木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Life lesson



                     名著中の名著!
e0326699_17395326.jpg


            このところ、小春日和のときもあり
            日暮れが少しづつ、遅くなり
            「もうすぐ春」を感じつつ

            今日は、冷えますー
            行きつ戻りつしながら
            季節は確実に進んで行きます

            そして来月には、受験期に突入!
            春を目指し
            受験生の皆さん、頑張ってます
            自分もそーいう時あったなぁーと
            暗く長いトンネルにずっといるようで
            しかし「明けない夜はない」とい言葉通りに
            「パァーっ」と突如、光が差し
            解放されるときが来ます
           
            地中に潜る時期
            振り返ると
            エネルギーひたすら内に向けて
            滋養たっぷりチャージしていたのかな?と
            受験期のみならず
            人生何度かそういう時期が巡って来ます
            四季の巡りのように、何事も「一気」ではなくて
            行きつ戻りつ
            出たり入ったり
            そんな繰り返しかな?
            
            
            
                     ********

            Dr.エリザベス キュプラー ロスのことを知ったのは
            随分前のこと
            『死ぬ瞬間』という名著があり
            しかし、そのヘビーなタイトルゆえ
            ずっと、遠目に見ていた
            しかし、ある時「ライフレッスン」という彼女の本と出会い
            彼女の自叙伝的著書「人生は廻る輪のように」も連読し
            そのダイナミックな人生
            人生の本質的なところを常にごまかさず
            神髄を求め続け
            末期癌患者の死生観を
            「患者本人から聞き出す」という
            本来タブーとされることの向こう側を見据え
            生と死の意味
            死が間近に迫った人々の生死の受け止め方
            そちら側から見た
            よりよく生きることの教えなど
            心に響き渡る言葉と、エピソードに溢れるレッスン

            「本当に知りたいと思うこと」を
            「本人から聞く」という
            シンプルなことをするには
            とてつもない勇気と覚悟とタイミングが必要

            Dr.キュプラーは
            大学、世間からの厚い軋轢と批判にさらされながら
            末期患者を教壇に迎え
            「本当に知りたいことを」
            「本人から聞く」という
            ことをやってのけた

            その信念、勇気、エネルギーは
            並外れている

            その反響は世界中に響き渡り
            人々の心の支えとなり
            後世に役立つことになる

            「ライフレッスン」
            その言葉通り
            人生、いいことも、悪いことも
            すべて必要なレッスン
            そこから何かを学ぶ必要あり
            振り掛かるもので
            良し悪しではないんですよね
            振り返ってみると・・

            原書の英文が平易で読みやすく
            幅広い語彙と知的な言い回しの日常表現に溢れていて
            とても優れた語学のテキストでもあるので
            原書で読める人は是非!
            もちろん、日本語訳もあるので
            一読をお勧めしますー☺


    
                    線引きまくりで、熟読中!   
e0326699_16152771.jpg
          

            
            
            
            
            
 

            
            
            
            

            
            
            







[PR]
by miyukita-ka | 2017-01-31 16:19 | Essay | Comments(0)

ガトーショコラ


*Gateau chocola*

e0326699_17353606.jpg

小学校6年生の頃の
文集に載せた将来の夢は「アナウンサー」
自己顕示欲が強かったのか
人前に出て
それもテレビに出ることに憧れたのだろうか?
それと書くことが好きだったので
「エッセイストになりたい!」と母に言うと
「作家になろうと思ったら、よっぽど苦労せんとあかん」
 と言われ
「えっ?、苦労?何の?」と思いつつ
他愛無い、子ども心をくじかれたように思えた

今こうして
好きなことをして
写真に収め
言葉で表現し
思いをかたちにすることに
心の充足を感じる

何になるのかより
何をするか
自分の中にあるものを
どう表現するか
そこに本来の自分らしさがあり
大袈裟に言えば使命があるように思う
いくつになっても、自分探しする自分が青臭い?
と思いつつ
出会いで繋がり、広がる世界が面白くて仕方なく
冒険はどこまでも続きそう

****************

バレンタインが近づくと
チョコレートをあちらこちらでお見かけし
チョコが恋しくなったので
あり合わせのチョコと材料で、ガトーショコラを焼きました

宮本しばにさんのレシピで
バター、卵なし、チョコも砂糖も控えめの
あっさりタイプ

米国ゃ欧州あたりのレシピは「ひぇっー!」と言うほど
バターや砂糖たっぷり入り
それは濃厚な美味しさで、たまりませんが
あっさり作っても美味しいもんだと
新たな境地を発見!

柚子ジャムをアクセントに加え
シトラス系 Japanese tasteに仕上げました* 

チョコレートケーキはいつも人気者で
「あっ!」と言う間でした( ;∀;)







[PR]
by miyukita-ka | 2017-01-22 18:20 | Sweets | Comments(0)

自彊術⑱


           
鹿跳渓谷
e0326699_18243300.jpg


”塵も積もれば山となる”
いいものは意識的しないと積み上らない
悪いものは、自然発生的にどんどん積もる
            
”自分がダメになるようなこと、
 自分が破滅するような悪いことはし易い

 自分のタメになること、
 自分にとっていいことはしにくい”

             
という偈が仏教にあり
本来私たちの心の状態は
自然と悪いほうに傾くように出来ている
心は本来清らかだという人もいますが
実際は清らかどころか
すごく暗くて黒くて悪いことをするように
常にそそのかされている状態なのです。

by アルボムッレ スマサラーナ
 「人に愛される人 敬遠される人」

「心身一如」
心も体も、放置すると悪いほうに流れるのが
自然であるなら
少しでもベターになるよう、又は現状維持する為には
日頃のお手入れ、メンテが必要

先日、自彊術の関西地区研修会に参加し
日頃のメンテ
鍛錬の賜物のような先生に出会いました
自彊術の先生だけでなく、生徒さんの中にも
年齢を聞いて、「えっ!」と驚くことがあり
良くも悪しくも
50代にしたことは、60代に現れ
60代にしたことは、70代に現れ
70代にしたことは、80代に現れる
その後も同じく・・
同じ年を重ねるなら、悪い方向ではなく
よい方向に行きたいもの

その為には、心身ともに鍛錬なんですよねー☺
心も日々
色んな悪いこと考えたり、悪口言ったり
人を裁いたり、責めたり
とめどなく悪い方へ走るのはいとも簡単
体も、出来るだけ動かさず
疲れること、面倒なことは避ける
そんな日々に流されていると・・・

これから、20年、30年先
自彊術の先生のように
心身ともに健やかで爽やかであるように
心と体のメンテ、意識したいなー

そんなことに気づかせてもらう機会に恵まれ
    
    感謝☆感謝



               



[PR]
by miyukita-ka | 2017-01-19 18:32 | Health | Comments(0)

河久


                        *満月弁当*
e0326699_17294406.jpg


             
             自彊術教室に通われている生徒さんの紹介で
             今年の新年会は、和洋折衷の割烹 「河久」@京都三条木屋町で
             看板メニュー「満月弁当」を頂いて来ましたー

             京都らしい路地裏に、間口の狭い入口があり
             玄関へと続く、京都らしいアプローチに
             すでにテンションUP!
             京都の小路の奥には、外からは想像出来ない
             素敵な空間があります

             河久大将、浅見亘男氏は、京料理 河繁を生家とし
             ホテルで洋食の修業を積み、和洋折衷の料理を出す
             割烹のはしりの店を、この地にひらかれ
             現在は、二代目さんが継承されています

             京都近郊の食材を厳選し、素材の味を引き立てる料理とあり
             当然ながら、すべて作りたてもの
             
             新鮮なお造り
             絶妙な焼き具合のお魚
             パリッとした揚げもの
             上品でカタチよく調理された煮もの

             経験から培った確かな目で
             ひとつひとつ
             素材を選りすぐり
             丁寧に切り
             素材を引き立てる火加減、焼き加減
             そして、きちっとした盛り付け

             決して煌びやかではなく
             地味で控えめな感じなから
             コアな職人の心が伝わる

             日本料理の職人技は
             世界にも通ずることが
             このお弁当という小さな空間からも
             見て取れる

             個人的に感激したもの
             ●ミンチカツを春巻き風に巻いた揚げもの
              「キチっ」とした皮の巻き加減と
              「カラっ」とした揚げ具合
             ●鶏肉の塩焼き
              絶妙な塩加減と
              「パリっ」とした焼き加減
             ●焼き魚のかま
              ホロホロふんわりとした身
              美しい皮の焼き加減

             「火」の通し方加減というのは
              料理の質を決める決定的なものかなと


                      
          

                      *Dessert*
e0326699_17343881.jpg


            楽しくお喋りしながら、ゆっくりお料理を頂いていると
            心が満たされるのか、中盤でほぼ満腹となり
            ご飯が食べきれず、申し訳ないことに、残すことに・・

            デザートは、和食器に盛られた「ほうじ茶ジェラートとマカロン」
            ジェラートの控えめな甘さ、ほうじ茶の渋味が絶妙!
            和と洋の見事なマリアージュ♡
            シンプルなデザートだけに
            これもやはり、素材のよさが光る感じがある





                    お座敷から見渡す鴨川
e0326699_17481919.jpg
            
             
 
            夏場は、この川床で食事することも出来て
            まったり、ほっこり、京都らしい時間が楽しめます
            しかし、トンビが飛来しており
            美味しいものを狙いに来るかも?

            帰りには、二代目大将らしき人が見送って下さり
            きちっとした職人さんらしい空気感が漂っている感じの方でした
            「ほんもの」に出会うこと
            一流の人に触れること
            
生涯、そんな機会はそうそう多くはないけれど
            たまには、背伸びして触れてみると
            「何か違う」何かが記憶に刻まれ
            真摯に仕事に向き合うことの素晴らしさに
            心動かされます

            いいところを紹介頂いた生徒さんにも
            感謝(*^_^*)

             
             
             

             
             







[PR]
by miyukita-ka | 2017-01-13 17:38 | Essay | Comments(0)

苺大福



                  Yammy&Love 苺大福
e0326699_16352135.jpg

            
            新年が明け、瞬く間に1月も半ば!
            美味しい苺が出回るようになりましたー
            クリスマス時期は、高騰するだけに
            お手頃な今の時期が有難い

            久しぶりに、苺大福にchallenge!
            橋本の白餡の買い置きがあったので
            苺を包み、レンジで加熱した(餅粉+水+さとうを混ぜたもの)をくるむだけ



e0326699_16503543.jpg

            
            橋本の白餡は、キメ細かくまろやか
            もちもちした求肥と、とろけるように美味しく合わさり
            苺のジューシーさと相まって
            So delicious!
            息子の大好物で、美味しそうにほおばる姿が
            なんとも言えない「癒し」♡
            子どもの無邪気で、幸せそうな姿は、側にいる者を幸せにします

            お手軽に手作り出来るので
            美味しい苺と餡が手に入ったら、Let' try!





            
                        


[PR]
by miyukita-ka | 2017-01-13 17:17 | Sweets | Comments(0)

月と宵の明星



                      *夜空が綺麗*
e0326699_17310407.jpg

            穏やかなお天気に恵まれたお正月
            地元の神社、お寺にお参りをし
            久しぶりに”人生ゲーム”を楽しんだり
            のんびりと過ごせたことに
            感謝☆感謝
            
            長く年賀状のやりとりをしている元上司、同僚、そしてお友だち
            四半世紀近く、又はそれ以上のやりとりが続く人が殆どを占め
            アナログ時代に生まれて良かったなーと
            
            「どーしてはるのかな?」とか
            「まだまだ、お元気そうで、安心した」とか
            「えっ、子どもさん、もう大学生?」など
            お便りに添えられた、短い手書きの近況に
            過ぎ去った年月に厚みを感じたり
            その昔の懐かしい姿と今の様子を想像してみたり

            SNS通信は、便利でスピーディー
            しかし、やりとりが忙しくなりましたね(・_・;)          
            この先、10年、20年後、年賀状のやりとりは確実に↘に
            なってゆくんだろうな・・


                *****

            冬の夜空が綺麗です☆
            宵の明星と月が接近していて
            夜空を明るく照らします
            何事にも囚われず
            夜空を眺める贅沢な時間

            もの言わず
            いつも空で輝く星や月
            恒久的な美しさ
            平等で囚われのない在り方
            憧れるなー(^.^)

            

 
           
            
            
            
            
                        
            
            







[PR]
by miyukita-ka | 2017-01-06 18:46 | Nature | Comments(0)

**Happy 2017**



                    そろそろ夜明け
e0326699_15252056.jpg


                  空がみるみる茜色に変わり・・
e0326699_15152243.jpg


           明けましておめでとうございますー☺
           新年恒例、初日の出を拝みに
           鎮守の森まで、ウォーキング
           あいにく今朝は、薄雲がかかり
           キラキラオレンジ色に輝く初日の出には出会えず
           しかし、太陽のお出ましとともに
           空の色が刻々と変化する様は
           何度見ても我を忘れ
           身も心も、まるごと吸い込まれる瞬間がある

           今年も元日から、穏やかな日に恵まれ
           晴れ渡る空がとても綺麗でした
           皆さまも、きっと爽やかな元日を過ごされたことでしょう

           大晦日の喧騒から
           ページをめくるように
           静かな時間に切り替わる元日
           ご馳走食べて、ゆっくりして
           初詣に行き
           無為に過ごす

           若い頃は、着飾り、わざわざ人混みの都心に繰り出すのが
           楽しみであったけれど
           今は、静かな方がいい
           年月とともに、エネルギーと時間の使い方が変化を遂げ
           落ち着いて来た

           ☆今年の目標は・・
            「今」という時を、贅沢に味わうこと
            小さな子どもたちが、砂遊びに没頭するように
            絵本の読み聞かせに、一心不乱に聞き入るように
            大きな口を開けて、一生懸命言いたいことを伝えるように
            ひとつひとつを無心に出来たらいいな
            
            あっと言う間に、日々過ぎて行くから
            急がず、焦らず
            「急がば回れ」で
            贅沢に、丁寧に出来たらいいな
            しかし、そーいうの、とっーても難しいんですけどね・・(・_・;)

            皆さまも、新年幸多かれことをお祈り致しますー☺



e0326699_16104240.jpg


                  


[PR]
by miyukita-ka | 2017-01-01 16:08 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31