木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

*ソラノネ*


空の音色が聞きたくて
e0326699_16213021.jpg

故郷のように
時々、ふと訪ねたくなる
ソラノネ*
琵琶湖の湖西地区、高島市まで
車飛ばして、行って来ましたー☺

行きは、近江大橋を渡り
湖西道路を北上するルートで
片道2時間

帰りは、琵琶湖大橋を渡り
湖東を南下するルート
湖西を走る、国道161号線が大渋滞!
約4時間かけて帰宅・・
日帰りで、ほぼ琵琶湖を一周した訳です


いつ来ても、心癒されます*
e0326699_16410637.jpg

車とナビなしでは
絶対に来れない、泰山寺という山奥に
ひっそりとある食堂

なのに
車のナンバーは
大阪、京都、滋賀のみならず
神戸、広島、福山、岐阜、名古屋と
ソラノネの魅力は
近畿の枠を超えています



ノスタルジックな光景*
e0326699_16510210.jpg

順番待ちをする間
ぽーっと、お外で過ごすのですが
その時間がまた
ソラノネの前奏曲のようで
虫の声を聞きながら
四つ葉のクローバーを探したりします



ブルーベリーfields*
e0326699_16565465.jpg

簡素な食堂建物
e0326699_16594645.jpg

テラス席は、至福の場所*
e0326699_17013541.jpg



かまどご飯セット
e0326699_17030540.jpg

畑で採れた野菜中心のメニュー
それぞれがシンプルで気取りなく
そのままなのが
ソラノネ風
ひとつ、ひとつ大事に味わって
食べますー♡



鹿肉カツサンド
e0326699_17072077.jpg

山奥なので
「動物注意」という看板を見かけるのですが
鹿肉も、近隣で獲れるものだろうか?
ボリュームたっぷりで
オムレツ、サラダ、スープ付き



畑の恵みカレー
e0326699_17111992.jpg

特製カレーは
キーマカレー風、甘口で美味!
息子は、ご飯大盛りをリクエストして
あっと言う間に平らげて
幸せそうでしたー☺



座敷席から見た、テラスの光景
e0326699_17153223.jpg

熟年夫婦が2人連れで
交わす言葉も少なく
外の風景を眺め
静かに、食事されている光景が
印象的でした

長い時間、連れ添い
言葉はなくとも
一緒に居る
何を感じ
何を考えるのか
訊ねることなくとも
家族として
此処に、一緒に居る

ソラノネに居ると
心が平和に
穏やかになる
 
広い空間
心地よい風
一面の緑と地平線

至福の時間が
此処にある















[PR]
by miyukita-ka | 2017-09-29 17:28 | Travel | Comments(0)

Cafe Bibliotic Hello!


*Sandwich lunch*
e0326699_17031047.jpg

ついこの間、京都丸太町近く二条通りにある
ハロー画廊へ、長女に案内され
行ったばかり

そして、先日、仕事の研修でたまたま
知り合った人たちと
Cafe Bibliotic Hello!でランチ🍴
http://cafe-hello.jp/

素敵な空間でしたー♪
光と影のコントラストが素晴らしく
まるで、お寺の広間と庭園を彷彿させる
内と外、あの感じ

芸大出身のオーナーが
自ら図面を引き、町家を改造したという
"ブックカフェ"
抜き抜けの広々とした空間
大きなテーブル、ゆったりとした椅子
壁一面の本棚

落ち着いた色調と
空間使いが
何とも心地よく
店内に居ながら
南国リゾート感覚

平日、それもランチには
かなり遅めの時間にも関わらず
ほぼ満席状態

外国人常連らしき人たちも多く
ひとりの時間を楽しむ人
お連れさんとまったりする人
Cafe in Europe のような
ゆったりと時間を過ごす場所

ランチメニューは
お洒落で、ボリューム感ある感じでしたが
時間の関係上
隣のパン屋さんで、サンドイッチを選び
カフェラテをオーダー

ご覧の通り
お見事な"ラテアート"に感激!
生まれて初めて
目の前に
不意に現れたものだから
嬉しさひときわー☺

人を楽しませる仕掛けは
"芸"そのもの
やはり人気ある場所には
人の心を鷲掴みにする
"Insptration"が
散りばめられている

Cafe Bibliotic Hello!
バナナの木が目印
オススメですー☺




















[PR]
by miyukita-ka | 2017-09-28 17:41 | Essay | Comments(0)

仙太郎のぼた餅


お彼岸の和菓子 
e0326699_17463742.jpg

お彼岸の頃
母はよく、お墓参りをしていました

「春分の日」と「秋分の日」
太陽は、真東から昇り、真西へ沈み
昼と夜の長さが同じになる
仏教では
あの世は「彼岸」
この世は「此岸」
昼夜を二分するこの時期は
あの世と、この世とが最も通じやすいという
だから、先祖のことを思い
お墓参りをし
あの世と現生の自分が
繋がることを想像する

宇宙の理に合致した風習
昔の人は、マクロな世界に
悠々と生きていたんだと思う

  *************
この時期に
デパートに行くと
美味しそうな「ぼた餅(おはぎ)」が並ぶ
仙太郎の「ぼた餅」が
ひときわ、美しく
お彼岸ならではであるし
家族へのお土産にと購入
(→本当は自分が食べたかった!)

素材にはこだわりがあり
小豆、もち米、青じそは
丹波にある自社農場で自家栽培
もち米の一部は、近隣の農家から
頂くことがあっても、滋賀県どまり
フードマイレージ、地産にこだわる

仙太郎のぼた餅は
にぎり具合が、ふわっとしていて
もち米が、つき過ぎず
限りなく、おにぎりに近い感じ
お米が「8分づき」であることも
その食感のヒミツかもしれない

餡は上品な甘味で
黒豆きなこは香ばしく
さとうの甘みに頼らない
素材のよさが
そのまま味わえる

畑作り
種を育て
栽培し
収穫しては
工場でカタチにする

丁寧に
色んな人の手から手へ渡り
お客さんに届けられる
その一環した、厳しい品質管理
店頭のデイスプレイ
包装に至るまで
行き届いたものがある

美味しい日本茶とともに
お彼岸らしく
先祖のことに思いを馳せ
味わいたい和菓子












[PR]
by miyukita-ka | 2017-09-21 18:02 | Sweets | Comments(0)

♡ Browny & Banana cake ♡


*Browny*
e0326699_16563944.jpg
ちょこっと暇があると
「何作ろうかー?」と
ウズウズしてしまう
何か作らずにはおれずに
その日の気分と
あり合わせの材料で
スイーツの出来上がり!

「まめやねー」とよく言われつつ
自分では、全く!全然! そんな自覚なく
そんな自分が
「多動」ではないかと
最近気づいたところ


*Banana cake*
e0326699_17042985.jpg
時折、ふと食べたくなる
Banana cake
なかしましほさんのレシピを参考に
バターは使わず、菜種油、たまご、きび砂糖系の
あっさりとやさしい甘味と食感に
癒されますー☺

じんわりと、ほっとする時間のお伴に
幸せホルモン
出る感じー













[PR]
by miyukita-ka | 2017-09-20 17:59 | Sweets | Comments(0)

ハードトースト


☆焼きたてー☆
e0326699_16313492.jpg
焼きたてパンは
まるで、散髪したてみたいに
フレッシュで
サッパリした感じ

時間とともに
生地が縮み
しわが出ます

人間も、お風呂あがりや
シャワーの後は
血行がよくなり
細胞がイキイキとして
フレッシュにな感じになります

出来たて!
新鮮な瞬間
気持ちいいですー☺

「1CW」カナダ産100%を使用
カナダ産最高級という意味だそうで
キメ細かくもっちりさっくり
弾力のある生地に焼き上がります!

作業性がよく、窯伸びよく
綺麗なキツネ色に焼き上がります*
My favorite 強力粉のひとつ

厚めにカットし、はちみつトーストが
オススメー(#^^#)ー









[PR]
by miyukita-ka | 2017-09-20 16:54 | Breads | Comments(0)

表現すること


ハロー画廊より
e0326699_16581727.jpg
京都には
カフェとアートギャラリーを
併設した素敵な空間が
多数点在している

間口は狭いながら
上手く空間を利用し
作り手のインスピレーションが
感じられる

大きなバナナの木が目印の
「ハロー画廊」
http://cafe-hello.jp/

☆1階はパン屋さん(Hello bakery)
☆2階が画廊
☆隣は "Cafe Bibliotic Hello"

「本、パン、アート」
 という、三拍子揃うところ

そこで、長女の通う美大クラスの
展示があり
行って来ましたー

グラフィックデザイン学科2回生の作品展
白い壁一面に
版画模様をプリントした"手ぬぐい"

e0326699_16251351.jpg
手ぬぐいという身近なアイテムに
模様デザインするというミッション

「デザイン」と「お絵かき」の違いが
まざまざと見て取れて
表現者の精神性
生きざま
生活力
ものの見方
表現力

全て作品に表れていて
それはまるで
自分を内面を表す「鏡」

表現することは
自分を映すこと

我が娘は
なんと難しい分野にいるという現実に
今更ながら
気付いた母でしたー☺






[PR]
by miyukita-ka | 2017-09-18 17:48 | Children | Comments(0)

箱根山学校


広田湾を臨む、夜明け風景*
e0326699_15350099.jpg

夜明けの風景というのは
そうそう出会えるものではない
旅に出ると
日常から解放され
朝一番から、自由
この写真は、昨年、岩手県陸前高田市
箱根山テラスで撮ったもの

今年もここで
「第4回 箱根山学校」が開かれます
9/15-18 3泊4日

今朝一番の「Jアラート」
これから日本列島を縦断するとされる
大型台風が接近中!
4年目は、波乱の幕開け?

「人生山あり、谷あり」
何が起こるか分からず
何が幸いするかもしれず

あの開放的なテラスで
ごはんをゆっくり食べるのは
後半、むずかしいかもしれないけれど

沢山、いいお話が聞けて
沢山、いい出会いがあり
沢山、何かが生まれ

いい時間が、人の心に
明かりを灯しますように

Good luck!!


e0326699_15113930.jpg





[PR]
by miyukita-ka | 2017-09-12 15:51 | Essay | Comments(0)

平和であること


焼きたて*
e0326699_16200090.jpg
あの New York Trade Center 襲撃テロから
16年目の今日
今でも、あの震撼した思いが
ありありと甦る

突然の襲撃は
不意に思いつたものではなく
長年にわたり計画されたもの
「火のないところに煙は立たず」
抑圧的された感情がメラメラとくすぶり
ネガティブな方向へと動き続け
破壊的になる

「テロなんてあり得ない!」と言うと
「不満がたまれば、人はそうなるのよ」
平然として
テロの感情を受け入れるかのような
アメリカ人教授の言葉が
衝撃的だったことがある

「人殺しは、絶対に出来ない」と思うより
「するかも?」と思うほうがいいと
ある僧の話として、読んだこともある

たまたま自分は
そこまで追い込まれる状況がなく
そこまで粘着的に思い続ける素地がない
条件さえ揃えば、破壊へと向かうかも?
そう思えば、破壊者を赦すという
寛大な心を持ち得るのであろうか?

平和とは
清濁ひっくるめて
受け入れることだろうか?
常に中道を行くには
柔軟で広い心を持つ
鍛錬が必要だろう

どんなことからも
学びの大切さを思う













[PR]
by miyukita-ka | 2017-09-11 18:02 | Essay | Comments(0)

グラハム食パン


*My favorite kind of bread*
e0326699_15441197.jpg

朝晩涼しくなると
気分いいですー☺
蒸し蒸しから解放されると
妙にテンション↗

目覚めとともに
「今日は何しょうー」と
まどろみの中でイメージング

起きるととともに
玄関の掃除&庭のチェックをして
ウォーミングUP!

つい最近、20年来使い込んだ箒から
自然素材の玄関箒に新調し
なんとなく、お掃除が楽しいー♡

古いものを大切にするのも大事
しかし、キリをつけて
新しいものを取り入れると
リフレッシュして嬉しい♡

**********

暑さも一段落したので
そろそろ、ホシノ天然酵母パンの出番
やっぱり

💛💛
天然酵母LOVE💛💛

イーストでは出せない
もっちり、ふんわり感!
室温は、まだ高めなので
午前中に、涼しい場所で
一次発酵した後
少し冷蔵庫で休ませると
生地がダレずに
成形⇒二次発酵に移れます

やはり、あせらず
生地の状態を見て
人間の都合で無理させず
じっくり付き合うと
美味しいものが
Come outするかも?



















[PR]
by miyukita-ka | 2017-09-09 16:24 | Breads | Comments(0)

*sunset*


夕暮れどき
e0326699_16030974.jpg
朝晩涼しく
朝まで、ぐっすり眠れるようになり
少しづつ、夏の倦怠感が
癒えてゆきます

子どもの頃から
夏バテする体質で
食欲減退↘気力減退↘

今は何故か
食欲には、さほど影響はなく
ほどほどに食べれますが
寝不足続きのせいか
脳がシャキッとせず
生産性の低い毎日

「人生山あり谷あり」
谷でぼーっとして
流れるまま、流れてる時が
あってもいいか・・

早朝と
夕暮れ時の空が
綺麗

自然から
素敵な贈りものを
catch!












[PR]
by miyukita-ka | 2017-09-03 16:21 | Nature | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30