NEW POST

夢と無意識

図書館からお借りしている本
e0326699_16502876.jpg

今日は、気温がグングンUP↗
昨日の午前中、小学校の通学路で
ほんの30分ほど、立ったり、しゃがんだり
作業をしていたら
「ふらふら~(@_@)」と立ちくらみ!
「アレっ?」
寝不足でもなく
疲れていた訳でもなく
しかし、身体は正直モノで
無理出来ないなぁーと
実感!

  ******

常に手元にあるもの、本!
まさにBook中毒で
Chain book reader!
常に興味は尽きることなく
色んな世界に連れて行ってくれる
魔法の絨毯

「へぇー」
「ほぉー」
「ふふっ。。」

と、心がコロコロ動くたび
心と頭の凝りがほぐれ
Book therapyとも言える
Self-healingの時間

ユング心理学の大家、河合隼雄氏によると
(写真右下の本)

人は矛盾する、この世の中に適応してゆくのに
相当無理をしていて
そのバランス調整をする為に
「夢」を見るのではないかと

夢は意識が完全OFFになり
無意識がONに切り替わる時のみに見る
摩訶不思議なもの
同時に、無意識の時間に
体を休めながら
身体の修復、調整を行います

まさに眠りと無意識の時間の重要性
また、睡眠不足が続くことの危険性が
推測出来ます

夢、無意識
ともに、つかみどころなく
科学的ではない
しかし、すべてを科学で割り切る方が
オカシイとも言える

臨床で、難しい心のケースに出会うと
謙虚になれると
河合隼雄氏はおっしゃいます
また、何でも知ってる
何でもコントロール出来ると思うと
自分自身がオカシクなる」と

わからないこと
自分の現知力では、到底敵わないことが
多々あると自覚し続けることは
自己成長の為、人間的である為に
必要なことなのだろう
きっと、河合氏は臨床現場の患者さんから
日々色んな事を教わりながら
学ばれたのだと
随所から読み取れる

河合隼雄さん
存命中に、お会いしたかった!












[PR]
by miyukita-ka | 2018-05-26 17:11 | Essay | Comments(0)

きらきら輝く太陽、緑、風がシンクロする風景・・それが至福のとき・・優しい自然に囲まれ日々の出来事を綴ります。パッチワークのように、少しづつ、カラフルに♡


by miyukitta♪
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30