木漏れ日Kitchen便り  ~Kira Kira *Sweet days*~

sweetlabo.exblog.jp ブログトップ

里帰り


田舎ごはん☆彡
e0326699_17055915.jpg
残暑厳しいですー
朝晩涼しくなり、過ごし易い日もあれば
今日は、暑い💦
夏休みも宿題の仕上げの時期となり
もうすぐ新学期
今年は春から、町内会の役仕事に奔走し
突っ走っていたら、「あら、もう夏も終わり?」
という感じ
「地域社会に貢献するときもあっていいのよ」
という友人のお言葉を慰めに
もう、半年、GAMBA!

********

滋賀→京都→兵庫(日本海側)
初めての長距離ドライブに挑戦!
超方向音痴の私でも
気負いなく運転出来るのも
カーナビのお陰m(__)m
時代の流れは
あらゆる不可能を可能にし
有り難いこと、この上なく
同時に、本来出来ないことを
出来たように勘違いしてしまう
落とし穴も、気になるところ

「帰っておいでー」と声かけてもらえること
ごはん食べさせて貰えること
体のこと、生活のことを
気遣ってもらえること
親心というものは
いくつになっても
有り難い

夜明けとともに起き
田畑に出たり、家事をして
いつも子どもたちの好きなものを
朝からせっせと用意してくれる義母
てんこ盛りの新鮮野菜たっぷりの田舎料理に
身も心も癒される

なぜかここに来ると
いつもよりたくさん食べ
ほんわかした気もちになる

お土産は、箱一杯の採れたて野菜
優しい思い出一杯積み込んで
帰路に着く

「今度いつ会える? お正月? 春休み?」
また来るからと約束したら
少し、気が楽になる

嫁ぎ先の故郷で
こんな思いが出来る幸せに
感謝♡





















[PR]
# by miyukita-ka | 2017-08-21 17:52 | Essay | Comments(0)

お家ごはん


夏野菜ランチ*
e0326699_16184597.jpg
ここのところ目が悪く
写真撮影時の、光の感度が鈍くなり
上手く光の調整が出来ないなーと思いきや
露出をかなりupしていたことを、ど忘れ!
目だけでなく
色んなものがボケて来てるなー

久しぶりの「お家ランチ」♪
やっぱり、好きだー
お店では味わえない、かけがえのない
お家時間

次女の友だちで
親子共々、仲良くしてもらっていて
数年前、金沢にお引っ越しされた後も
ぼちぼと交流があり

今回、数年ぶりに帰郷され
「お家ごはん」を提案

あり合わせの夏野菜でメニューを
組み立て

●夏野菜ラタトゥイユ
●白茄子のチーズ焼き
●冷しゃぶサラダ
●かぼちゃパン
●クランベリー&カシューナッツスコーン
●メロン

近所のお友だちの差し入れ
●レアチーズケーキ
●いなり寿司

母3人は、喋りっぱなし!
高校生女子3人は、席上では靜かでしたが
いづれ、同じく進化することでしょう

会話力は、経験から来るもの
私自身、10代の頃は
何を喋ったらよいのやらわからず
口ベタなのが
コンプレックスでしたが
今では、I can speak Japanese!
どこでも喋れるようになりましたー
人間、経験により進化するもの

「お家ごはん」
また計画しょー♪

遠いところから来てくれて
Thank youー♡






[PR]
# by miyukita-ka | 2017-08-17 16:43 | Essay | Comments(0)

京都水族館


イワシの群生*
e0326699_15184259.jpg

ご無沙汰ですー
やっと戻って来れました!
ずっと心にありながら
後回し
目の前の本業、雑用にかまけて
日々が過ぎ
気が付けば、8月も半ば過ぎ
でも、好きなところには
必ず戻るものだと
実感!

*********

京都水族館に行って来ましたー
小学生がいると、子ども目線のところに
「連れて行く」というより
「連れて行って」もらえます」

京都駅から西へ、ほど近く
都心にあるので、コンパクトですが
京都らしい、鴨川の淡水魚がいたり
イルカのショーまで見れて
大満足!


ペンギンちゃん、Lovelyー♡
e0326699_15302955.jpg
京都の夏は暑いので
さぞかし苦痛でしょうが
遠く寒いところから
わざわざやって来てくれて
なんか申し訳なく思うのですが



クラゲ☆
e0326699_15344105.jpg
海では、厄介な存在ですが
こうして見ると、美しい
癒し系として、一時期流行りましたね!



チンアナゴ☆
e0326699_15363782.jpg
この不思議なるもの
テレビCMでもお馴染みですが
子どもの方が、よく知っていて
海底には、未知の生物がいるもんです!



鴨川のオオサンショウ魚☆
e0326699_15404558.jpg
「鴨川に怪物がいる!」
一時期、騒ぎがありましたが
正体は、鴨川に生息するオオサンショウ魚が
中国のオオサンショウ魚と交配したものだったらしく
誰かが外来種のものを放流し
妙な進化を遂げてしまったらしい

そー言えば
生き物は、同種のもの同志しか交配しない
外来種とは言え、同種のものとは交わる
それは本能? DNA?
夏休みの自由研究のネタにいいかも?


水族館和スイーツ*
e0326699_15525095.jpg
このペンギンちゃん
和菓子なんです!
ちまちまっとしてて、可愛くて
超キュートな、煉り切り大福
全8種類あり、とってもカラフル
どれにしょうかと迷います
食べるのも忍びなく
口に入れるのに勇気が要り
消費期限過ぎても
まだ、冷蔵庫にあるほど・・(笑)

京都は、至るところにデザイン力が
溢れています♪


















[PR]
# by miyukita-ka | 2017-08-17 16:03 | Travel | Comments(0)

かぼちゃパン


くっきり、カタチよく焼き上がりー
e0326699_17244344.jpg


天然酵母のパンを焼くには
真夏は室温が高すぎ
生地がベタき、成形しづらく
カタチが上手い具合にならないので
イーストで焼いてみました

ゆっくりじわじわと発酵させたいので
イーストは1/4位にして
様子をみながら、室温発酵
一次発酵は、2時間ほど
二次発酵は、1時間ちょいで
くっきり綺麗なカタチとなりました



e0326699_17325712.jpg

天然酵母で、室温発酵すると
夏場は、こんなに綺麗なカタチとはならず
とくに、高さが出ません
ベターっとした感じになり
いかにもお疲れな感じ
天然酵母の適温は20℃前後らしいので

その点、イーストは
暑さにもめげず
イーストの量を調整することで
過発酵にもならず
具合よく出来ます

また低温発酵も可能なので
夏場は冷蔵庫で、じわじわ発酵してくれます

ただ、出来上がりの食感は
天然酵母は、もっちり、しっとり感があり
小麦粉、かぼちゃなど、素材の旨みを
しっかり、やさしく包み込む業がありますが
イーストは、その力はなく
「素材を合わせましたー」という感じ
そして、ケミカルな風味が後味として残る

「食感」と「風味」
食べものの美味しさは
つまるところ
そこにあるのではと
パン作りを通して
しみじみと思うわけで

実家から、かぼちゃがゴロゴロ届いたので
暫く、かぼちゃパンが焼けそうー☺










[PR]
# by miyukita-ka | 2017-08-01 17:53 | Breads | Comments(0)

パンと癒し


*純粋無垢な姿に癒されます*
e0326699_15083969.jpg

もう、30年以上の前のお話
米国、カリフォルニアでのホームステイ先では
犬猫が数匹、馬、アヒルなど
まるで動物園状態のお家でした
「どうして、こんな沢山の動物を飼ってるの?」
と尋ねると
「あなたも、年を取ればわかるわ」と
ホストマザーに言われ
当時の彼女の年齢より、年上となった今
なんとなく彼女の気持ちが
わかるような気がします

癒しが必要だったのではと
近所にも、犬を可愛がってらっしゃる方が
大勢いらっしゃいます
その気持ちが、ようやくわかる
年齢と状況となりました


むぎゅ、むぎゅーっと、鎮座する姿がcute!
e0326699_16513781.jpg

私にとっては
パンがムクムク膨らみ
まあるく、愛らしい姿になるとき
どこからともなく愛おしさが
こみ上げて来ます

子どもたちが幼かった頃
その無条件の可愛らしさに
胸を締め付けられた
あの頃の思いと
ほぼ同じ

期待せずとも
時折、不意に
心を捉える瞬間があり
それが癒し

パン作りは
それをまた、口に出来るのですから
何度となく
癒されます

褒められようとするわけでなく
気にいられようとするでもなく
素性そのものが
純粋で無心である存在

年を重ねると
チリやホコリが累積して
そう言った、神性に惹かれれるのかも?













[PR]
# by miyukita-ka | 2017-08-01 17:17 | Breads | Comments(0)
line

きらきら輝く太陽と緑と風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれて日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに・・


by miyukita-ka
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31