NEW POST

和太鼓音楽祭

e0326699_23471634.jpg


       ここのところ、忙しくしておりました!
       書きたくとも書けず、読みたくとも読めずで
       書くこと読むこと、そして最近では体操(自彊術)することで
       心と体のメンテナンスをし
       ジュリア キャメロン女史の著書  "The right to write"を
       読み進めることで、心の栄養をつけ
       自分自身のcreativityを探究する日々

       そこへ、滋賀ええもん市の出店プラン、試作と
       心も体もフル回転・・
       もっとゆるゆる生きられたら・・と思いつつ
       どーも、今のところ無理みたい( ;∀;)

        最近、和太鼓というものが身近になりつつあります
       もともと日本のお祭りには欠かせないお囃子として
       誰もが耳にしたことがある和太鼓
       しかし最近はそれに演出を加え、海外公演でも人気を博しているそう

       先週末、知人の紹介で、琵琶湖ホールで行われた「和太鼓音楽祭」へ
       和太鼓教室の発表会でしたが
       幼児から、高齢者まで、幅広い年代の生徒さんが登場
       単純なリズムの繰り返し
       そして全身を使った演奏
       シンプルながら、何故かグイグイと引き込まれる不思議さ

       息、掛け声、そしてリズム
       みんなが太鼓の音に合わせて、ひとつになる楽しさ
       太鼓の音は、振動として全身に響き
       何故か、お腹にその振動が伝わるような気がしました
       お腹は、第二の脳と言われるほど神経の集まるところ
       そこに振動が伝わることは、軽い運動をしているのと同じ効果があるような
       何故か心が落ち着く感じ

       高齢者が健康に長生きする為の社会実験として
       和太鼓演奏が、心と体に与える影響を調べるべく
       介護を受けていない高齢者を選び出し
       数週間に渡り、定期的にレッスンを受けてもらい
       京大チームが実験データを取っていると聞きました
       実際、その実験に参加されている知人は、かなりハマっておられ
       実験が終了した後も、正規のレッスンを太鼓センターで受けると
       意気込んでおられ、テンションUP!

       いくつになっても、果てしない好奇心と新たな挑戦に対するワクワク感
       それが健康な心と体作りの源泉ではないかと
       その知人から教わります

       "Boys be ambitous" 「少年よ大志を抱け」
       という上を見上げる姿勢にも通ずる
       はにかむことなく、縮こまらず・・
       伸びやかに、人生の扉を開け続けられたらいいな・・(*^-^*)





      
       
       
       
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2014-10-06 16:59 | Music | Comments(0)

きらきら輝く太陽、緑、風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれ日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに♡


by miyukitta♪
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31