NEW POST

自彊術⑨

e0326699_16323577.jpg

自彊術を始めて以来、変化する「身体意識」
身体は一番近くにありながら
その中身は見えないので
日常的に、そこに意識を向けるなど
若い頃など、考えたこともなく
自分の体に済まないことをして来たとさえ思う

アレクサンダーテクニークの講座で
スケルトン、骸骨の模型を見せてもらい
中国医学で言う、"五臓六腑"はその中にあるという
当たり前のことに気づき
骨格のあり方の大切さ
不思議な形をする骨の組み合わせと
関節などがよく動くお蔭で
色んな動作が可能であり
またその骨格が内臓を包むように守っているという
印象を受けた

骨格、関節、筋などが、あるべき位置にあり
整うようお手入れすることにより
動作を円滑にし
骨格がしっかりすることで
適切に筋肉が付き
酸素や栄養素を運ぶ血管も細部にわたり機能し
内臓も適切に動作するのではと

内臓は自律神経により動くので
意識して動かすことは無理でも
骨格は、体操することで動かすことが出来る
       
最近、姿勢のよい人、悪い人がとても気になる
姿勢のよい人は、顔立ちもシャキッとした印象を受け
年齢に関わらず、快活な感じがする
姿勢の悪い人は、明らかに鎖骨が歪んでいたり
猫背で、垂直にスッキリと座れない人が多い

姿勢ひとつで、顏と身体の線がスッキリとし
若い人は、さらに美しく
もう若くない人も、見た目若返り効果があるので
姿勢よく保つことを、日常的に意識することは
美しさをキープするには、何よりも大切

自彊術の先生を始め、生徒の皆さんは
姿勢が美しく、しなやかな動き
快活な感じのする方が多く
何事も意志の力と日頃の鍛錬が大切かと

快活な人は、世の中を明るく照らし
気持ちの良い空気を感じさせる
「快」の状態を自分で作り出し
「快」の人と関われる自彊術教室

地味ながら、奥深い体操であるには違いない



        
       
       
[PR]
by miyukita-ka | 2015-06-27 13:53 | Health | Comments(0)

きらきら輝く太陽、緑、風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれ日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに♡


by miyukitta♪
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31