木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

*An unbelievable invitaion*


Appetizer*
サーモンマリネのタルタル仕立て
三種の薬味と鶉の卵 イクラ添え
パパイヤヴィネグレット
e0326699_17555940.jpg

あり得ないご招待を受け
養老孟司 講演会 @ホテルオークラ 京都
先週末、台風近づく雨模様の中
行って参りましたー(/・ω・)/

知的なことが大好きで
なぜ何?どうして?と
好奇心に突き動かされ
次々と本を読む
本のない人生なんてあり得ず
無人島に何かひとつ持って行けるとしたら
「本!」と答える

そんな素性で繋がるのか
元名誉教授の知人からのお招き

ホテルオークラに足を踏み入れるのも
お初!
そして、あの「壁」シリーズの
養老孟司先生のお話を
テレビでなく、生で聴けるとは

好きなこと「ずーっと」していると
あり得ないチャンスに
不意に、巡り会うもの



Soup*
旬の三種茸のクリームスープ 
カプチーノ風
e0326699_18174119.jpg


アイボリー系陶器に入った
茸のポタージュスープ
まったり濃厚!

講演会前の
1時間がランチタイム🍴
コース料理を頂きながら
お喋りするには、短い時間で
もう少し、ゆっくりとしたかったなー(*´з`)

養老先生も奥様とともに
皆さんと同じテーブルに着き
食事されていたのに、驚き!
大勢の聴衆を前に、講演会を直後に控えながら
食事が喉を通るのが、さすがプロ?



Main *
仔牛肉のロール仕立て 赤ワイン煮込み
ブルゴーニュ風
季節の野菜とポテトムース
e0326699_17054379.jpg


メインのお肉料理は
かなりのボリュームがあり
ソースもたっぷり
フランス料理は、胃袋が丈夫でないと
楽しめません(笑!)

ところで、養老先生講演会は
「京都の壁」をテーマとした内容

今や世界中の旅人が注目する街
京都
中世の時代に
当時の中国の都、長安を模して
碁盤目に区画整備し
人工的に作られた街
その機能性は現代にも受け継がれ
京都らしさ、ならではの雰囲気がある

しかし、ヨーロッパや中国と違うところは
城壁を築かなかったこと
外部に対し、閉鎖的と言われる京都
しかし意外にも、解放的な輪郭を
留めているというお話


Dessert*
シェフパティシエお薦めデザート
e0326699_17341967.jpg


ホテルオークラでの講演会となると
「何を着て行こうか?」と思いきや
聴衆は学者筋が多いのか?
案外地味で
友人曰く
「ドレスより、知的なことに投資する人たちのなのよ」と

そうそう!
自分自身も、衣食住のバランスでは
「食」→ 「住」 → 「衣」
厳密に言うと
「食」→ 「知」→ 「住」→ 「衣」
知的なことは、魂と密接につながっていて
心のエンジンみたいなもの

講演中
養老先生は
照れ笑いも含め
よく笑われていました

好きな虫の話になると
少年のように純真無垢で
楽しそうに話されます

偉い先生なのに
タッチがソフトで
軽やか
それが、人気の秘密でしょうか?

An Unbelievable invitation 
@ the unbelievable place

感謝♡感謝
































[PR]
by miyukita-ka | 2017-10-27 22:07 | Essay | Comments(0)

人生の先輩


たまごサンド& coffe @イノダ珈琲
e0326699_17324066.jpg

雨続き
そして大型台風接近中!
地球に住んでいると
時々、色んなものが迫ります
「地震、雷、火事、親爺・・」

「怒る人は、困っている人」
先日、ある人から教わり
なるほどと
感情が爆発するのは
エネルギーが満杯になり
堰を切るわけで
自然のエネルギーも満杯になれば
バランスを取り戻す為に
炸裂する必要があり
自然も困り果てた末のことでしょうか?
ならば致し方なく
出来るだけ、しかしお手柔らかにと
願うばかり・・(;'∀')

    *******

自彊術教室の帰り
人生の先輩から、お久しぶりに
イノダ珈琲にお誘いを受け
あれこれとお話を聞いたり
聞いてもらったり

先輩が長年お世話になった
お稽古事の先生が
末期癌の末、お亡くなりになったようで
ショックなことは
誰かに話することで、癒され
時間とともに、忘れ
日常のレールに戻れる

亡くなる1週間ほど前に
お見舞いされたときには
元気で、お話されたそうで
さすがの先輩も
動揺されたのでしょう
こと細かく、その時の様子を話されて
いつになく、私が受け止め役となり
お役に立てたなら
嬉しい♡

ところで
イノダ珈琲はインテリア、器類も
⇒レトロ系
サンドイッチのお味も
⇒懐かしい昭和の喫茶店風
ボリュームたっぷりで
食べきれないほど

そして
昭和の時代を生きて来ただろう
世代の方々のお客さんを
多くお見かけします

人生の先輩にとっても
昔からの行きつけの
喫茶店なのでしょうか?
先輩はいつも迷いなく
イノダを目指します!
昭和チックな雰囲気を残す
イノダコーヒー
 ♡LOVE♡






[PR]
by miyukita-ka | 2017-10-20 18:21 | Essay | Comments(0)

文化遺産


東本願寺 御影堂門
e0326699_16264834.jpg
京都駅前にある東本願寺
駅からすぐという好立地にあり
先日も多くの観光客が
壮麗な建築物の前でポーズを取り
写真撮影されてました

見慣れているせいか
何気にいつも通り過ぎてしまいますが
ふと見上げると
物凄い歴史的建築物であることに
気づきます

"Art is long, life is short"
まさにそんな格言の通り!

御影堂に足を踏み入れると
そのスケールの大きさに
圧倒され
言葉を失うほど

江戸時代に建立した人たちは
まさか数百年後に
世界中の人々を魅了するものに
なるとは
想像もしていなかったでしょう

以後、4度の焼失に遭い
現在の建物は
明治時代に再建されたもの

そんな文化遺産のお蔭で
「世界の京都」と成り得たと
言っても、過言ではなさそう











[PR]
by miyukita-ka | 2017-10-13 17:45 | Travel | Comments(0)

わろてんか②


*Cinnamon Roll 発酵中ー(*^-^*)*
e0326699_16234257.jpg

NHK連続ドラマ 「わろてんか」
親子揃って、毎日の楽しみー☺
小さな愉しみは、大切♡

「どうなった?」
「えー、可哀想ー」
「あの人、なんか嫌なかんじ・・」

他愛ないことで
必死になれる幸せ

SNSの発達で
TVが影を潜め
一緒に何かを囲み
時間をシェアし
共感することが
急速に少なったと思う近頃

TVのよさが
今になり
浮かび上がるようで

「辛いときこそ笑うんや」という
病床にある主人公の兄の言葉の一幕が
印象的

ところで
「わろてんか」
思えば、すごい関西弁のタイトルで
正確にイントネーションと
意味がすんなり伝わるのは
生粋の関西人でないと
無理ではないだろうか?










[PR]
by miyukita-ka | 2017-10-13 16:21 | Essay | Comments(0)

お月見


How cute ! お月見だんご*
e0326699_17405651.jpg
お月さまが綺麗ですー🌑
夕暮れ時の、「どーん!」と大きな
黄色い月が幻想的

中秋の名月を見上げると
ウロコ雲が下にさーっとかかっていて
月と雲のコラボ共演がsurpriseでした!
夜空に雲がよく見えるのは
満月ならではの照明効果!

四季折々の自然の移り変わりに合わせ
お団子やお餅を頂く
その伝統
ただ食べるだけでなく
お月見をして
「きれいだねー」と
愛でることを忘れずにいたい

布団に入る前も
「あっ! お月さん、見よー」と
ひと目見て
「おやすみなさーい」と
一日を終える

遠い宇宙にある月
静かに輝く月
ただそこにあるだけで
ものすごい存在感!

憧れー♡












[PR]
by miyukita-ka | 2017-10-09 18:07 | Nature | Comments(0)

わろてんか

Coconutsmilk banana cake*
久しぶりに焼いてみましたー☺

e0326699_17163658.jpg
秋が好きー♡
四季の中で、一番ワクワクする
果物、芋栗、秋に採れるものが大好き!
朝晩の心地いい空気が大好き!

「感じること」
言葉にしたり、カタチにしたり
そこには、いつも「笑み」がある

今日から始まった
NHK連続ドラマ「わろてんか」
ナレーションの中に
"笑いは、人間にのみ備わった行為"という
言葉をキャッチして
なるほど!と頷く

子どもたちは、よく笑う
白い歯キラキラ見せて
笑いながら
お喋りをする

「笑う門に福来たる」と言うし
よく笑う人が近く居るのは
「福」がすぐそばにあるということだろう

「好きなこと」
「面白いこと」
「楽しいこと」をして
子どものような
感性を持ち続けると
軽やかな、やわらかい空気を
醸し出し
「笑み」が溢れるかもしれない

「わろてんか」
人生どう転んでも
笑うこと
これから、どうお話が展開するのか
楽しみー☺







[PR]
by miyukita-ka | 2017-10-02 18:09 | Essay | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31