpg


       小高い山の上にある"COOP美歎牧場"
       30haの広大な敷地内には、乳牛、F1牛が放し飼いされ
       BBQハウス、ふれあい研修館、乳製品学習工場、キャンプ場があります

       開村式の後、早速テントを張り、子どもたちはすでにテンションUP!
       牧場現地スタッフの方たちの親切なお手伝いのお蔭で、あっと言う間に
       セッティング完了!

           

           "Opening event"「 牛肉かたまり肉のワインかけ」      
e0326699_1519331.jpg


       暫くの自由時間の後、お楽しみのコープ牛BBQの夕食
       ランプ肉のかたまりに子どもたちが赤白ワインをかけ
       それを現地スタッフの方がサイコロに切り分け、鉄板でジュージュー

          

                  「おかわりしてねー」
e0326699_15301811.jpg



                   ボリュームたっぷり!
e0326699_15342365.jpg


       ☆Menu
       ●地元のお米で作った"塩おにぎり"
       ●新鮮野菜サラダ
       ●焼きそば
       ●ランプ肉のステーキ

       ☆新鮮素材          → モノ    
       ☆美味しい野外の空気     → 環境
       ☆現地スタッフの皆さんの人柄 → 人

       幸せの条件がピタっと3つ揃った、心満たされるお食事時間☺
       偶然、小3の男の子を持つ2人のお母さま方とテーブルを共にし
       あれやこれやと、楽しいお喋り
       子どもたちも、すっかり仲良しになり、お友達までGET!
       

                   "キャンプファイアー"
e0326699_15531074.jpg


       キャンプのクライマックスはやはりコレ!
       燃え上がる火を見て、歌を歌い
       火を囲んでゲームをし
       現地スタッフさんのギターと歌を聞かせてもらい
       子どもたちは、大はしゃぎ
       火を間近で見ることの少なくなった現代
       子どもたちには、炎というものを体感できる貴重な体験
       ちょっと熱かったけど・・( ;∀;)

       あれよこれよと楽しい夜は更けて
       シャワーを浴びた後に
       夜食のアイスクリームまで頂いて
       身も心も満たされ、息子はテントでパタンキュー(*^-^*)
       私は、虫の声のオーケストラがあまりにもうるさく
       よく眠れず、ゴロゴロ
       気が付けば、朝方の蝉の声で起こされ
       自然の音の凄さを知るばかり

       子どものどこでも爆睡する感性が羨ましいー(/・ω・)/





              

       
       
       



       

       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-08-12 16:12 | Travel | Comments(0)

Summer Camp in 美歎牧場➁

                The dune Tottori & Japan sea
e0326699_13501327.jpg


        自然の地形というものは、摩訶不思議なもの
        鳥取砂丘は、南北24km東西16km、観光可能な砂丘では日本最大
        
        ●成り立ち
        中国山地の花崗岩質の岩石が風化→千代川により日本海に流された砂が海岸に集まったもの
        海中の砂が潮流により海岸に押し寄せ→海岸線に堆積した砂を内陸へ吹き込む
                          卓越風により形成

        つまり、山→川→海へと砂が運ばれ +海の潮流+海風の働きにより
        長い年月をかけ、あの「すり鉢型」の砂丘を形成
        まさにSomething greatの作り出したもの
        1950年には、天然記念物に指定されている

e0326699_14331579.jpg


        ジリジリと太陽が照り付ける中
        小3の息子は急斜面の砂丘をクライミング
        往復30分程かけ、日本海の間近まで一人で辿り着き
        帰路の急斜面も顏をしかめながら、かなり摩耗(@_@)した様子で
        汗と砂まみれになりつつ、頑張りましたー☺
        
        子どもにとってみれば、巨大な砂場で、好奇心そそるもの
        その心の力が、グイグイと身体を動かし
        少々、無理そうなことでも、やり遂げてしまう
        自然の厳しさを、自分の身体で少しは実感しただろうか

        砂丘を後にして、バスに乗り込み、いよいよ美歎牧場へ!
        

        

        
        
        
        
        
[PR]
by miyukita-ka | 2015-08-12 15:03 | Travel | Comments(0)

Summer Camp in 美歎牧場

               さぁー楽しいキャンプの旗揚げ です!
e0326699_155349.jpg


       連日、記録的暑さですねー☀
       皆さま、どういう風に避暑してらっしゃいますか?

       先週末、コープしがさん企画によるSummer Camp参加して来ましたー
       題して「生協牛乳120のふるさとサマーキャンプ in 鳥取」
       いつも美味しい牛乳を届けて下さる酪農家の方々との産直交流会
       
       鳥取と言えば、砂丘→二十世紀梨→大山
       大山と言えば、あの白バラ牛乳の"大山乳業"
       鳥取県内、全酪農家(約140戸)が大山乳業農業協同組合員であり
       県内唯一、生産から販売まで、すべて1組織、一貫体制によるもの
       
       あの濃厚で高品質なミルクのヒミツは
       そんな全国的にも稀有な生産体制にありそうです☺

       余談ですが・・
       早朝、JR大津でCOOPのバス待ちをしていると
       なんと比叡山高校の応援バスが! 
       野球部以外にも、お寺関係らしいかなり高齢の応援団もお見かけし
       23台連ねて甲子園まで行かれたようでしたよ♪
       こちらまでドキドキですが、暑かっただろうなー(@_@)
       
e0326699_13334193.jpg
      

       私達は、しがCOOP 組織部のスタッフの方々の楽しい先導のもと
       鳥取県、COOP美歎牧場へ出発!       
       行きのバスの中では
       鳥取県、大山乳業農業協同組合、乳牛などについて、プチ勉強会
       何事も予習は大切で、これから訪ねる土地と人、訪問目的を
       子どもたちにもわかり易いように、簡単にイラスト付きでまとめられ
       クイズ形式も取り入れて、親子で楽しく学べましたー


e0326699_13555972.jpg


       お昼すぎには、鳥取県に入り
       鳥取県畜産農業協同組合関係施設、"やきにく工房レストラン パオ"にてランチ♪
       ●鳥取県畜産農協のお仕事
        エサ作り→牛の飼育→食肉加工→飲食販売→安全なお肉をお客さまへ

        "やきにく工房レストラン パオ"では
        美歎牧場で育てられた新鮮なお肉を頂けます
        このカレーライス、ソフトな口あたりのお肉がゴロゴロ入っており
        まさに「肉カレー」といった感じ
        食後には、白バラ牛乳を「自由に飲んで下さい!」とばかりポットで
        用意されていましたー

       普段の、スーパーの棚では、少しお高いバリューものの"白バラ牛乳"
       しかし、現地では、牛乳を始め、様々な加工乳を幾度となく頂戴し
       なんという幸せー☺

       ランチの後、オプションで、鳥取砂丘に立ち寄って下さいましたが
       そのお話は、また続きます☆



       
       


       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-08-10 15:58 | Travel | Comments(0)

自彊術⑪

お魚ランチ @"すし稲"  Cocon烏丸
e0326699_15394361.jpg

今日の京都はまた、蒸し暑うて~(@_@)
しかし、暑いときこそ、身体のメンテナンスは大切!
しっかり体操して来ましたー

自彊術教室に通い始めて、この秋で4年目になり
「当初は、細くて堅い身体だったけれど、
 関節が随分柔らかくなり、
 体つきが随分変わって来た」と先生

確かに、数年前より
年齢UP↗とともに気力&体力ともにUP↗と
自分自身、感じるのは、ウォーキング&自彊術のお蔭かと
体力はその字のごとく、身体の力なので
身体を動かしてつけるよりない
病院や整体院に通っても、体力がつくことはなく
身体は自分で作るものと言い切れる


     *******

自彊術のレッスンのあと
小3の息子とランチ
いつもは、彼の好みに合わせたお店をチョイスするけれど
今日はとても暑いので、広々とした涼しげなところと思い
COCON烏丸地下1Fにある"すし稲"へ

板前さんの働きぶりが見えるようにと
敢えてカウンター席に座り
スッキリ、清潔感溢れる、すし職人さんたちが
ニコニコ顏で息子に色々と話かけて下さいました

"すし稲の"の店内は、とても広々とした明るい空間
サービス寿司ランチとお魚ランチをオーダー
どちらもボリューム満点ながら
なんと1000円でおつりが来るお値段が嬉しいー

写真の鯛のあら煮の大きさにビックリ~(@_@)
その直径20cm以上、厚みも10cmはあるほど
ほじほじしながら、あるわあるわ、ソフトな白身を
美味しい煮汁とともに頂きました!
あーやっぱり、こんな日本食が一番幸せー( *´艸`)

サービス寿司ランチは息子が一気に食べたので
写真には撮れませんでしたが
シャリを握り、新鮮な魚介類をのっけ
すし桶に、彩りよく、並べて出すという
瞬く間のドラマを目の前で見ることが
彼にとっては、いい夏休みの思い出になったかと
くるくる寿司も大好きですが
たまには、ホンモノを見るのもいいでしょう

京都四条辺りのグルメを楽しめるのも
自彊術教室がそこにあったから
意図しないオマケのような楽しみが面白いー☺


      

        
[PR]
by miyukita-ka | 2015-08-06 15:57 | Health | Comments(0)

胚芽パン

e0326699_13471975.jpg


       連日の酷暑で、きっと地球上のあらゆる生きものたちも
       その厳しさにあえいでいるのでしょうか?
       子どもたちは、しかし、暑さにめげず、元気なように
       暑さをどう受け止めるかで、その反応が変わるようです
       暑ければ、暑いように楽しみ
       決して悪く思わない感性を見習いたいもの

       暑い中、パン作りもぼちぼちしています
       天然酵母は、夏場は上手く発酵出来ないのでお休みして
       イーストを使用し、過発酵にならないよう普段より量を加減したり
       冷蔵庫で低温発酵したり
       イーストさんが一気に働きすぎてバテないよう、調整します
       
       ??目で見て → (@_@)考え → (・_・;)推測する

       アナログ的にすると、失敗も多々ありますが
       その分、学ぶこと多く
       まさに、失敗から学んだことが経験となり
       心のひだが増え、発見にもつなかがります

       デジタルなものは、均一性、速さ、手軽さ
       経験を積まずとも、簡単に出来るという利点がありますが
       どこか魅力に欠ける、それなりのもの
       納得のいくものを求めるならば
       時間かけ、いっぱい失敗して、遠回りする
       自分で見て、自分で考えて、やってみる!
       その繰り返し

       ちなみに、今回の胚芽パンは二次発酵で失敗ー(/・ω・)/
       発酵不足で、ふた付の角食型で焼いたにも関わらず
       イギリスパンのように山型に出来上がりました~

       何年焼いても、失敗するものだと
       パンはまさに生きものであることに
       気づかされます

       カタチは悪くとも、チーズとハムをのっけて
       トーストしたら、Yammy~♡
       香ばしき幸せでした☺







       

       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-08-04 13:47 | Breads | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31