木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

** Good bye 2016 **



                      ♡Petite trifle♡                   
e0326699_22124550.jpg

           
           今年も残り時間僅かとなりました!
           始まりは、いつも厳かで
           終わりは、いつも名残惜しい

           出会いの胸高まる気持ちと
           別れの切ない気持ちと似ている

           この1年を振り返り
           これまでの人生で一番早く過ぎ去ったように感じる
           年を重ねると、「10年が束」と聞く
           確かに、年号を書くとき
           19○○と書こうとすることがある
           2000年を過ぎてから、すでに16年にもなるのに

           時の流れとは、何だろうかと
           年を重ねるごとに
           その掴みどころのない感覚に包まれる

           過去はもう手元にはなく
           未来もまだ手中にはない
           「今」ここにあること
           それだけが唯一の事実で
           その時をひたすら重ね続ける

           個人的には、色々あった1年で
           深く水中を潜ったり
           水面をすいすいと泳いだり
           会いたい人に会いに行き
           行きたいところにも行けて
           かなり行動的に動き回った1年でした

           素直に信じること
           自分を労わること
           自分が心から願うことは
           恐れず行動してみること

           「あんなこといいな、出来たらいいな♪」
           ドラエモンのテーマ曲を口づさみながら
           来年も、動けたらいいなー

           皆さまも、素敵な新年をお迎え下さいね(*^_^*)
           



           
           




[PR]
by miyukita-ka | 2016-12-31 23:13 | Essay | Comments(0)

♡Happy X'mas♡



         
                   *Merry Merry X'mas Cake*
e0326699_17352199.jpg

            
             天皇誕生日の祝日
             83才になられたそうで
             生前退位の意向を今夏、表明され
             天皇というお立場の大変さ、辛さ
             平民には、想像が及ばないこと
             次世代の天皇家の人々の為にも
             国民の為にも
             人として生きる為にも
             決意表明されたのでしょう
             

             世間は、しかし、年末準備とクリスマス三連休のことで頭が一杯!
             プレゼントにパーティーに
             家に居る人も、働く人も
             準備する側は、大変ー(^.^)
             しかし、何事もなく、パーティー計画に勤しむことは
             幸せそのもの♡
             我が家では、X'mas cakeは自家製という恒例に従い
             今年も、朝からいそいそと、作りましたー☺



                 いつものスポンジ ⇀卵は別立て、ビスキュイ
e0326699_18074540.jpg

            縦4cm幅に切り目を入れたロールケーキ生地に、ほわほわのホイップクリームをぬり
            フルーツをのせますー
            (⇀あまりぎっしりのせると、巻きづらいので、ほどとぼにして)



e0326699_18140077.jpg


             くるくる手前から巻いて芯を作り
             ぺたぺたとくっつけながら、巻いていきますー
             (⇀ 子どもに任せると、喜びますー☺)
             落ち着かせる為、少し冷蔵庫で寝かして



e0326699_18200248.jpg


            生クリームを少しゆるめに泡立て
            たっぷりと、のっけて
            スパチュラナイフでトップを平らにしたら
            クリームをサイドに落として
            スパチュラを垂直に立て、台を回しながら
            サイドに綺麗にクリームを塗りますー



e0326699_18243525.jpg


           苺とフルーツをのっけて
           (⇀これが意外とむずかしく、やり直しが出来ない!)



e0326699_18275786.jpg


            最後に、固く泡立てた生クリームをデコレーション
            寝坊して、大学の授業をさぼった長女が
            タイミングよく現れ、ひょいひょいと慣れた手つきで、デコレーション完成!
            「今夜のパーティー楽しみー♪」と言いつつ
            昼からの授業に行かれましたー☺


            巷では、連休中、ケーキ屋さんは、てんてこ舞い
            パティシエさんのケーキも素敵ですが
            我が家は、自家製で大満足ー♡
            今年も、皆元気で、X’mas連休を過ごせることに
            
                      *感謝*
            

             
             


[PR]
by miyukita-ka | 2016-12-23 18:40 | Sweets | Comments(0)

とんかつ一番



                住宅街に、ひっそりとある、「とんかつ一番」さん
e0326699_15395464.jpg

            
            師走に入り、走り抜けるように時が過ぎ
            日々こなすべきことの合間に、自分の時間、家族の時間、仕事の時間
            どれが欠けても、なんとなく落ち着かない
            中でも、自分の時間と家族の時間は、癒しであり
            元気の素なので、「中心に据えるべし!」と
            ここのところ、ようやくわかって来たところ・・

                        *****

            少し前ですが
            中3次女のテストが一段落し
            ちょこっと、気晴らしにと、京都駅ビル界隈まで出掛けー*
            週末のJR京都駅は、人が多く
            お昼は、どうしょう?と思い
            ブログ”くま先生の滋賀が大好き”で紹介されていたお店へGO!
            塩小路通りを、西へてくてく歩き、堀川通りの綠の歩道橋を渡り
            通りに面したガソリンスタンドを西へ入り
            大宮通りの手前の筋を北へ上がると
            住宅街の中にひっそりと
            「とんかつ一番」の提灯をミッケ!


                 ブログで紹介されていた通り、すべてがレトロ~
e0326699_16362600.jpg

      
            この椅子の小さいこと
            ひと昔の日本人は小さかったんでしょうねー☺
            ベニヤ板の内装、擦りガラス、小さい扉・・
            ひゃーっというほど、全てが懐かしいー
   

                       
                       レジ台
e0326699_16411506.jpg

                                   
                   食器棚 
e0326699_16432187.jpg

           よくぞ、古いものをそのまま使い続けて下さった!
           調理場にちらりとある、電子レンジらしきものも、アナログですよー(;'∀')
           ホール係りの方も、かなりお年を召した方にお見受けしましたが
           人もモノも長く、使える限り(失礼(≧◇≦)!)
           そのままの状態で、大切にされています



                   ソースかつ丼 650 yen 也
e0326699_16524280.jpg
           

             お手頃値段で、ボリューム満点!
             付け合わせの牛蒡と人参のサラダ、お新香、お皿、お盆まで、昭和の味のまま
             ご飯の量もたっぷりでしたが、子どもたちは、お見事完食!



                   豚肉のオムレツ 600 yen 也
e0326699_16584968.jpg
         
                  中身はとろとろ~       
e0326699_16595516.jpg

           
            私は、豚カツ類は食べきれそうにないので
            懐かしいオムレツを注文
            自家製ドミグラスが美味でしたー☺
            オムレツは、シンプルな料理なだけに
            食感とカタチの美しさが勝負どころ
            付け合わせは、ポテトサラダと千切りキャベツ
            定番ものには、いつもほっとしますー

            「とんかつ一番」↓
            http://www.tonkatsuichiban.com/sub3.htm
            JR京都から、徒歩12-15分ほど
            梅小路公園の近くにあります
            
            京都を歩けば、宝ものがいっぱいー☺





                    


[PR]
by miyukita-ka | 2016-12-22 15:45 | Essay | Comments(0)

冬の空



                      *澄んだ空*
e0326699_17275608.jpg
             
            冬のお天気の日は、気持ちいいですー☺
            昨日、一昨日と、窓からお日様、燦燦と
            公園で遊ぶ小さな子どもと、お母さんたちも幸せそうでした*
            木の葉はすっかり落葉しても
            シャキッと凛々しい木立と、すっきり澄んだ青空が
            よく合います
            
            


                   四季折々に彩りを変える、メタセコイヤ
e0326699_17561107.jpg

            真っ直ぐに立つ、メタセコイヤ
            まるで天に引っ張られるように、一様に真っ直ぐなのが美しい
            
            森の植物は、それぞれの特質に適した場所で育ち、共生する
            シダなどの低木は、ジメジメしたところに、みっしりと生え
            あまり太陽の光が差すことがないところで、繁殖し
            大木は、太陽の光をたっぷり必要とするのか
            上へ上へと伸びてゆく

            自然は、住処を分かち合い
            それぞれの特質を補い合い
            ひとつになる

            環境が変化すれば
            それに応じて
            じわじわと適応し、淘汰されてゆく

            じたばたせず、悠々と適応するだけ
            「無為」そのもの
            何もしないのではなく
            大きな流れに従うだけ

           無駄な動き、迷いもなく
           潔くて
           美しい
           

            
            


            
             




[PR]
by miyukita-ka | 2016-12-20 16:30 | Nature | Comments(0)

黒米&酒粕お焼き




                  餡子が恋しくなると、お焼き!
e0326699_18401817.jpg


           天然酵母で生地作りをし
           酒粕と黒米を練りこんで、おやきを焼きましたー
           和のパンは、その字のごとく、和みます♡

           酒粕を入れると、なんとも言えない風味が増して
           餡子とよく合います
           酒粕饅頭が美味しいのと同じ
           酒粕、おから、ブリのあら、鶏がら
           本来捨てられる運命にあるものですが
           いいダシや風味が出るので
           大活用します

           そろそろ、新酒の酒粕が出てくる頃なので
           東海道(旧道)沿いの酒屋さんの張り紙「酒粕あります!」を
           チェックしては、「出た!出た!」とウキウキ♡
           1年に一度しか、取れないものは
           「あと何年?」と、ふと寂寥感も感じつつ
           今年も元気で、新しいものが頂けることに感謝して
           今を大切にしたい気持ちになります

           おやきは、イーストやベーキングパウダーでも手早く作れますが
           天然酵母でゆっくり発酵させると、素材の風味を損なわず
           むしろ、本来の風味が増すように思います

           ”急がば回れ” 
           ゆっくり待つと、本来あるものが、本来生かされるべきかたちで
           そのまま出で来るのかも?

           自然に備わった力は人知を超える!
           パン作りから、学ぶこと多し☺




           
           
           
           
           


[PR]
by miyukita-ka | 2016-12-17 19:21 | Breads | Comments(0)

癒しとバランス



                   ♡Cute!なスイーツたち♡
e0326699_17422161.jpg

          
           朝晩はすっかり冷え込むようになりましたー
           しかし、冬の夜空は美しく、昨夜は月と金星がとって綺麗でした✨
           ふと、「月や金星からは、地球はどう見えるのだろう?」
              「宇宙は、誰が、どうやって、水・金・地・火・木・・と発見したのだろう?」と
           夜空を眺めると、いつも色んな不思議に包まれます

           気が付けば、来週で学校は終わり
           今年も残すところ、2週間となりました
           次女は、来春には、高校生!
           彼女らしくコツコツと、頑張っています


        
                   ♡美味しそうなパン♡
e0326699_18030190.jpg
           
           
           15の春は、初めて、自分の進路を決めなくてはなりません
           「自分は、何をしたいのか?」
           「学力的には、どんな位置にいるのか?」
           「どこの学校がいいのか?」
           よくわからないことだらけの中から、選択に迫られます
           学力社会では、偏差値や試験の結果から、振り分けられ
           枠が決まって行きます

           次女は、ひとり黙々と、2階にある自分の部屋で
           勉強していると思いきや
           作品作りにも、没頭していたようで
           素晴らしい作品が出来上がっているのを発見!
           ネットで調べて、独学で仕上げたそう
           

                
                  ♡見ているだけで、癒されます♡
e0326699_18220011.jpg
     
           
           材料は、紙粘土 
           微妙な焼き色のことを自慢されてました
           何かやらなくてはいけないことが、目前にあればあるほど
           それに拮抗するように
           「癒し」が必要なんでしょうね
           そうして、上手くバランスを取る術があることは強みであると
           今だから思えます
           
           「よく学び、よく遊べ」
           何事もバランスよく、できたら◎


       
           


[PR]
by miyukita-ka | 2016-12-17 18:32 | Children | Comments(0)

有田みかん



                  たわわとなる、有田みかん
e0326699_14453985.jpg



             寒い日は、こたつに入り、みかんを食べる
             気が付けば、みかんの皮が山となり
             手がまっ黄色!というほど
             食べ始めると止まらない、美味しい温州みかん

             和歌山県有田市、有田みかん農園へ
             みかん狩りに行って来ましたー☺
             産直、産地直送ではなく、産地直結を消費者に実感してもらうべく
             Co-opさんの、産地訪問ツアー
             
             去年の夏は、鳥取県、大山乳業さんの美歎牧場で、一泊二日のキャンプに参加
             現地の農家さんには、至れり尽くせりの歓待を受け
             「楽しかったー!、美味しかったー!」と親子ともに満喫♡

             今回は、みかん農家さんを訪ねて来ました
             栗東から、有田までの日帰りバスツアー
             ガイド付きのバスの旅でしたが
             滋賀観光さんのバスガイドさんが、素晴らしく
             高速の道案内から、車窓から見える通過地点の歴史や文化まで
             とっても興味深くお話下さり、その知識と話術、タイミングは絶妙!
             知識と経験が生かせる素晴らしい仕事であると、再発見!
             今や検索ひとつで、情報はポン!と手に入れることは可能ですが
             やはり、人からお話をじっくり聞くことにより、見て、聞いて、感じて
             より思い出が深く心に刻まれてゆきます



                山の上には、風力発電?が見えます
e0326699_20340296.jpg

e0326699_20361582.jpg

             この日は、快晴の素晴らしいお天気に恵まれ
             すっきりとした青空の下、見渡す限りみかん農園が広がり
             ハサミ片手に、チョキチョキ、好きなみかんをネットいっぱい詰め込んで
             お土産に頂いて帰りました

             温州みかんの起源、栽培の仕方、動物、害虫との戦い、農薬、ワックスのことなど
             農家の方から直接お話を聞き
             収穫時期には、1日7000個/人もの、みかんをひたすら取ることなど
             そんな重労働を経て、消費者に美味しいみかんが届けられるのだと
             今や、有田みかんをお店で見かけては
             あの農家さんたちのお顏が浮かびます
             


                  ボリュームたっぷりのお弁当付き
e0326699_21421205.jpg

                  子ども弁当も、ボリューム満点!
e0326699_21432578.jpg

                  関空スカイデッキから Take off!        
e0326699_21453297.jpg
            
             帰途、関西空港に立ち寄り
             スカイデッキで、次から次へと飛び立つ飛行機を眺めたり
             関空ミュージアムなどを見学したり
             青空をよく眺める一日となりました
             


                   お土産は、インターで買った、みかんパン
e0326699_21513947.jpg
        
  
             外皮が薄く、房の皮も薄い、有田みかん
             とってもジューシー、甘くて美味しいー☺
             
             
             
           
             
             


[PR]
by miyukita-ka | 2016-12-14 14:54 | Travel | Comments(0)

柚子ジャム



               甘酸っぱい、柑橘系ジャム、黒パンと名コンビ!
e0326699_13595834.jpg

            
            今日は寒いですー( ;∀;)
            北風が吹くと、寒さが身にしみて
            思わず外出の予定をキャンセルし、引っ込みがちになります
            寒いと、エビのごとく、背を丸めがち
            しかし、背骨や腰を丸めると、血流が悪くなるので
            寒いときこそ、背筋をピンと骨盤を立て、下腹に重心を置くと
            意外にもポカポカします
            日々、姿勢を意識することは、健康な心身作りのfirst step!
            自彊術を実践するうち、そう実感するようになりましたー☺

            
                      *****            
            
            久しぶりに、自家製ジャムを作り、大満足ー(^^♪ー
            冬は柑橘系のものが出回る季節
            中でも、柚子は、和食には欠かせないもの
            近頃では、フランス、イタリア料理などでも、人気上昇中らしく
            シェフが四国の産地に、買い付けに来るとか
            確かに、柚子の香りと果汁は、オレンジほど甘すぎず
            皮のほろ苦さは、格別のもの

            柚子の皮は、固いので、30分ほど茹で
            ほどよくソフトになったものを、千切りにし
            果汁と砂糖と一緒に、ぐつぐつ煮るだけ
            バニラ、お好みのリキュールを加えると
            香りよく仕上がります

            砂糖の量 = (果汁+皮)x 0.4
            市販のジャムは保存性を高めるため、大抵、糖度はかなり高めですが
            私のジャムは、甘さを控え、柑橘系のほろ苦さとのバランスを取ります
            その変わり、日持ちはしないので、小さな小瓶に詰めて
            フレッシュなうちに食べきります
 
               黒パン + クリームチーズ + 柚子ジャム
               =My lovely time♡





             
            
                     


[PR]
by miyukita-ka | 2016-12-14 14:41 | Sweets | Comments(0)

SL北びわこ号




                     黒煙をモクモクと出し、到着!
e0326699_15380979.jpg


           期待を胸に⇀ 追っかけて → がっくり来ること多々あれど
           何も考えずに、偶然出くわすと → 異様にワクワクする

           先日、米原で行われた、けん玉イベントに参加する為に
           JR米原駅ホームに到着すると
           階段をダッシュ!で駆け上がる大勢の人々に異様な空気感を感じ
           「何があるんだろー」とばかり気になり
           キョロキョロとしていると
           『SL北びわこ号』が、まもなく米原駅ホームに到着することが発覚!
           これは、必見とばかり、ホームに向かい
           暫くすると、なつかしい黒煙と、あの煙の匂いとともに、到着!
           鉄道ファンでもないのに、妙にexciteしてしまいましたー☺



                  安全服姿の作業員の人たちもスタンバイ
e0326699_15553762.jpg

            JR北陸線(琵琶湖線) 米原ー木ノ本 間の臨時列車として
            1995年以来、2,10,11月、ゴールデンウィークなどに運行されているという
            そんなこと、全く知らずに、偶然に出会い
            到着時の、「シュッシュッー!」という、煙と物凄い轟音
            発車時の、「ポッポー!」という、映画のシーンのような轟音
            あの音と煙は、騒音、公害と引き換えに
            もの凄い存在感がありました!

            子どもの頃に見た、圧倒されるような風景は
            ずっと脳裏の片隅にしまわれていて
            ふとした切っ掛けで、するりと引き出される
            記憶って、不思議
            目に映る情景とともに、匂いや、ドキドキ感、空気感まで
            甦ることがある

            ちなみに、我が息子は、全然関心ないようで
            興奮していたのは、私ひとり・・
            その反応にがっくりしつつ、レトロなものの価値がわかる年齢には
            まだ早いかと・・

            SLびわこ号、運行日1ケ月前から予約出来るらしいので
            興味ある方は、是非!
            チケット取れなくても、ホームでひと目見れますよー☺



            


             
       
            
            





[PR]
by miyukita-ka | 2016-12-13 15:55 | Travel | Comments(0)

Carrot & Banana cake





                       "Carrot cake"
e0326699_14384072.jpg


            スパイスの効いたケーキが好きです♡
            ほんのりとした甘さに、スパイスが名脇役として
            美味しさを引き立てます

            ジンジャー、シナモン、クローブ・・
            適当に、粉類に混ぜて
            今回は、卵をきび砂糖と一緒に、湯煎でふんわりと泡立て
            人参のすりおろしと、レモン汁、菜種油を混ぜるだけ

            ベーキングパウダーを入れると、高さが出てキレイですが
            どうしても特有の苦味が出るので
            ほんの少しにするか
            全く入れず、卵の泡立ての力だけで、膨らませると
            やさしい味に焼き上がります


                     
                      ”Banana cake"
e0326699_14562191.jpg


           ひと昔前は、「バナナは遠足のおやつに必ず入っていた」というほど
           外国産の貴重な果物のひとつ
           しかし今や、当たり前のように、いつもある安価な果物
           ここ40-50年の間に、日本の貿易環境はガラリと変化し
           ありとあらゆる食物が、手に入るようになりました

           しかし、その中でも
           バナナは、いつも身近にある、不動の人気のある果物
           我が家では、そのまま食べることは、ほぼなく
           ケーキの材料になることが殆ど

           バナナ甘い香り + きび砂糖のやさしい甘味 + バニラの香り
           = 家中が幸せな香りに包まれます♡
           
           自然の甘い香りは、かなり気分に影響を与えます
           子どもたちは、チョコチップ入りが大好きで
           チョコが入る、入らないで、かなり売れ行きに影響が出ます

           身近な材料で、ささっと作る、ナチュラルなケーキ
           ”Aunt○○’s ケーキ” みたいなものが密かな憧れー(*^_^*)ー
             



           


            


[PR]
by miyukita-ka | 2016-12-12 15:04 | Sweets | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31