NEW POST

青い森の旅物語 津軽藩ねぷた村


弘前ねぷた
e0326699_16184972.jpg

豪華絢爛、壮麗なる
京都の「祇園祭」
荒々しく威勢のいい
大阪岸和田だんじり祭り
など、関西のお祭りには
ピンと来るけれど

東北の夏祭りであり
期間中、延べ200万人以上もの
日本中、外国観光客も多く集まるという
東北地方、とくに青森県内で開催される
「ねぶた祭」
色々、紐解いてみると
もの凄いお祭りのようです



e0326699_17005088.jpg
弘前城のすぐそばにある
「ねぷた村」を訪れました
暗くオープンスペースの館内には
「ねぷた」が飾り付けてあり
「ねぷた」の簡単な説明とお囃子を
聞くことが出来ます



e0326699_17062704.jpg

説明を聞いた後
お囃子に合わせ
太鼓体験をすることが出来
プチお祭り臨場感を味わえます
もち、参加しましたー(*^-^*)ー

e0326699_17090058.jpg
青森県内には
大小30市町村の「ねぶ(ぷ)た」があり

「青森ねぶた」
「弘前ねぷた」
「黒石ねぷた」
「五所川原立倭武多」

の4か所が
盛大に行われる
夏祭りとして有名

You tubeでも
お祭りの様子が伺えますが
跳人(ハネト)と呼ばれる踊り子は
誰でも参加できるそうで
各自衣装を買い(レンタルもあり)
お囃子に合わせて
ラッセ、ラッセ♪と
「ねぶた」に付いて
乱踊するそうで
夏場のこともあり
相当な体力が必要ではないかと・・

起源は
中国の「七夕祭」
古来の「精霊送り」ではと
されていますが
定かではなく
その歴史は相当古く
現代のように大型化し
歌舞伎絵などを用いた
人形ねぶたが創案されたのは
江戸時代(1800年頃)とされています





津軽三味線演奏
e0326699_17433430.jpg
師匠&お弟子さん(と思われる)による
三味線の演奏はお見事でした
三味線特有の早いテンポ
西洋音楽とは全く異なる調べ
会場一杯に響き渡る音色は
日本古来の誇りに満ち
素晴らしき伝統文化が
若者に受け継がれている
いゃ、受け継がせている?
とさえ感じる
高度で物凄い集中力の必要な
技術力の高さを伺わせる
演奏でありました

日本は南北に長く
各地其々に歴史文化があり
お祭りも、地方特有のものが
現代にも受け継がれ
大勢の人が、汗を流し
盛大に盛り上げ
楽しむ

「ねぶた祭」
毎年、8月初旬に行われるそうで
今年は、注目の「お祭り」となりそう!

午後からは
弘前市街レトロ散歩へー🚙



















[PR]
by miyukita-ka | 2018-04-13 18:05 | Travel | Comments(0)

きらきら輝く太陽、緑、風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれ日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに♡


by miyukitta♪
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31